ゲット・アウトの作品情報・感想・評価 - 234ページ目

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.9

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで…

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

一見しただけでは作品が伝えたいことは全て掴みきれないでしょう。でもその分これは何度でも楽しめる作品だぞ! と思ったものの、鑑賞後に早速解説を調べてしまいました。

解説を読んでから考えると、とても素晴らしい完成度の高い脚本だというのが伺えます。ネタバレしたくないので細かくは触れませんが、黒人に関するメタファーがこれでもかと意図的に盛り込まれています。

作品として言及しておきたいのはラスト。アメリカ版だとまた違ったラストがあるみたいで、ハッピーエンドとバッドエンドではっきり分かれているそうです。言ってしまえばアメリカ版はバッドエンドですが、これが世相の反映によってハッピーエンドが制作されたということで、やっぱり影響してるんですね。
bigfoot

bigfootの感想・評価

4.0
黒人の主人公が彼女の実家に行ったら……なんか、おかしい。
っていう映画

ああも表情変えられるもんかね。顔で怖がらせにきてる。無表情と笑顔でね。

サイコホラーなんだけど、終盤はスカっとしてニッコリできるよ
tamai

tamaiの感想・評価

4.0
ジワジワと高まっていく違和感、不気味さが最高
思ったより怖くなくて観入ってしまいました。

人種差別を新しい切り口で描いていて面白かったです。
miya38

miya38の感想・評価

3.6
映画館で見逃した作品で、楽しみにしていた作品。
予備知識なしで鑑賞!で良かった。
彼女の家に行ってお茶を飲む話・・⁈
色々な方がで出来て最後・・・⁇
お話しは怖いと言うより楽し!恐ろし!
って感じで話が進む。
観ていて一歩間違えば、B級に真っ逆さまになりかねない!そんなハラハラ感が観て感じられた。
私的には、DVDに収録されているもう1つのラストがいい様な気がします。
ダニエル・カルーヤはブラパンとは違った演じ方で観て楽しかったな〜
それにしても、小さな扉が🚪意味深に開いていたり、車の鍵が無かったりその他の演出笑いが止まらなかったなー!
楽しかった。
kafuka

kafukaの感想・評価

3.2
ずっと悪い夢を見ているような映画でした。ちょうどいい長さで見やすかった!
でもゲットアウトってどうゆうこと!?
歌代

歌代の感想・評価

3.8
得体の知れない怖さ。
引き込みがうますぎて目が離せなかった。
伏線張るのがうまくて後半も気が抜けなかった。
めぐみ

めぐみの感想・評価

4.2
楽しみにしていた新作早速鑑賞ᐠ( ´ᐞ` )

…黒人を狙った家族ぐるみの洗脳犯罪。
脳を入れ替え身体を乗っ取り、別人へと生き返る。

ただ愛しただけなのに…ただ、愛した人の親族に挨拶をと行動しただけなのに…

酷い家族だわ〜。

根本的に猟奇的になっているから、逆によく逃げる事ができた。

完璧な洗脳に陥っておらず、理性があったからまだ、戦う力があったものの、心はズタボロだっただろう。

勇敢で頼もしい親友が凄く好ましかった。

愛した女をラストでも尚手にかけられなかった主人公の心情が辛かった。

異様な雰囲気を感じたら、直感でも、離れなければ戻れなくなる。きっと現代の何処かの闇にも通ずるものがあるだろうけれど…

愛を利用してきた、ヒロインが1番最低。
本性を見せた後の、素顔が全く別人。無表情は怖いわ。

親族が受け継がなければいいが…

主人公にはいち早く心のケアと自分を取り戻す事を願う。

今回のMVPは親友!

このレビューはネタバレを含みます

アメリカでは絶賛され,製作費500万ドルと低予算ながら興収1億7000万ドルを超える大ヒットになった今作。

冒頭から不気味。
この不気味さと何とも言えない怖い雰囲気が最後まで持続。彼女の両親に会いに行くと何か妙な空気がある。主人公と共に観てる側も感じるその空気。あまり語りすぎるとダメな映画だから多くは書けないけど,突飛した事も含めても見事なスリラーだと思う。

雇われてる黒人スタッフ二人の役者さんの演技,笑顔や暗闇を走ってくるシーンなどホント怖い。とにかくキャスト陣が不気味..

スリラー映画ではあるけど差別問題が1つのテーマでもありトランプ政権になってからまた浮き彫りになってきた今のアメリカの深刻な問題を描いたメッセージ性もある作品になってる。

トランプ政権になったことで当初のエンディングを変更したらしいけど,確かに白人警官による黒人の射殺が多発してる現在のアメリカ社会を考えるとせめて映画の中では..と思ってしまうね。

観てる側はポスターの主人公の表情に思わずなってしまいそうになる作品でそれと共にGet Out!!と主人公に言いたくなる強烈な作品だった。
りょう

りょうの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ツイッターで結構、好評な感想が多くて(イラストで感想している方がいたくらいなので)のめり込んでしまうくらい面白いのかと期待していたものの映画館で観ようにもすでに終了していたのでレンタル開始日を心待ちにしていたんだけど、感想としては『………』でした。

ホラーやミステリー?を謳ってる割には伏線がわかりやすくて、頭を使ったりそういうことか…となることもなく、すぐに察しました。
海外情勢にはまるで詳しくないので強く語ることもできないですけど、後味の悪さは強く残りました。でも後味が悪いだけでなく伝えたいことだけは終始貫徹しているところはとても評価高いと思います。私個人が強い期待をし過ぎていたのもありますが、よくできた映画だと思いました。

個人的には女性のお手伝いさんの涙しながら笑いつつクリスに語りかけるシーンには感情が揺さぶられました。その時点で察していたので、お手伝いさんがクリスに逃げろと伝えようとしているのはヒシヒシと伝わり俳優魂を感じました。
ドグ

ドグの感想・評価

3.8
サスペンススリラーもの。
途中までの、なんともいえない不気味さがたまらない。そう感じさせる演出と登場人物の表情・演技が秀逸。むしろ謎が明かされるそこまでが一番良かったかも。

ある程度展開は読めたけど、伏線が回収された時は気持ち良かった。

最後、実は親友も既に…っていう展開を期待したが違った。色んなサスペンスものを観るとついつい過剰に、サイコパスなラストを期待し過ぎてしまいますww