ゲット・アウトの作品情報・感想・評価 - 234ページ目

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.9

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで…

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

れ

れの感想・評価

4.0
不協和音の先の後半の展開に笑いすら出てくる
生きるか死ぬか
ホラーの触れ込みを見事に覆す
fwkn

fwknの感想・評価

-
伏線が非常に多い。あのときのあの行動はこういう意味があったのかと家に着いてからもハッとさせられる。中盤に至るまでは不気味な家族親戚に囲まれてその謎の言動に危機感を感じながら、やり過ごそうとする主人公だが…
ここまでは色んなパターンの展開が考えられるが(黒人を奴隷にしようとする白人史上主義家族、お母さんの催眠術で幻覚の世界を見ている、地元警察が来るもグルだったetc…)、まさかの展開で点と点が線で繋がる。
終盤でのホラーらしい展開、盛り上がり方が良かった。

深夜の使用人ダッシュはなんだったんだろう。それだけが謎。
Nat

Natの感想・評価

3.7
家政婦不気味すぎて怖い。と思いきや・・・
本当に不気味なものは目に見えない。

チャンスザラッパーがあまりの惚れ込みようにチケット買いきってファンを招待したというのも納得の作品。
toto

totoの感想・評価

3.6
伏線回収もきっちりされて、観る人に優しい映画

違和感の正体がわかったときは、スッキリ
cs

csの感想・評価

4.1
こわ笑
フィクションてこれくらいやって良いよねって感じ
万全の状態で見たかった…
たのしかった✌︎('ω'✌︎ )

このレビューはネタバレを含みます

間違いなく意欲作で異彩を放つホラーだったよ。
でも、期待値高すぎたせいか、アクションやゴアの撮り方が残念なのが気になったかな、、
とは言え、このコミュニケーションする気がない無闇に慇懃無礼で不気味なやつばかりのとこに放り込まれた戸惑いや不快感を催す雰囲気作りは見事だった!
友好を装おって有色人種を小バカにしてくるやつって実際あんな感じで、監督の体験が反映されてそうな。。
あと禁煙限定ならあの催眠術受けたいよ!
Snowkuouks

Snowkuouksの感想・評価

4.0
差別とコンプレックスがない交ぜになった感情が、相手と真正面に向き合うことを難しくさせる。その延長線上に起きる悲劇をホラーとして描いている。作りとしては館からの脱出もので、サスペンスとして見ても面白い。
NANA

NANAの感想・評価

3.8
ドキドキしながら、最後まで観ました。ホラー?サスペンス?最初から、少しずつ伏線がはってあって、後から思い返すとああーと納得できます。かなり驚かされます。黒人差別の根深さに何とも言えない気持ちになりました。

2017-11-1-125
はじめ

はじめの感想・評価

4.5
怒りゲージMAXの黒人は最強!

黒人のおばちゃんの笑いながら泣く姿が見終わった後に胸が痛くなる…。
白人カノジョの実家に招かれた黒人青年の話。けどそんなにホラーホラーした展開じゃないしビクンビクン要素はあるけど基本ジワジワ。

うちの家族、差別主義とかじゃないから〜のはずが徐々に色濃くなる違和感。不自然な笑顔や会話終わりの妙な真顔、会話の端々に何か後引くぜ〜な感じやらなになに〜?な焦らしにゾクゾク。いろいろ散らしぎみなキャラ配置も絶妙やしケイレブ君のあの感じ何だよ〜w
思ったよりソフトやったけど漂うキモさは抜群!こういうの好き!

ビビらせ方も強引過ぎて笑っちゃいそうなところがあるかと思えば静かに状況だけで見せたりとバリエーション豊かで緩急が上手い!極めつけはベティー・ガブリエルのあの笑顔〜怖過ぎやろ〜w
現代を舞台によく人種差別絡めてこんな映画撮るな〜って思ったら、、、
後半の怒涛もイイ!