ゲット・アウトの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.9

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで…

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

Mozz

Mozzの感想・評価

4.4
公開を楽しみにしてて、映画館で1人鑑賞。怖くてハラハラして面白かったー!2回目観るとまた違った後味と聞いたので、いずれまた観ようと思う。
サスペンスホラーにハマりそう。
というか、こーゆーの好きなんだなぁ、と自分の趣向を再確認。
前半と後半の緩急のバランスが素晴らしい。後で解説を漁って二度と楽しい。冷静に考えると怖いし、この発想は無かった。
表題の意味が180°変わる時、持ってた湯飲みをバッタと落とした。
gatty

gattyの感想・評価

4.1
各登場人物に何かしら闇があり、最初は???だったが、観ていくうちに!!!に変わっていく。人種差別問題を少し変わった視点から考えさせられた。
なんでもないシーンでもとにかく出てくる人たちが不気味で怖いです

何かあるのは間違いないけどそれが何かわからないむず痒さがありましたが最後にはスッキリ
伏線が結構あって面白いです
もり

もりの感想・評価

4.5
観終わってから合点がいくことばっかり
あそこのGet out はそういう意味なのね
てよ

てよの感想・評価

-
黒人差別に関する多くの暗喩が散りばめられ終始日常で衝突する気不味い空気を感じさせられたが、差別以後的な人種観を描いた作品ではないだろうか?
あの狂気的な欲望に取り憑かれていた人々は決して特殊な存在ではないのだろう。彼ら自身が認めるように「白人が優越していた時代など去った」「今は黒人の時代だ」。すっかり時代に取り残され老いぼれた(これは比喩的でもあるが)彼らの持ち得る欲望は若い強い肉体である。彼らが黒人を狙ったのではなく、結果的に黒人になったというロジックは、オルタライト層が振りかざす優生学的思想に近い(無論オルタライト層はこれを基に「差別ではなく区別」という思想になるわけだが)。そうして身体を手に入れた結果、彼らは街に繰り出すでもなく古き良き南部家庭の維持を続ける(乗っ取って自らが使用人の役割に就く)というのもなかなか時代観を反映していると言えるかもしれない。
kuuta

kuutaの感想・評価

3.5
人種差別をブラックコメディに昇華したホラー、という異色作。
だいたいのあらすじは知った上で見たので中盤の驚きは無かったけれど、後半に「ええー!」という驚きの畳み掛けが。しかも案外笑えないというかありそうな話でもあって(演出としてはばかばかしいコメディ風になってはいるけども)ちょっといろいろ考えさせられる部分もあったり。
こういう映画がちゃんとそれなりにヒットするというのは良いことだと思う。
面白かった!
ホラーにも分類されるようだが、そこまでホラーじゃなかったので、個人的にはよかった(笑)

口先ではレイシズムに抵抗するような発言をしておきながら、その行動は無自覚にレイシズムを助長する、という、一番タチの悪い差別を的確に描いていたと思う。
黒人の使用人たちのまぁ不気味なこと!カメラワークなのか演技なのかわからないけど、とてもよかった。

ラストはハラハラの連続。息を飲んだ。
じょん

じょんの感想・評価

4.5
やはり持つべきものは友ですね。
T S Fxxking A勤めの。


俺の人間不信に拍車を掛けてくれた