ゲット・アウトの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.9

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで…

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

ホラー苦手な私でも観れる映画。
ゾクゾクっとはしつつも、無駄に人を驚かせたり、グロいシーンも若干なので、普通に楽しめた。

伏線が綺麗に回収されてて、エンディングも救いのある感じだったので、後味も悪くなく、いろいろ考えさせる映画だった。

主人公の沈んだときの表情も凄かったし、彼女が本性を現した時の切り替えも演技が素晴らしかった。特に、電話で顔は無表情なのに声だけは心配してるフリをしてる時。

日本人としてはどうしても馴染みのない人種差別がテーマだけど、私たちだって考えなきゃいけないことだと思わされた。
本当にこの人たちみたいに、自分では心から差別してないと思っていても無意識に態度に出ちゃってるんじゃないかと心配になった。
パーティーに来てた人達は自分たちは黒人のことが好きだから人種差別主義者じゃないというシーンで、日本にもこういう人はいるだろうなぁ、と思った。
私たちはキムチも食べるし、KーPOPも聴くから韓国人は大歓迎!って言うような人たち。
本人は良心で言ってるつもりでも、表面的に見てるとしか思えない。

自分でも気付くことができない偏見を捨てるのは難しいけど、こういう映画を観て常に学ばなきゃいけないなと思う。
ちちち

ちちちの感想・評価

2.8
ジャケ借り。
そこそこビビらせてくれて嫌な終わり方でもなく程々でまぁまぁでした。
追記:もう1つのエンディングあり
だわ

だわの感想・評価

3.3
長すぎずテンポ良かったので観やすかった。
緊迫感とビックリ感も程良い感じ。
役者の表情が不気味すぎてすごかった。
途中からちょっと展開読めちゃう感じもありましたが、おもしろかったです。
なすび

なすびの感想・評価

5.0
おもしろい!!!!!こういう先の全く読めない映画が見たかった!!!出会おうと思ってもなかなか出会えないので嬉しいな!映画館で見れば良かった〜級の後悔!ホラーそうと思ったけど私でも見れるタイプのホラーでした!!

とにかく前情報何も入れずに見たほうがいい。

いや〜〜面白かったなぁ、もういろいろとおかしすぎて怖いのに笑えるシーンばかり。表面的には笑いながら心の奥底で「なんかヤバイ」って身構える感じ…この浮遊感クセになる
これが「スリービルボード」おさえてアカデミー脚本賞とったのも頷ける。

役者陣もすごかった!バチバチの演技!とにかくみんなの表情が怪しすぎて見入ってしまう…!
主人公ダニエルカルーヤは見る側と同じ気持ちを顔に表してくれるうまい、目見開いた時の顔が怖くていい!てかかわいい系〜すき〜
彼女のアリソンウィリアムズもとても美人でキュート、こんな人に庇ってもらいたい〜
お父さんとお母さんのヤバさヤバイ
ロッドは一見おバカ系立ち位置かと思いきや最後にビシッと決めてくれた!犬と酒ビン撮って「酔ってます」送ってくるのすき
ケイレブ最近見た映画によく出てるから流石に覚えた〜!この人出てきた瞬間からヤバそうで最高。とにかくヤバそう、クスリやってそうだし病気顔だし頭いかれてそうな顔、最高、そろそろ好きになりそう〜!
ベティガブリエルさん一番やばかったな。。。あの顔一生忘れられん…怖すぎる、すごい演技、、、
キーススタンフィールドめちゃくちゃまつげ長くてかわいい!すき!!!あの服装も似合ってた

ひいいい〜〜とりあえずみんな見てほしい、めちゃくちゃ面白かった
nono

nonoの感想・評価

3.9
私たちの根本にある差別意識を嘲笑うかのような映画、、脚本に感服です。
めちゃくちゃ怖いし、おもしろかったけども。
社会派ではないだろ〜
YokoGoto

YokoGotoの感想・評価

3.5
ー黒人差別をテーマにした社会派作品と思いきやー

『え!GET OUTって、こういう系だったんだ....』
何の前情報がなかったので、後半、少し唖然としました。(笑)

アカデミー賞で脚本賞を受賞した作品です。監督は長編初監督作品のようですね。色々、フレッシュだと思いました。

冒頭、最初の5分がいいです。
あの、暗闇での出来事からのオープニングの楽曲とか、主人公二人の部屋での音楽のグルーブ感とか、とてもおしゃれな感じで好きでした。

前半は、とにかく面白い。
黒人差別をテーマにしているのですが、『なんとなくの違和感』が断続的に続く感じが不穏で、何が起きるのかドキドキします。

前半一時間はとくに好きです。
ただ、後半は『あ〜、こういくのね』という感じで、かなり置いてけぼりをくらいました。前半にリアリティを感じたせいで、そのギャップが激しかったかな。フィクションにしても、もう少しリアリティがある方が好みでした。

つどのつまり、最後に気づいたのですが、サスペンスホラーなんですよ。(笑)ヒューマンかと思って見ていた私は、色んな意味で驚かされました。サスペンス部分は、結構怖かったけど、ホラー部分は少しコメディっぽい。(笑)

特に、謎が解けていく所は、程よい感じで謎解きされていますが、主人公のお友達の推理が都合良すぎないでしょうか?もうちょっと伏線があってもよかったように思いました。若干、強引。

もう、最後の畳み掛けるホラー部分は、あれよあれよという間に、めちゃめちゃ恐ろしい事になってて、こちらも驚きました。
もはや、サスペンスホラーだと知らずに見ていた私のミスですよね。

おかげで『ど、ど、どういうこと?』ってなっちゃいました。

あと、Blue-rayで鑑賞したのですが、特典映像に「もう一つのエンディング」が収録されていました。見てみましたが、絶対、本編のエンディングの方が良かったです。あのラストで、ちょっとだけ救われました。(笑)
予備知識少し有り、な状態で見て正解。いやー、面白かった。

いにしえのUS田舎ホラー(アメリカの田舎はヤバい)の方法論を踏襲しつつ、先読みするホラーマニアの想像の斜め上を行くストーリーテーリングに一本取られました。

人間の本質的なキモさを、軽やかな語り口でサラッと描き「笑えるのにちゃんと怖い」という、最近滅多にお見かけしない良質なホラー映画と言うものを体現している。

レイシズムを扱う映画が多い中、それを俯瞰したような真相も、バランス感覚があって心地よい。
ジワジワ怖いお話。
1回目より解説読んで2回観た方が面白そう。
使用人のジョージーナがとりあえず怖すぎた。。。
『だから行くなって言ったろ?』

『まるで人生は悪趣味な冗談さ』

『私の望みはもっと深い』

『”だから言ったろ” それが言いたくないから黙ってた』


■ あらすじ ■
アフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、恋人ローズの両親へ会いに、2人で郊外にある彼女の実家を訪れる。ローズの父親は神経外科医、母親は精神科医で弟も優秀な医学生という家庭で、かなり裕福であった。実家の使用人には黒人ばかりを雇っているが、父親は差別主義者ではないと誇張する。
訪れた翌日、毎年開いているパーティが開催されることが分かり、クリスも仕方なく参しローズと共に挨拶に回るが、どうにも不気味な客人ばかり。誰と話しても妙な違和感だけが残る。居心地の悪さに耐え切れなくなったクリスは、帰りたいとローズに話すが…


■ 感想 ■
『ゲット・アウト』
(『Get Out』)

公開当初よりかなり話題になっていた今作、やっと鑑賞。
なるほど、確かにこれは面白い!!非常に濃密な100分だった。内容的にも、引っ張ればもっと引っ張って130分くらいにしてもおかしくはないような話なんだけど、とにかく無駄なシーンは全て排除し、とにかく必要な情報のみ視聴者に与え、そのまま無駄なく隙間なく見事にスマートにラストのオチまで持っていっている。全く退屈しなかったのはその絶妙な分配のお陰でしょうね。
ぶっちゃけ正直言うと、これに似たような映画はこれまでに観たことがあって、(タイトルを出してしまうと深刻なネタバレになってしまうので書きませんが)真相が分かった時には、正直、そこまでの驚きはありませんでした。なんなら、「あぁ〜ハイハイそれね、例のそれ展開なのね」くらいの感想で、確かに驚きはあるんだけど、経験がひとつあるだけでだいぶ衝撃度が下がってしまうんですよね。なのでこの高評価はその衝撃度とかオチが読めなかったとかそういう点に対してではないのです。
じゃあ何がそんなに良かったかって、とにかくね、もうね、”最初から最後までとにかく徹底された閉鎖的空間の不気味さ”!!この演出がとにかく巧み。上手過ぎる。それは映画全編を通して全ての要素に理由があって、撮り方、人々の言動、表情、音楽、とにかく全て。全てが、不気味さ、気持ち悪さ、そしてそれが募りに募って気付いた時には大きな恐怖に変わっていくんです。ああ、これは完全に完璧なるホラー映画だなぁと。
しかもその不気味さの演出っていうのが、ただ観客にそう感じさせる為だけではなくて、きちんと全てに意味を持たせているんだよね。この映画において、”意味のない言動はひとつもない”んですよ。これは本当に凄い。前述した一切無駄のない構成っていうのはまさにこれのことで、全ての人間の言葉、表情、とにかく全てのシーンに意味がある、つまり見事なまでの”伏線”というわけです。全てがね。それがあまりにも見事すぎて、圧巻でした。オチの衝撃どうこうよりも、その無駄のない計算され尽くした構成がお見事すぎて、観終えた後は開いた口が塞がらなかった。
おデブ友人がとにかくいいキャラだという点についてはもうそのままの意味なので特筆はしませんが(笑)、持つべきものは友ですね、本当に。あと携帯ね。笑

ネタバレ一切厳禁なのは当たり前ですが、その上でちょっとキーワードを出すとすれば、

『強さ』
『頭部』
『視線』

こんな辺りですかね。頭部に関してはまじで分かんなかったな、言われてみれば描写あったんだよなぁ。ほんとうに描き方が上手過ぎる。
気持ちが明るくなる映画では決してないけれど、もう1回観たらそれはそれで違う楽しめ方ができるタイプの映画ですね。いやぁ、面白かった。
余談ですが、今回BD鑑賞で本編観終えたあとホーム画面を放置していたら、流れていたBGMが途中からめちゃめちゃ怖くなってちょっとビックリしたので、これから観る人は是非最後まで聞いてみてください。笑 細部までこだわりがすごい、ほんとに。