ゲット・アウトの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで…

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

かなり引き込まれるストーリーと、追求された顔芸に拍手
ただ、政治や差別を語るならそれ以外のモチーフで魅せた方が面白いんじゃないかなと思った

差別ホラーという感じでした
DOGGIE

DOGGIEの感想・評価

4.1
先が読みにくい展開で、ドキッとさせてくれる箇所が多かったから純粋に楽しかった!

BDやDVDじゃなくて、映画館で観て良かったし、サスペンスだと思ってたから、あらすじ等を一切頭に入れず観に行ったのもかなりデカイと思う!

制作費かかって無さそうなのに、この出来は凄いと思った!

オバマからトランプに代わった事もこの映画が跳ねた要因だと思う!
しかし、根強い差別問題を人種差別をネタにするコメディアンの黒人が映画にして、それが大ヒットって所もまたアメリカっぽい!

強いて言うならラストが弱い。
そこが0.9足りない所!

途中まではサスペンスな感じで後半はただただグロい。
ホラー枠なんかなと思って観たらただのホラーサスペンスではなかった。
わたしはこういう雰囲気の映画好きです。
あとで解説を観たら伏線もたくさんあるらしくて、2回目観ても楽しめそうと思った。
蟹

蟹の感想・評価

4.1
映画館で観ました。

うーん!なるほど〜!
なかなか怖かったなぁ!

って感じで夜になって普通に寝る。

翌朝起きていつも通り過ごす。

また夜になり寝ようとする。

ウトウトしてきた状態で何故か昨日見たゲットアウトのシーンが蘇る。

めちゃ怖くなってきて寝れない!!(←今ここ)

夢で地の底落ちたかと思った。。。
あかり

あかりの感想・評価

3.6
黒人は気が短く凶暴で喧嘩が強くて足が速い。
黒人に限らずこういう隠れた差別ってまだ普通に残ってると思った。

最初に感じた小さな違和感が徐々に大きくなって、中盤くらいから違和感の正体が分かり始めてあ!!って思った時にはもう絶望!
さおり

さおりの感想・評価

5.0
危ない危ない
見逃さなくてよかった
最高

NoNoNoのおばさん、私的今年の助演女優賞に決まり!
曇天

曇天の感想・評価

4.0
怖い予告で楽しみにしていた『ゲットアウト』、ようやく観れました。観終わってみるとお話自体に真新しさはない。とか観終わった直後は思ったけど、細かい事抜きにすれば素直に怖くて楽しめる逸品。ではこれから細かい事書きます。

スリラーの醍醐味はアイデア勝負で、予想を裏切り期待に応える展開で客を驚かせライドさせられるものが良い映画になれる。ホラージャンルでは特定の人が抱きがちな恐怖心から着想を得る。妊婦が子供を産む恐怖を描いた『ローズマリーの赤ちゃん』、娘がグレて暴言を吐く恐怖を描いた『エクソシスト』。そんな中今回は黒人ホラー、黒人が抱きがちな恐怖心を増幅させたような形で展開していく。

真相はかなり怖い。きちんと本人達にとって真っ当な理由で黒人を陵辱せんと向かってくるから怖い。その真相は若干既視感があるのだが、本作の怖さを担保するのは俳優達の不穏な演技と演出で、それを見れるだけでも価値がある。観ていて思い出したのは同じ人間の怖さを描いた『ドントブリーズ』だけど、そっちは序盤から緊張しっぱなしだったのに対して、本作は主人公を安心させるため本性が隠されていて登場人物達の微妙な表情の変化や歪さを楽しむことができる。それに呼応して序盤は観客側も不思議と、安心していいのかなと気を許してしまう。個人的には主役の、あのどんな状況も呑み込んでしまいそうな余裕の表情に一番安心させられた。

結局あの集団の中で写真を撮られた黒人がキレるシーンもあれ以上の深い意味はないまま、というかあれがどういう感情だったのかわからないまま終わるんだけど、あの感情が「恥ずかしい」であると思わせる予告自体は上手い。今や牧歌的風景の中で白人の使用人だったりいいように使われる立場でいるのは歴史の一部になり、世代が離れた今の黒人の若者には実感が伴わない。だから「怒り」ではなく「不気味さ」が湧いてきてホラーとして成立するんだろう。写真を撮られた黒人と年寄りの夫婦もごっこ遊びのような滑稽な姿から「恥ずかしさ」に繋がる。
ただ真相との兼ね合いで少しモヤモヤするが、細かい事である。気になるのはあくまで辻褄であって真相自体は自分の好きなジャンルだった。実際予想を軽く超えてくれた。あれくらいやってくれれば映画館を出た後、周りを歩いている人が怖く見えて疑心暗鬼になれるというもの。まあ一番の驚きは監督脚本が『キアヌ』の人だってことかも…
nIa

nIaの感想・評価

2.5
評価高いなぁこれ
僕はもう野暮な疑問が浮かびまくってむかむかしました
No連呼する女優、この役するために生まれてきたまである

このレビューはネタバレを含みます

始まって5秒で『ウィッカーマン』+『ステップフォード・ワイフ』あたりの映画だろうと察した。黒人の作家しか許されないような展開こそがサスペンスの肝になっていて、それを意図的に安っぽいホラーに落とし込んでいるのは信用できると思う。作り手の意識としては『湖の見知らぬ男』と底の部分で繋がっているような気もした。