ゲット・アウトの作品情報・感想・評価 - 336ページ目

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで…

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

フォロワーさんたちの多くが鑑賞されている為便乗。

これ、ジャンルは何でしょう?
サイコスリラーかな?

元々この系統のジャンルは好きなのですが、なかなかの名作でした。

まず冒頭からゾワゾワします。
不気味な音楽と共にフェードアウトしたと思ったら、場面が変わって幸せそうな黒人彼氏と白人彼女登場。

彼女の家にご挨拶に、って話ですが、やはりこの手のジャンルはネタバレ厳禁なのでこれぐらいで。

ゾワゾワ
ハラハラ
ドキドキ
ヒヤヒヤ
イライラ


この感覚をお楽しみいただける作品だと思ってください( ´Д`)y━・~~

ラストシーンは借りたBlu-rayには別バージョンがありましたが、個人的にはこのままで良かったです。

あっちだったら評価下げてましたね。
やはり持つべきものは友達です(*´ω`*)

気になった所を再鑑賞して、色々考えた結論。
そりゃゲットアウトだ(;´Д`A
Kooo

Koooの感想・評価

3.8
黒人差別がテーマの映画。
へばりつくような不気味な雰囲気が漂ってます。
なんとも恐ろしい展開です。。
ゆう

ゆうの感想・評価

3.5
怖すぎる…
最後のどんでん返しが熱い。
結局問題解決できてないのがモヤモヤ
前半の得体の知れない恐怖が素晴らしかったからこそ、後半の展開に少し安っぽさを感じてしまう。(個人の感想です)
キタノ

キタノの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

・秀逸なスリラー

・ミスリードであってミスリードではない…巧い設定と脚本

・人種差別に警鐘を鳴らすテーマ…と思わせて実は別の展開が待っており、でも人種差別に警鐘鳴らす展開…。確かに今までに無い映画

・一見、人種差別の様に聞こえる台詞も実は別の意味で言っていた等、人種差別問題を上手く逆手に取った構成

・小ネタ、伏線が多く散りばめられていてそれが不穏さを煽る良い材料にもなっている

・不自然に思う部分や突拍子も無いシーンなどは特に無く、不満を感じることなく観ていられる

・ただ、凄く衝撃を受けたかと言われるとそこまでではなく、及第点の面白さと良くできた演出だなぁという感じ

・「ゲットアウト」言われる言葉か、言う言葉か。
思ってたよりエグい内容だった。音楽が色々怖いシーンでしっかり仕事してるから余計恐怖が倍増した。
友達が唯一の癒やし。
翔一

翔一の感想・評価

5.0
こんな恐ろしいホラームービーは初めて見ました。何かがおかしいことはわかるのですが、展開が全く読めないです。

使用人の正体がわかった時に感じた全ての辻褄が合う感覚…他の映画ではなかなか味わえません

素晴らしい映画でした

T S motherfuckin A!!!!
アツシ

アツシの感想・評価

4.0
ホラー映画といえば怪物や、悪魔、変人が、
主人公を襲うコメディーと紙一重な作品です。

映画の良し悪しは色々あるが、
私はいかに作品に入り込めるか、
感情移入できるかだと思う。
それは思い入れになって記憶や心に残るから。

いかにその場(映像の中)に没頭できるかが、
問題となる。

主人公が我々観客と同じ様な判断ができるか、
あるいはその状況に恐怖し、同じ様に行動してしまう。
そう思わせるかがポイントな気がします。

それらが全てでないにしろ、今作の主人公は機転の効く、
所謂「イライラさせない」主人公でした。

コメディー要素の入れ方も面白かったし、
常に緊迫させている状況だけにしない。
明るいシーンで不気味であったり、
暗いシーンでもコミカルであったり。
明暗の使い分けが絶妙でした。

ストーリー、登場人物は
人種差別問題や、物語の付箋、
キャラクターの立ち位置も無駄のない感じで、
非常に良かった。
口は笑っているけど、目は笑っていない、
会話の内容が威圧的、害意的というより、
物語の主人公のいう「感じが・・・」
と言うのは現実社会でも思うところで、
リアルで良かった。

ただ、あらすじと前半で内容が分かってしまいます、
作風が古典的とも思いますが、
ラストの主人公の行動は個人的に好きです。
ぴら

ぴらの感想・評価

3.9
最高にホラー。
TSA野郎が最高。
人間が1番怖い系がほんと怖いよね…
気持ち悪さの正体がわかってスッキリするけどちょっと拍子抜け。