ゲット・アウトの作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

Saya

Sayaの感想・評価

4.0
斬新だった!
良い意味で裏切られた
にしても人種差別はいつになったら世界からなくなるんだろうか
フニ

フニの感想・評価

3.0
なんか怖いというより気持ち悪さ?を感じたホラー
何だろう?と思うこと結構多くて
調べると人種差別を示唆する小道具とかシーンがかなりある。
ホラー嫌いだけど2回目みようかな...
き、気持ち悪い...!

ホラーでもスリラーでもあるので当然ですがそう思ってしまいました笑

映画の前半にある違和感によって、何が起こってるんだろうとストーリーに引き込まれます。その違和感の生み出し方や不気味な演出が絶妙なんですよね。どういうことだ?と考えながら見ました。が、全貌が明らかになっても「そういうことか!」というスッキリした感じではありません。映画全部が一つのブラックジョークのように思えました。

こういう風に見る映画ではないのかもしれませんが、人種差別がテーマの一つであり、黒人であることによる生きづらさを感じさせられます。警察官による免許確認のシーンからも分かるように、彼らは筋書きありきで動いています。ラストで現れた人物が別の人であれば、救いのない結末を迎えていたでしょう。

警察官からの、白人に対しての対応と、黒人に対しての対応は違います。しかも、それを分かって利用しようとする人もいます。集団的にそんなのことが行われているとしたら許せないですよね。この不平等が平和的に正されることを願います。

どのホラーもそうでしょうが見るには覚悟がいるものですね。
話が淡々と進み、一気にクライマックスというホラーには珍しい焦らしの無いシンプル構成な作品。終盤急にグロくなるのでビックリした。
しかしながら結局のところあの家族は何がしたかったのかよくわからず、黒人の肉体と白人の知能を合わして結局どうなるんだ??意味不明‥
オチは黒人差別に対する皮肉で、結局全体的に差別を比喩した映画だと思う。そういう意味では上手く出来た映画。ホラーとしては不気味な気分と嫌悪感が味わえるだけで、驚きは無かった。
Jack

Jackの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

個人的にUSの方が刺さった。同じ監督。

ジョーダン・ピール監督は白人至上主義の人種差別問題を風刺する映画が凄く良い。そんな側面のあるホラーSF映画。

死にかけの年老いた白人が、健康な黒人と脳みそを移植し取り替えて生きながらえる。まずは母親の催眠術で動けなくし、次に手術前の相手と洗脳適合?最後に移植手術。

パーティーは人の競売オークションだった。1人混じった黒人を白人が舐めるようにみる。握手も黒人特有の握手ではないなど、クリスは疑問を持ち始める。パーティーでは年老いた白人が主人公のクリスを品定めする。この辺りから展開が読めてしまい残念。ノーランほど訳わからんのも辛いが、途中で展開を予想してしまい、その予想のまま終わってしまうのも悲しい。なので個人的に3.7だが、点数云々よりも凄く良かった。

友達の黒人が陽気だが、お互い信頼し合っており頼りがいのある良いキャラクターだった。白人は黒人を性奴隷にするという荒唐無稽の都市伝説が結局は事実となった。

DVDでは沢山の未公開シーンがあり、パーティーでのバトミントンや6パターンもの最終シーンがあり、見応えありよかった。「彼女トランプ派か?」のパターン政治風刺もあってよく物語ともマッチしており個人的に好き。 

違うパターンのエンディングでは、クリスは最後に彼女を殺して刑務所に収監されてしまうが、あの狂った家族を自分が止めたことに後悔はない様な終わり方だった。が勿論本編のエンディングの方が良い。
さかえ

さかえの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

白人 こわ…………
ずっとずっと不気味だった
ええ彼女や~~!!と思ってた自分を殴った
showE

showEの感想・評価

3.7
ひたすら不気味な家族と集まる方々
何がと言われるとハッキリしないけど、誰か後ろで操ってるみたいなぎこちなさだな、と思ってたら…

前半で撒きまくった伏線を一気に回収していくにつれて、そういうことかとスッキリするものの、露わになる狂気に、こんな人達には遭遇したくないと心底嫌悪感

『黒人の素晴らしい肉体に憧れている』
純粋な肉体では黒人に敵わないという憧れの面
『中枢は白人が支配する』
本質は自分たちが優れているという傲慢さの面
差別をしているようで、見方によっては負けを認めてそれを受け入れようとする
ただ受け入れたら良いのに、それじゃあ、とその先にある純粋な欲望が恐ろしい

人ってどんな風に見えてても、裏では何考えてるか分からないよ、の究極版かと
naokit

naokitの感想・評価

3.8
後半までの摑みどころないオドロオドロしさが半端ない…そして、謎が解き明かされてからエンディングまでイッキに突き進むスピード感と、最近の作品にしては引っ張り過ぎない思いの外サッパリめな展開が見やすかったのです。

とにかく、作品の恐ろしさにアメリカでならホントにありそうな気がして…“こんな事態に巻き込まれる可能性避けるためには、まず本気で禁煙考えなくてはいけませんな〜”とか余計な事考えながら観たものの、自分が身体的に選ばれるなんて皆無な事や、アメリカに行く予定なんて全く無い事にハタと気づいたのでありました。チ〜ンε-(´∀`; )
Kenta

Kentaの感想・評価

3.3
・黒人の肉体と白人の脳を融合させて、最強の身体を作るのが、この家族の目的だったのか?
・黒人差別の究極をあらわした映画だった
・クリスの戦闘シーンは、爽快感がありかっこよかった
・脳の移植手術はグロくて鳥肌が立った
・クリスの彼女役の人が美人すぎる
・終始、ジリジリと嫌悪感、不安感が感じられる映画だった
・もう少し怖いシーンがある事を期待していたので、そこは残念だった
Eiti

Eitiの感想・評価

3.8
終始違和感があり、不気味で、恐る恐る先を見た。小さな伏線がうまく散りばめられていて、話がどんどん面白くなる。気づかなかった部分もあるだろうからもう一回見ても楽しめそうだと思った。