ゲット・アウトの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.9

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで…

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

hiyopii

hiyopiiの感想・評価

4.5
なにかが、おかしい。
はじめからずっとおかしいのだが、徐々になにがおかしいのかが分かってくる。観る前からこのキャッチコピーを知っていたので、神経を研ぎ澄ましておかしさの正体を暴こうとしたが、残念ながら予想は外れた笑
yuna

yunaの感想・評価

3.8
ずっとハラハラ。
四面楚歌。誰を心の拠り所にしていいか分かんなくて早く逃げ出したくなる。
いつ一息ついていいかいつ安心していいか最後までわかんなかった(´-`)
Midori

Midoriの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

最後に主人公が状況証拠だけで白人警官に逮捕されたらもっとメッセージ性が強くなったのかなっていう勝手な独り言。

丁寧に伏線回収してるけど、前半観たらフィナーレがどうなるか分かっちゃう感じ。あの、あれっあれってなってく感じは面白いし、演技もいいんだけど、催眠術ってとこでちょっと冷めちゃう、、、
解

解の感想・評価

3.9
 第90回アカデミー作品賞ノミネート作品、ダンケルクに続き鑑賞2作目。

 NetflixのCMで気になっていた程度の予備知識で鑑賞。

 愛煙家の黒人男性写真家クリスは白人の彼女であるローズと共に彼女の実家に向かう。序盤に彼女の母親が紹介されたときから、「え?」っと思うところがちょっとづつあった。庭で家族と談話するシーンで「催眠術でキッパリ禁煙できるし、したほうが良い」とクリスに詰め寄るところで、「もしかしてこれホラー映画なのか?」と勘付いた。

 少ない登場人物によるミステリー・ホラーといったところか。90年代によく生産された低予算のホラー映画のようだが、「どっちだ?」的な岐路を選択するようなよくあるシチュエーションはあまりなく、これまでとは別のタイプの新しい語り口で物語が展開する。

 ホラーであるにも関わらず、黒人の人種差別をメッセージとして高く掲げた映画でもある。脚本・監督であるジョーダン・ピールという人物は本編を観るまで知らなかった。経歴を調べてみると本編が初監督作品であり、やはり黒人である。先に述べた2つのポイントがみごとに腑に落ちた。

 また、製作費は500万ドルだったらしい。わかりやすく1ドル110円と仮定して円換算すると、5億5千万円。日本国内の映画の予算としても少ないほうだろう。あと、本編でCanonのデジイチが持道具として登場する。他の作品でもよく見かけるが、この手のホラー映画ではCanonが愛されてるのかな?

 これらを踏まえての総評としての感想は、「とても良くできていた」という事。若干先が読める部分もあるが、特記すべきはクリス役を演じたダニエル・カルーヤの名演技だろう。当然、アカデミー主演男優賞にもノミネートされている。何が良いか?顔芸でしょう(笑)。とにかくエモくてヤバい!これは本編を見て確認する他に説明できる術はない域に達していると感じた。
 また、適度な緊張感と興味を持ち続けて、飽きることなく伏線をはりながら進行するよう構成された脚本も素晴らしかった。ただ、クライマックスの脳外科手術や暴力描写については、正直やりすぎで引く部分が多かった。また、ラストを含めてこの演出が作品の強いメッセージとなるのだろう。ただ残念ながら、日本に住む一般的な日本人としては、アフロ・アメリカンの潜在的な人種差別の実態と当事者の感情について、知ることは出来ても理解までには至れない。

 とはいえ今後のジョーダン・ピールの動きに注目したい。
CON

CONの感想・評価

4.0
ずっとハラハラ・・・
伏線はとても見つけやすいし、展開も何となく予想はできるんですが面白かった
ハラハラするだけではなく、今ある黒人に対する差別に関しても考えさせられる内容でした
作中で白人のパーティーみたいなシーンがあるのですが、白人の輪の中に日本人が入っていたのがなんとも(名誉白人のことかな、と)
vanitas

vanitasの感想・評価

-
まさかのSFホラー!こんな発想のストーリーは見たことがないから驚きの連続だった!何が起こっているのか理解して冒頭を振り返ると本当に恐ろしい…。

「黒人は運動神経がよくてうらやましい」のような言葉は一見褒め言葉のようだけど、これから変えていかなきゃいけない価値観なんだと分かって衝撃を受けた。

性別や人種で統計的に一方よりも得意なこと不得意なことはあるかもしれなくて、でもそれは偏見やこれまでの古い価値観の中で出来上がった結果かもしれない。そしてこれからはそんなことはもう問題じゃなくて、その人個人の性質を見ていこうということなんだと思う。

女性だから、黒人だからなどという縛りはもうやめて、一個人としてもっと自由になろう。
な

なの感想・評価

3.6
もう「G」でも信用しないわ…
後半ほとんど見てられなかった

ハラハラ、ドキドキはない。ずっとハラハラ。使用人怖かった…現実でもこういうことありそう。
ちょっと残念だったのは話が読めたことと、種明かしがじわじわとされたことかな。どんでん返しを期待してた。
私の勉強・理解不足なのかもしれない、きっと色んな視点から考察できるはず。

オープニングの音楽良かった🙆‍♀️
映像的な飛躍(文字通り「飛躍」するシーンもある)とスリルとテンポの良さがが楽しい
「ありえないだろ!」という絵も映画ならここまではオッケーだろうというさじ加減が絶妙
長らくこのジャンルでは無視されて来たレイシズムへの真面目な問題提起がされていることがまず語られがちだが、それ以前に一級のエンタメとしてとにかく楽しいことが素晴らしいと思う。
心理的な怖さと驚きとグロさがいい塩梅。

黒人の映画=差別と戦うみたいなイメージが強かったので、こういう映画は初めてだった。
個人的に使用人の使い方が絶妙すぎる。
Maria

Mariaの感想・評価

2.5
似たような話はあったなあと思った。
結構レビュー高くて楽しみにしていた割には平凡で途中でわかる感じでした。