デヴィッド・リンチ:アートライフの作品情報・感想・評価

「デヴィッド・リンチ:アートライフ」に投稿された感想・評価

ツインピークスのファンだけど、寝ました
トロフィーワイフと晩年にできた娘は可愛いけど、わさわざ登場させるのか~、
好きだったシニア俳優がギャルと年の差婚したような衝撃(笑)
2049

2049の感想・評価

3.7
案外良かった。
リンチじゃなかったらこんなに見れたもんじゃなかっただろうなと。
moon

moonの感想・評価

3.4
MONOFESにて

元々絵を描いていたリンチが何故映像に手を出したのか、あの作風はどこから来たのか。生まれてから彼が「イレイザーヘッド」を撮るまでの長い葛藤と苦悩、そして全てをアートに捧げ手を動かし続けた日々を追ったドキュメンタリー

「絵という表現に出会っていなければ死んでいた」というようなことを松井冬子が言ってた気がするが、リンチも全く同じタイプの人間だと思った。
創作する人のドキュメンタリーはやっぱり面白い。映画としては多少中だるみする
chiho

chihoの感想・評価

3.6
前から観たいと思っていたので、眠たいのを押して観るも、所々記憶がない。
デヴィッド・リンチの低く抑揚のあまりない声が、なんとも心地よいのだ。

それでも、内容は個人的にはとても興味深く、おもしろかった。
どうしてこういう世界観なのかなあと思っていたけれど、それが垣間見れたから。

どこかのレビューで、瞑想の話が出てくるとあった気がしたのに、その話はしていなかった。
寝過ごしたか…
khr

khrの感想・評価

-
monofesにて
デビッドリンチが1人語りで子供の頃から映画を撮り始めるまでを今現在から振り返っている。お父さんお母さん良い家族に囲まれてあんなに幸せな人がなぜ映画やアートなどで表現するとあんなにも暗い表現になるのか不思議で仕方がない。過去のことは美化されてるのかも知れないが。けれど大成功した今もアートに没頭しててそれ中心の(子供の頃憧れた)アートライフを過ごす。本当に好きなんだなと思う、アートもリンチの事が好きなんだろう。いよいよ映画が撮れなくなって(興業的に)もう作品は出ないと思ってたがNetflixでツインピークスの続編を撮ったらしいからそれは凄え楽しみ。絶対観る。
ゆみな

ゆみなの感想・評価

3.3
ほんの少し、デヴィッド・リンチの頭の中を覗き込めたような気がする
映画ではなく、アートに対するデヴィッド・リンチの哲学に迫った映画。

幼い娘(孫ではないのが驚き)を膝に乗せながら、アート作りに勤しむリンチ...。

椅子にドッシリと座り、物憂げな表情で空(くう)を見つめ、煙草を吹かすリンチ...。

このジイさん、カッコ良すぎます。
俺もこんなジイさんになりたいなぁ...。
>|