デヴィッド・リンチ:アートライフの作品情報・感想・評価

デヴィッド・リンチ:アートライフ2016年製作の映画)

David Lynch: The Art Life

上映日:2018年01月27日

製作国:

上映時間:88分

3.5

あらすじ

アメリカの小さな田舎町で家族と過ごした幼少期、アーティストとしての人生に憧れながらも溢れ出る創造性を持て余した学生時代の退屈と憂鬱。後の『マルホランド・ドライブ』(2001年)美術監督である親友ジャック・フィスクとの友情。生活の為に働きながら、助成金の知らせを待った日々。そして、当時の妻ペギーの出産を経てつくられた長編デビュー作『イレイザーヘッド』(1976年)に至るまでを奇才デヴィッド・リンチ…

アメリカの小さな田舎町で家族と過ごした幼少期、アーティストとしての人生に憧れながらも溢れ出る創造性を持て余した学生時代の退屈と憂鬱。後の『マルホランド・ドライブ』(2001年)美術監督である親友ジャック・フィスクとの友情。生活の為に働きながら、助成金の知らせを待った日々。そして、当時の妻ペギーの出産を経てつくられた長編デビュー作『イレイザーヘッド』(1976年)に至るまでを奇才デヴィッド・リンチ自らが語りつくす。

「デヴィッド・リンチ:アートライフ」に投稿された感想・評価

ツインピークスのファンだけど、寝ました
トロフィーワイフと晩年にできた娘は可愛いけど、わさわざ登場させるのか~、
好きだったシニア俳優がギャルと年の差婚したような衝撃(笑)
デヴィッド・リンチにアートがあって本当によかったよ。
鱗粉

鱗粉の感想・評価

3.5
色んな創作技術を見ることができて美術をやってる人間は見たら面白いと思う

乳首が痛い。って話が1番面白いけど
創造する楽しさ、、、
ララランドの方が面白い
odkysyk

odkysykの感想・評価

-
リンチ先生語りっぱなしの90分。「ハッピーな子供時代だった」「LAは天気がよくて最高」とかわりと普通のおじさんっぽい内容なのに挿入される作品がなにせあの感じなので自然とリンチ感が丸出しに…。独特の語り口が絵と同じようになぜかクセになる。
くみ

くみの感想・評価

-
フィラデルフィアに行きたくなった
丑寺魔

丑寺魔の感想・評価

3.1
この人の作品好きだけど、ねむくなる
見た目からして殺気立って狂ってるような人じゃなく、こういう穏やかで紳士的な人物があんな狂った世界を描いてると思うと、改めて人間や芸術って面白いなと思った。劇中に出てくる最初の奥さんが美人でさすがリンチだと思った
ナナ

ナナの感想・評価

4.0
明るい光にも、暗い闇にも手を伸ばして、根をはっていたい。

淡々と、美化せず、卑下せず、語り、手を動かすうちに、みるみる植物が夜中に育つようにアートが完成していく様。

言葉、絵、音楽が心地いい。
映画は映画館で観るのが一番心地いいように作られるのだよな、と思い起こさせてくれる。
舞台も、そう。
やっぱり、マルホランドドライブを映画館で観たい。リンチ特集が終わるまでに間に合うかな..
>|