けむり

光のけむりのレビュー・感想・評価

(2016年製作の映画)
1.8
あまり音響や音楽に文句を言うことはないのだが、この映画に至っては音が本当に最悪。ブレス音まで聞こえるような囁き声で喋るくせにバイオレンスなシーンになると園子温の如きゴッツゴツのBGMが鳴る。本当にセンスがない。

途中に挟まれる井浦新をサイコに見せたいであろうご説明カットも蛇足だ。俳優陣の演技で充分伝わっている。
もしかすると今までの三浦しをんから文調がガラッと変わっている可能性もなくはない(原作未読)。そうだとしたら勉強不足で大変申し訳ないが、多分今まで通りならもっと静謐で乾いた空気感だと思うんだが……途中にそういった名残を感じるシーンがあるのがやるせないところ。