光の作品情報・感想・評価

2016年製作の映画)

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:137分

3.0

あらすじ

東京の離島、美浜島。中学生の信之は記録的な暑さが続く中、閉塞感のある日々を過ごしている。信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けている。美しい恋人の美花がいることで、毎日は彼女を中心 に回っていた。 ある夜、美花と待ち合わせをした場所で信之は美花が男に犯されている姿を見る。そして信之は美花を 救うために男を殺す。 その夜、理不尽で容赦ない圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てを消滅させた。…

東京の離島、美浜島。中学生の信之は記録的な暑さが続く中、閉塞感のある日々を過ごしている。信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けている。美しい恋人の美花がいることで、毎日は彼女を中心 に回っていた。 ある夜、美花と待ち合わせをした場所で信之は美花が男に犯されている姿を見る。そして信之は美花を 救うために男を殺す。 その夜、理不尽で容赦ない圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てを消滅させた。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった。 それから25年後、島をでてバラバラになった彼らのもとに過去の罪が迫ってくる―。妻子とともによき父 として暮らしている信之と、一切の過去を捨ててきらびやかな芸能界で貪欲に生き続ける美花。誰からも愛されずに育った輔が過去の秘密を携え、ふたりの前にやってくるのだった。

「光」に投稿された感想・評価

AS

ASの感想・評価

3.2
お父ちゃんのケツすべすべやないかっ
soken

sokenの感想・評価

2.7
予告作りうま
見なくても良かったものを見てしまった感覚(この映画の批評じゃなく)

暴力を暴力で返してしまった人間は人間の世界に戻れないって、、

一見平凡だけど平和で、そこそこ幸せな人生を送っているような人でも
何かや誰かをトリガーにそっち側に行ってしまう事もあるんでしょうね

普通に生きてるつもりでもそっち側の世界は地続きなのだと思い知らされました。

人間、麻痺れば異常を異常とも狂気を狂気とも思わないだけで
気づかないまま日常生活でもそんな事はたくさんあるんでしょうね。
うし

うしの感想・評価

3.6
事件、災害、親、不倫、地位、名誉、金
人間関係を歪ませるには
十分すぎる要素で溢れている。
映像と音の不協和音を
狙っているみたいだが
求めてるのはそれじゃない感すごい。
役者ストーリー共に
個人的にすごく良いと感じるので
途中の音楽がもったいない作品。。。
井浦新と瑛太が抜群すぎる。
Yumi

Yumiの感想・評価

2.9
内容とキャストは良い。間にちょいちょい入る音楽?が邪魔。
reddeep

reddeepの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

●舞台挨拶
監督:最初にバイオリンの音楽が思い浮かんで、そういうのが嫌だった。この音楽は挑戦
新:ゾクゾクした。無機質な音楽と、有機的な人間味を合わせたらどうなるんだろうと

新:タスクがやって来てくれて救われたというか、心臓が動き出して血が流れるような、あのまま平凡な日常で果たして幸せだったのかと

監督:原作は津波→殺人の流れを、映画では逆にした。作者から変えてほしいと言われたため。3.11のことで誤解されてほしくない気持ち。僕はそのまま原作通りでも良かったと思うのも半分ある。

監督:タスクが足を舐めるシーンは、一瞬観ている人を混乱させるようなミステリー要素を含めたかったけど、宣伝でバレてしまった。

井浦さんの、自分の思ったことが正解とは思っていないですが、という控えめさというか、考えが素敵だと思った。
瞬きが多くて、かっこよかった。
思っていることはいっぱいあるのにすぐにうまく言葉にまとめられず、一生懸命に話してくれる感じが素敵だった。

●映画
原作もあらすじも何も知らずに観た。あぁいう重い映画は毎回苦手と思いながら、何回も観たくなる。
監督の話(タスクのシーン、混乱させたい)もあって、何も知らずに観に行くのも面白いんだと初めて知った。たしかに子供の頃の誰が誰なのか、結構考えた。
うまく表せない何とも言えない気持ちになって観終わったけど、そういうのが好きだと思った。
音、音量と映像のアンバランスが心臓に来る。ノブユキ(新)がタスク(瑛太)を殺すシーンであの音楽が流れたのが一番強烈だった。テクノと合わせると不気味さが際立っているように思った。
マサ

マサの感想・評価

3.2
ストーリーは良い。

話は良いんだよ。…
役者も良いんだよ。

外国のアート映画ぽいのは
要らないんだよ。

なんだか勿体ない。
nori007

nori007の感想・評価

3.6
主人公は、少年の頃にとある罪を犯してしまったが、突然の大災害によってすべてを洗い流された。しかしそれから25年後、再びその罪を突きつけられる事態になってしまう。

最近、クズな役がばっちりハマる瑛太がここでもクズっぷりを発揮。橋本マナミは一見まじめであるがヒステリックな主婦に。こんなちょっとおかしい連中に囲まれる井浦新は一番まじめなキャラだが、そのまじめさゆえにか?犯罪を実行する側の人間になってしまう。

まったく人生とは皮肉なものだ。そして自分もこうした状況になればやるしかないと思うのかも知れない。
tyutakota

tyutakotaの感想・評価

1.8
全てが中途半端な映画でした。
物語の流れが支離滅裂だし、井浦新の無駄遣い。
原作もそうなのでしょうか?
観てて眠くて仕方なかった。
ひろみ

ひろみの感想・評価

2.0
瑛太の無駄な怪演…意味不明なテクノ。原作が良かっただけに残念。
>|