光の作品情報・感想・評価

2016年製作の映画)

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:137分

3.1

あらすじ

東京の離島、美浜島。中学生の信之は記録的な暑さが続く中、閉塞感のある日々を過ごしている。信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けている。美しい恋人の美花がいることで、毎日は彼女を中心 に回っていた。 ある夜、美花と待ち合わせをした場所で信之は美花が男に犯されている姿を見る。そして信之は美花を 救うために男を殺す。 その夜、理不尽で容赦ない圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てを消滅させた。…

東京の離島、美浜島。中学生の信之は記録的な暑さが続く中、閉塞感のある日々を過ごしている。信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けている。美しい恋人の美花がいることで、毎日は彼女を中心 に回っていた。 ある夜、美花と待ち合わせをした場所で信之は美花が男に犯されている姿を見る。そして信之は美花を 救うために男を殺す。 その夜、理不尽で容赦ない圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てを消滅させた。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった。 それから25年後、島をでてバラバラになった彼らのもとに過去の罪が迫ってくる―。妻子とともによき父 として暮らしている信之と、一切の過去を捨ててきらびやかな芸能界で貪欲に生き続ける美花。誰からも愛されずに育った輔が過去の秘密を携え、ふたりの前にやってくるのだった。

「光」に投稿された感想・評価

AS

ASの感想・評価

3.2
お父ちゃんのケツすべすべやないかっ
komachi

komachiの感想・評価

2.0
観た時間無駄だったと思った。
瑛太と新の無駄遣いしないでくれー。

初っ端のBGM最悪。音楽のチョイスまじで最悪。
合ってないし、「なんでこれ?」と疑問ばかり。
とりあえずハセキョーの整形顔が気持ち悪いったらあらしない。
物語どころじゃない。
「これ妖怪映画だっけ?」と思うくらいキモかった・・・
褒められるのは橋本マナミの濡れ場くらいかな?
意外とちゃんと演技してて良かった。

クソダメ親父できったない風貌役の平田満さんのお尻がツルッツルで、あまりにキレイ過ぎて印象に残る・・・
期待しすぎたー。
しゅん

しゅんの感想・評価

4.0
重っ

『暴力』の爪痕
幼い頃の暴力的な体験は彼らの心から何かを奪い去ってしまった、それは津波が全てを奪ったように、残骸のような彼らの心には何が残ったのか?

自然豊かな島で育った信之、美花、輔の3人が経験した『暴力』、25年の月日が経ちそれぞれ別々の生活を送っていた3人が交錯して、、、ってお話

心のざわめきや自然の不気味さを表す時に鳴り響くテクノ サウンドはまるで雑音で観てるこちらの心までざわつかせる。

アート作品を用いたり、不快、不可解な演出が一層不気味さを出し、猟奇的な事件のニュースの第一報を見た時のようなゾワゾワ感が漂っていた。

大森監督はアート作品を目指して撮ったと言っていたのでもっとブッ飛んでも良いかと思ったがストーリーを落とし込もうと思うとこんぐらいが丁度いいのかな。

演技のこと言ったら平田満が良かった。何処のクソジジイかと思うぐらいだったもんなー、瑛太も新も良かったよー
橋本マナミは仕事きっちり

評価は劇場での没入感も込み、家で観たらどうなるかな?

メモ
カピトリヌスの雌狼
岡本太郎
サエボーグ
ジェフ・ミルズ
まむし

まむしの感想・評価

2.5
瑛太が良すぎる
それ以外が全然好きじゃない
Quietboy

Quietboyの感想・評価

2.5
こういう音楽入れてくる邦画は新しくて好きだ。
アラタの黒すぎる目も怖すぎて好きだ。
光っていうシンプルすぎるタイトルも好きだ。

好きな要素はいっぱいあったんだけどなんかやっぱそんな好きじゃなかった。
好きになれそうだったけどもなれなかった。
理解出来なくても、一つ一つの要素は好きじゃなくても、全体的に好きになれる場合だってあるはずなんだけど、
その逆で全体的にみたらやっぱり好きじゃない。

やっぱり光は眩しく見えなきゃいけなくて、希望の光でなきゃいけない。
mura

muraの感想・評価

4.3
閉所恐怖症になったのかと思う。この閉鎖的な社会と人間関係に息が詰まりそうになる。

海上にポツリと浮かぶ島、林のなかに広く根をはった大木、散って形を崩した赤い椿、鬱蒼として人の近づかない神社…不穏な気持ちが掻き立てられる。よくぞここまで集めたなと。

また、音楽がその気持ちを増幅させる。

月の影がつくったとされる美浜島。そこに暮らすノブユキは、同級生ミカの求めに応じて男を殺す。それはノブユキを慕うタスクの知るところとなる。月が海を美しく照らすある夜、美浜島を津波が襲う。3人は島を離れてバラバラになるが、25年後、タスクがノブユキの前にあらわれる…

「なぜ生きている」「死ぬことを待っている」…人間が生きていくことには常に哀しさが付きまとうということをあらためて思い知らされる。

その点では「光」を感じさせないが、ここでいう「光」は「日の光」ではなくて「月の光」だということか。河瀬直美の『光』とはまったく違う「光」だったんだ。

ノブユキの妻を演じた橋本マナミがどハマりだった。すごいエロさを感じた。そして罪深さも。

一方で、本来感じるべきであろうミカのエロさが伝わらなかった。僕だけが思うのかもしれないが、ミカの造形がはっきりしないような。そこがちょっと残念に思えた。
きき

ききの感想・評価

4.0
井浦新のからっぽな目つきと底知れない狂気がこわい。瑛太は、だれも育ててくれずうまくおとなになれなかった不幸なこどもそのものだった。
ぎざぎざした音楽に終始違和感はあったけど、その不快感もまたこの映画をかたちづくっているものなのかもしれない。
ぼたぼたと落ちてちらばる椿と、こわれたおもちゃのように笑い続ける椿の対比はおそろしかった。
2018年1月17日 水曜日
Jmax Theater
さち

さちの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

不協和音______

不快不快との声多数のテクノが鳴り響く冒頭。
あれが大都会の逃亡劇なんかで使われたりする分にはスッと入ってくるんだと思う。ただ樹木、海、月、といった自然界の美しいものたちに対してあまりに人工的過ぎてギャップがあるからなのかなーと。

長いので津波のくだりはなくてもよさそうな気がした。平田満のお尻ズームは一体どこに需要があるというのか(きっと尻タレでしょうけどもw)。
ここでも流れるジェフ・ミルズ。もうここまできたらジェフ・ミルズが不憫でしかない。
岡本太郎もジェフ・ミルズもちゃんとしたアーティストなのになんかかわいそう…🤦🏻‍♂️

女優陣に色々オーマイガーだけど🙈井浦新の鬼気迫る演技も瑛太の危なっかしくも哀しい演技も素晴らしかったからごちそうさま🙏


終始不気味なんだけど、私は1番不気味だったのはやっぱりラストのパパダンスかな…🙀
>|