光の作品情報・感想・評価

2016年製作の映画)

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:137分

3.2

あらすじ

東京の離島、美浜島。中学生の信之は記録的な暑さが続く中、閉塞感のある日々を過ごしている。信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けている。美しい恋人の美花がいることで、毎日は彼女を中心 に回っていた。 ある夜、美花と待ち合わせをした場所で信之は美花が男に犯されている姿を見る。そして信之は美花を 救うために男を殺す。 その夜、理不尽で容赦ない圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てを消滅させた。…

東京の離島、美浜島。中学生の信之は記録的な暑さが続く中、閉塞感のある日々を過ごしている。信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けている。美しい恋人の美花がいることで、毎日は彼女を中心 に回っていた。 ある夜、美花と待ち合わせをした場所で信之は美花が男に犯されている姿を見る。そして信之は美花を 救うために男を殺す。 その夜、理不尽で容赦ない圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てを消滅させた。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった。 それから25年後、島をでてバラバラになった彼らのもとに過去の罪が迫ってくる―。妻子とともによき父 として暮らしている信之と、一切の過去を捨ててきらびやかな芸能界で貪欲に生き続ける美花。誰からも愛されずに育った輔が過去の秘密を携え、ふたりの前にやってくるのだった。

「光」に投稿された感想・評価

AS

ASの感想・評価

3.2
お父ちゃんのケツすべすべやないかっ
 「光」というタイトルの映画を観るのは今年二度目だ。ひとつ目は永瀬正敏が目が見えなくなっていく写真家を好演した映画で、カンヌ映画祭でスタンディングオベーションが10分も続いたことで有名な傑作である。
 そしてもうひとつ目が本作だ。世界観が全く違うので単純に比較することはできないが、永瀬正敏の「光」は盲目の登場人物たちによって浮かび上がる、文字通りの光を描いており、本作は逆に影を描く。光が強いほど影は濃くなり、やがて闇となる。

 かつて暮らしていた、月光が怪しくも美しく海面に反射する島。そこには貧しさだけがあり、貧しさ故にむき出しになった原始的な欲望がある。虚飾に満ちた都会生活では、その記憶は光を当ててはいけない闇の記憶だ。
 出してはいけないものを無理に引きずり出されることで、闇の記憶とともに心の闇が溢れ出す。一旦溢れ出した闇はもはや止めようがない。闇を葬り去るには自分が殺されるか、または殺すしかないのだ。
 かくして登場人物たちは一本道のストーリーを進むことになる。耳障りな不協和音みたいなBGMは、闇の叫びの周波数を持っている。これによって観客は登場人物たちと同じ不快感を共有することになる。誰もが心に闇を抱えている。日常生活に紛れて向き合おうとしなかった闇を、この映画が引きずり出す。観客は否応なしに自分の闇と向き合わざるを得なくなるのだ。

 井浦新と瑛太は闇を抱えた人物を存分に演じていたが、長谷川京子は役者不足。怪物みたいな心の強さを持つ美しい女を演じることができる女優は他にいたはずだ。橋本マナミは好演。こちらは普通の主婦が普通に抱える生活の物足りなさを、普段着で演じた。裸の後ろ姿の下がり気味のお尻が、生々しい猥雑さを感じさせる。
rei

reiの感想・評価

4.0
キャスト、音楽がいい

橋本マナミ結構演技いけるな、長谷川京子の演技に違和感(くそ美人だけど)
甘エビ

甘エビの感想・評価

3.5
試写会でみた
橋本マナミクッソエロい
あい

あいの感想・評価

4.0


凄い映画、、。
光なんてある?って思う。

それでも画面から目が離せない。
お茶に手を伸ばす気もしなかった。

鑑賞次の日も、
なぜか頭の中に映像がめぐる。
心に残像がずっとある。

瑛太さんほんとに凄かった、、
あんなに痛いように
気持ちが伝わるのは、もう、
苦しい。
映画館で見たけど衝撃がすごい。
生々しい描写やエンディングは非常に好きです。

ARATAが好きになった作品。
Shirota

Shirotaの感想・評価

2.4
変な音がうるさくイラつく。その度に興醒めしてしまった。
ronji

ronjiの感想・評価

2.5
昨年末に観たが消化しきれず今に至る。前評判で賛否両論のジェフ・ミルズの音楽は、意外なまでにハマっていた。
瑛太すげーな。この映画はこの一言に尽きる。
ストーリーと音楽が全く合ってないのが斬新。瑛太もアラタも良かったけど見終わったモヤモヤ感…。また観たいとは思わない。
きよこ

きよこの感想・評価

4.2
光に溢れているのにまるで闇の中。時折鳴り響くテクノ音が身体中に心の棘に何かをけしかけてくる。騒がしく愚かしく。何かに掴まりたくなった。最高に居心地悪い。あの取り憑かれた島のように。

あの神社のトライアングル。静止画のように。迫りくる迫力。ずっと脳裏に焼き付いて離れない。

不協和な光は月の影?この光はどこに向かっているの?

ラストダンスに鳥肌がたって虫酸が走った。あんな可愛い映像なのに…ホラーでしかない。。。

大森監督の秀逸な才能を体感しました。



瑛太が抜群によかった!!!!
あの時折魅せる幼い表情がなんともいえないエロスを感じたなあ(^^ゞ
>|