世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方の作品情報・感想・評価

世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方2014年製作の映画)

Nonsense and the Coati Gang/Quatsch und die Nasenbärbande

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:83分

3.3

あらすじ

ドイツのド真ん中にあるボラースドルフ。そこは、目立つことや、特別なことをしないで、ごく普通で平凡であることを美徳とする平和な村でした。その村に暮らす子どもたち、リーケ、マックス、レネ、ポール、スーゼ、ベンの6人はアカハナグマのクアッチと一緒にいつも楽しく遊んでいました。ある日、村に消費者調査会社“銀色団”が乗り込んできます。彼らは、世界一平均的なその村を、まだ発売されていない新商品のマーケット・…

ドイツのド真ん中にあるボラースドルフ。そこは、目立つことや、特別なことをしないで、ごく普通で平凡であることを美徳とする平和な村でした。その村に暮らす子どもたち、リーケ、マックス、レネ、ポール、スーゼ、ベンの6人はアカハナグマのクアッチと一緒にいつも楽しく遊んでいました。ある日、村に消費者調査会社“銀色団”が乗り込んできます。彼らは、世界一平均的なその村を、まだ発売されていない新商品のマーケット・リサーチを行うモニター村にしようとやってきたのでした。市長をはじめ大人たちは皆、その申し出に大喜びでしたが、子どもや老人たちはまるで人体実験のような調査会社のやり方に不満でした。 村の老人たちは、さまざまな分野で初めてのことを成し遂げてきた、特別で、ちょっと変わった人ばかりでした。でも、平凡を目指す大人たちにとってそんな彼らは、目ざわりな存在でした。やがて大人たちは、彼らを老人ホームへ送り、閉じ込めてしまうのでした。でも、幼い孫たちにとっておじいちゃんやおばあちゃんは、仕事に忙しい両親の代わりに面倒を見くれ、いろいろなことを教えてくれる大切な存在でした。そしてついに、子どもたちは大人たちの横暴に立ち上がります。子どもたちは幼稚園を脱走し、大親友のアカハナグマ、クアッチと一緒に“ハナグマ・ギャング団”を結成、おじいちゃんとおばあちゃんの救出作戦を開始します。 「この村はフツー過ぎてモニター村にされちゃった。だから村を特別にすればいいんだ! そうすればおじいちゃんやおばあちゃんが帰ってくる!」そう考えた子どもたちは、自分たちの村から世界新記録を出そうとがんばりますが、なかなかうまくいきません。もうダメだとあきらめそうになったとき、天才クアッチがすごいアイデアを思いつきます。

「世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方」に投稿された感想・評価

esose

esoseの感想・評価

3.7
こどもたちかわいい.....たまに激しいシーンになると子供のマネキンで撮影してる。この映画作ろう!って言い出したひと絶対とてつもなく良い人に違いない。
Tutti

Tuttiの感想・評価

3.5
子どもが主役の絵本や夢の中のようなストーリー
色彩豊かで見ていて楽しい
子どもたちが演技素人だからこその子どもらしい味が出ていて「あぁ子どもってそうだよね〜」っていう目で見れた
みんな可愛すぎかー!

子どもたちとおじいちゃんおばあちゃんたちが一緒に発明をするシーンにほっこり

ホームアローンみたいな感じかと思っていたけどそこは期待外れかな…
まあ主旨が違うからまったく別として見ればほっこりワクワクして楽しい映画
かつ

かつの感想・評価

3.5
子供たちの創造力って凄い豊かで羨ましく思う。笑
子供たちだから許されるイタズラだったり、はちゃけた夢を実現したような映画。
↑ただ、イチゴミルクに関しては不衛生に見えてちょいと残念な気持ち。笑
↑イチゴミルクが一番メインなはずやのに…笑
色彩豊かで子供たちが活躍する絵本みたいな不思議な映画。
大人になるにつれて普通が一番!って思うけど、普通じゃないことの良さもあるのだなーって思えた。
何でも楽しめる大人になりたいなー‼︎
AYM

AYMの感想・評価

3.0
子どもたちがみんな可愛い!
ハナグマ賢すぎ 笑
子供が主役の映画は好きだけど
コレは…ん〜(๑¯ㅁ¯๑)

カラフルで楽しい感じは伝わりました。
もっとドラマ風だと思ってたので
期待を大きく外しました。

H29.12.02 鑑賞
YukiDan

YukiDanの感想・評価

2.4
ミュージカルという衝撃
あり

ありの感想・評価

2.0
色使いが綺麗で子供が可愛い
ながいMVを見てる気分。
深みはない…いい意味でサクッと観れる。
>|