世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方の作品情報・感想・評価

「世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方」に投稿された感想・評価

esose

esoseの感想・評価

3.7
こどもたちかわいい.....たまに激しいシーンになると子供のマネキンで撮影してる。この映画作ろう!って言い出したひと絶対とてつもなく良い人に違いない。
shiro

shiroの感想・評価

3.4
普通で平凡を認められて、新商品のモニターに選ばれた村のお話。
そのお試し新商品がポンコツ。
平凡なんてやだーと、ちびっこギャングたちが村に新しいものを発明しようとするけど、村の大事な物をどんどん壊す。
ワーワー叫ぶちびっこたちがひたすらかわいい〜!
幼稚園児だから4〜5歳かな?

残念ながら大人なので、ちびっこと一緒にワーワー暴れられないけど、お年寄りになったらあんな風にゲラゲラ笑いたい。
ハナグマのクアッチの演技には驚きます。
ファイト・ヘルマーのブラ物語を東京国際映画祭で見逃してしまった溜飲を下げる為に見てみたけど、逆にやっぱり見ておけば良かったという気持ちを一層強める結果となった。

主人公の子供たちが大人たちや変な製品を売りつける会社に抵抗する様子を描いているが、その子供たちやペットのハナグマが奔放で可愛らしく、それだけでも十分ほっこりさせられる作品だった。(ハナグマにイチゴミルク飲ませていいのかという疑問はあったけれど)

他にも青汁コーンフレークとか多数の謎製品とか唐突なミュージカル要素とか、色々馬鹿らしいけど憎めない描写の数々も素晴らしく、ツバルでも見られた下らないけどその下らなさが良いと思える、さながらウェス・アンダーソンとバスター・キートンを混ぜたかのようなコミカルな描写がファイト・ヘルマーの良さかと唸りもした。

子供たちが行動を起こす理由が頭のぶっ飛んだ老人たちっていうのも良かったけど、自由に健やかに動く子供たちってどうしてこうも面白く映るのだろうとつくづく不思議に思う。

ブラ物語もこんな破茶滅茶な作品なら絶対面白いと思うし、よく考えたらもう邦題付いてるわけだから劇場公開の可能性は高いだろうけど、できれば早めに公開してほしいものだ。
ウルトラハッピー。
大人の都合に子どもが疑問を抱くのは、当然。
大人はいつ、子どもの頃の好奇心をなくすんだろう?
子どものまっすぐな純粋さを目の当たりにして、なぜか涙が止まらない。
だけど、こんなことで泣ける私はまだ捨てたもんじゃないかも。
えーこ

えーこの感想・評価

4.1
ここは世界でいちばんのフツーの村?
モニター村にしようと消費者調査会社"銀色団"がやってくる。
凡人サイコー!?
フツーじゃない老人たちは老人ホームに強制収容??

オープニングのアニメからもー可愛くって、子どもたちもみーんな可愛くってほのぼの~
♪ぼくらは"ハナグマ・ギャング団"
世界でいちばんの子どもたち~
クレーンやノコギリも自由自在、
天才ハナグマのクアッチと、
大好きなおばあちゃんたちを救い出せ!!
レトロポップな色調、ミュージカル風なのも楽しくって私好み♪
6人のちびっこがわーわー村を駆け回って巻き起こす大騒動!!
あーあー、奔放にも程がある(笑)

子どもたちの好奇心や探究心、
発想力や創造力は未知数☆
だから大人たちは彼らの個性をのびのび伸ばしてあげなきゃね。
ハチャメチャだけど、実は破壊と創造、姥捨山な話でもある。

陽気な"ちびっこ"ギャングが地球を回す!?
シリーズ化出来そう~
出来あがったイチゴミルクはあんま美味しそうじゃなかったけど、、
イチゴミルクが飲みたくなるね(笑)
いやもう、子供達がかわいすぎ。
全員シロウトのおこさま、
何てちっちゃいのー!
4歳児なんでしょ、
演技なんてつけられるはずないわ。
自然体の子供の愛らしさときたらもう、ストーリーがぶっ飛んでいようが、半端な歌と踊りが鼻につこうが、関係ないわ。
どのシーンもかわいいのですが
個人的に、最後の方で
「バーカ」とゼスチャー付きで言い放つ女の子がもうたまりません!
ふうか

ふうかの感想・評価

3.5
この映画で1番良かったのは、子役の子達が演技初心者な所!
演技が下手というか、子どもの素がしっかり出てるのが、他の映画には無い魅力や可愛さが溢れてて笑顔になれます。
とはいえぶっ飛んでるので、子ども好きじゃないとイライラしてしまうかもしれませんが。
可愛さだけでなく、そのぶっ飛んだ展開で強制的にハッピーにさせる感じの映画で何も考えずに観たい方にオススメ。
かわいすぎるけど大迷惑
みみみ

みみみの感想・評価

4.0
何もかもがかわいくて素敵な映画だった
皮肉も子どもの発想も最高
>|