世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方の作品情報・感想・評価

世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方2014年製作の映画)

Nonsense and the Coati Gang/Quatsch und die Nasenbärbande

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:83分

3.4

あらすじ

ドイツのド真ん中にあるボラースドルフ。そこは、目立つことや、特別なことをしないで、ごく普通で平凡であることを美徳とする平和な村でした。その村に暮らす子どもたち、リーケ、マックス、レネ、ポール、スーゼ、ベンの6人はアカハナグマのクアッチと一緒にいつも楽しく遊んでいました。ある日、村に消費者調査会社“銀色団”が乗り込んできます。彼らは、世界一平均的なその村を、まだ発売されていない新商品のマーケット・…

ドイツのド真ん中にあるボラースドルフ。そこは、目立つことや、特別なことをしないで、ごく普通で平凡であることを美徳とする平和な村でした。その村に暮らす子どもたち、リーケ、マックス、レネ、ポール、スーゼ、ベンの6人はアカハナグマのクアッチと一緒にいつも楽しく遊んでいました。ある日、村に消費者調査会社“銀色団”が乗り込んできます。彼らは、世界一平均的なその村を、まだ発売されていない新商品のマーケット・リサーチを行うモニター村にしようとやってきたのでした。市長をはじめ大人たちは皆、その申し出に大喜びでしたが、子どもや老人たちはまるで人体実験のような調査会社のやり方に不満でした。 村の老人たちは、さまざまな分野で初めてのことを成し遂げてきた、特別で、ちょっと変わった人ばかりでした。でも、平凡を目指す大人たちにとってそんな彼らは、目ざわりな存在でした。やがて大人たちは、彼らを老人ホームへ送り、閉じ込めてしまうのでした。でも、幼い孫たちにとっておじいちゃんやおばあちゃんは、仕事に忙しい両親の代わりに面倒を見くれ、いろいろなことを教えてくれる大切な存在でした。そしてついに、子どもたちは大人たちの横暴に立ち上がります。子どもたちは幼稚園を脱走し、大親友のアカハナグマ、クアッチと一緒に“ハナグマ・ギャング団”を結成、おじいちゃんとおばあちゃんの救出作戦を開始します。 「この村はフツー過ぎてモニター村にされちゃった。だから村を特別にすればいいんだ! そうすればおじいちゃんやおばあちゃんが帰ってくる!」そう考えた子どもたちは、自分たちの村から世界新記録を出そうとがんばりますが、なかなかうまくいきません。もうダメだとあきらめそうになったとき、天才クアッチがすごいアイデアを思いつきます。

「世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方」に投稿された感想・評価

esose

esoseの感想・評価

3.7
こどもたちかわいい.....たまに激しいシーンになると子供のマネキンで撮影してる。この映画作ろう!って言い出したひと絶対とてつもなく良い人に違いない。
きなこ

きなこの感想・評価

4.5
ハチャメチャで最高!
ハナグマ・ギャング団の発想とあばれっぷりが面白すぎる。おじいちゃんとおばあちゃんを助け出すぞって優しい心も持ってる。「僕らはバナナの房みたい」って表現が仲良しなのをうまくあらわしててとっても微笑ましい。こゆ子ども時代を過ごせたら幸せだろうな。
頭からっぽにして何回でも見れる。子どもたちの笑い声がなんともかわいい。街並みというか建物とか映像が綺麗
MN

MNの感想・評価

5.0
昔から子供と動物には勝てないって言うけど、これに老人も加わって、史上最高の映画になってる。
はちゃめちゃで元気な子供達も超賢いハナグマも、お茶目な老人達も、普通が一番な大人達も、街のおもちゃみたいな建物や絵本みたいな風景も、何故かタップダンスでやって来る世界記録の審査員も、何もかも最高!
おなかの底から笑える全く普通じゃないのが最高の映画でした。
何回観ても絶対笑える。
リコ

リコの感想・評価

3.6
大好きなおじいちゃん、おばあちゃんのために子供達が、普通じゃない村を作ろうと大奮闘する、子供達とハナグマがやたら可愛い映画。

雑でハチャメチャな部分が多いけれど、子供の自由な発想や行動力は良いなあと、ほんわかした。

この作品は好き嫌い分かれそうだけれど、個人的には割と好み。
Asuka

Asukaの感想・評価

4.0
可愛かったなぁ〜
こどもたちも、おじいちゃんおばあちゃんも街並みも。

普通じゃなくていいよなぁ〜
普通じゃない方が楽しいよなぁ〜
よこ

よこの感想・評価

4.1
アナグマ・ギャングのかわいさがたまらない……!
大好きなおじいちゃんおばあちゃんのために子ども達が奮闘する話。

子どもにとってのおじいちゃんおばあちゃんが、大好きで尊敬できる遊びの先生として描かれてる。

じゃあ今、現実で子ども達にとってのおじいちゃんおばあちゃんってどんな存在?って考えると、なかなかこの感覚を持ちづらいのかなぁって。

自由に考えてやってみることのたのしさ、思いきり遊ぶおもしろさ、そういう感覚を子ども達に伝えられる大人でありたいし、そういう大人に囲まれてのびのびとしてる子どもたちがたくさんいたら幸せなんだろうね ☺︎
お子さまたちが可愛すぎ!
ドイツの作品ってのが意外な気がしたけど、考えてみれば、グリム童話や「モモ」もドイツ発だったかな?
かわいい〜〜!絵本の実写化!って感じ
アナグマの演技力がすごい
マジメに観ようと思ってたら予想外にぶっ飛んでた。こういうジャンルだったか。何か懐かしい感じで嫌いじゃないけどね(^^)
>|