食の真実の作品情報・感想・評価

食の真実2016年製作の映画)

Food Choices

製作国:

上映時間:91分

3.6

「食の真実」に投稿された感想・評価

Ryoko

Ryokoの感想・評価

3.8
「結局は自分の選択次第」
xhirokazux

xhirokazuxの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

我々の食が、健康はおろか、地球環境にも悪影響を与えていると訴えるドキュメンタリー映画。
牛乳は成長ホルモンのカクテルと言う説明に納得。
肉食獣がいるサバンナで捕食されないように数ヶ月で100キロに成長させるため急激な成長を目的としたものであり、子牛にとって最適でも成長した人間には害となる。
またカーニズムと言う単語も印象的でした。
カーニズムとは簡単に目に見えないものは、残虐性もなく大丈夫だと思いこむこと。
また作品にはコリン・キャンベル博士やリッチ・ロール選手などが出演。
一番驚いたのは、ハードコアパンクファンにはお馴染みのCro-Magsのヴォーカルのジョン・ジョセフが出演していたこと。
個人的には嬉しいサプライズw
菜食でも肉食と同様な栄養が摂れるのか、前半は栄養学的な話で興味を持てたけど、後半あたりから「菜食主義万歳!肉食は悪!」みたいな話になってなんだかなーという感じ。
Aya

Ayaの感想・評価

3.5
畜産業が地球温暖化の悪化に大きく影響しているのは以前観た別のドキュメンタリーで知ってるし、菜食主義が健康にいいのも分かるけど、後半あたりからあまりにも菜食を押し付けるような感じになってきたのが気になりました。


一番ドキッとさせられた言葉「百万とある動物の中で、人間だけが自然と調和していない。」
menoki

menokiの感想・評価

1.9
人類の健康への悪影響はおろか、気候変動の原因も食の選択にあると訴え、独自の視点で考えさせるドキュメンタリー映画。

始めの15分くらいは衝撃的な事実が分かり、画面から目を離せなかったが、以降は新鮮味が感じられなかった…。
要は、野菜と果物以外の短所を述べた後に菜食主義の素晴らしさを述べる。
これを90分繰り返すような映画である。
いい事を結構述べているのだが、流石にくどい…。
40分経過した辺りからは早く終わらないかなぁと考えていた。

くどいし、菜食主義万歳すぎるのでいい内容も胡散臭く思えてくる。
せめて、少しくらいは菜食主義の短所を述べたら説得力が増してくるのに…。
しかも、自然食材に詳しい妻からしたら当たり前の事を言っているだけらしい…。

私としては色々勉強にはなったがドキュメンタリー映画としての作り方は悪いものだと思う。
yasu

yasuの感想・評価

3.6
知ることは大事
>|