闇金ドッグス5の作品情報・感想・評価

闇金ドッグス52016年製作の映画)

上映日:2017年01月14日

製作国:

上映時間:80分

3.4

あらすじ

女性債務者から、絶大の信頼を得ているラストファイナンスの須藤司(青木玄徳)は、かつて、街金から金を騙し取る為に、結婚離婚を繰り返し、戸籍上の名字を忘れてしまっている。そんなある日、銀行系のローン会社から、電話が入り、「あなたの奥様が借金んをして、飛んだ。夫である貴方には支払いの義務がある」と。困り果てている司には、にべもなく、社長の安藤忠臣(山田裕貴)から、新規の客をあてがわれる。その客は、大手…

女性債務者から、絶大の信頼を得ているラストファイナンスの須藤司(青木玄徳)は、かつて、街金から金を騙し取る為に、結婚離婚を繰り返し、戸籍上の名字を忘れてしまっている。そんなある日、銀行系のローン会社から、電話が入り、「あなたの奥様が借金んをして、飛んだ。夫である貴方には支払いの義務がある」と。困り果てている司には、にべもなく、社長の安藤忠臣(山田裕貴)から、新規の客をあてがわれる。その客は、大手電機メーカーの下請け会社でエアコンの設置業者の契約社員として働く、沼岸光夫(菅原大吉)。ブラック企業では人扱いをされず、冷遇のなか必死にしがみついている。それは、ひとえに認知症を患っている母の為。だが、薄給で生活費もままならず、致し方なくラストファイナンスを利用している。沼岸の状況は悪くなるばかりで、理不尽な理由で急に解雇されてしまう。困った沼岸は、生活保護の申請をするも断られ、無職になったので、司から追加融資も受けられずにいた。そんな沼岸の前に、NPO法人で貧困ビジネスを営む五条礼(荒木宏文)が現れ、申請が通った生活保護費を不正に搾取されてしまう。母の病も進行が速くなり、生活は究極に困窮する。藁をもすがる思いで、沼岸はラストファイナンスを再び訪れた。

「闇金ドッグス5」に投稿された感想・評価

しるば

しるばの感想・評価

3.9
キャスト選びが絶妙
始まって早々に親の介護にまつわる京都の悲惨なあの事件を想起した。
落ちも件の事件と同じような幕引き、ちょっとこの作品が扱う題材として違うんじゃないかなと感じた
haccchi

haccchiの感想・評価

3.5
今まではカスみたいなのばっかだったけど、こればっかりは切なすぎる
ReN

ReNの感想・評価

2.6
DVD購入し鑑賞。

4作目から監督が変わってから、とにかく胸を締め付けられる内容で、このご時世実際にありそうな展開。
ズーンと沈み込む構成と、金貸しに対しての葛藤が上手く描かれている印象。

闇金ウシジマよりかなり良い線いってる。
重い話 でも自分もいつなるかわからないなあ
ただただ胸が痛くなるお話し。
現実味がありすぎるところが
また恐ろしい。
R

Rの感想・評価

3.0
記録
gocchism

gocchismの感想・評価

2.5
認知症の母を介護する、仕事のできない中年独身男性。ありそうな家庭を描いている。生きてても地獄。なかなかの重い一本。
Ei

Eiの感想・評価

3.6
地獄だったらまだよかったんだけど、地獄ではないんだよな。残念ながら。
>|