闇金ドッグス5の作品情報・感想・評価

「闇金ドッグス5」に投稿された感想・評価

ひろ

ひろの感想・評価

3.6
なんなんでしょ。評価が難しい作品です。
貧困ビジネスとか介護問題とか、社会のシリアスな面をかなりえぐっており、菅原さんが幸薄い中年男性をリアルに演じています。
ただ、誰も救われておらず、切なくて胸糞悪い。
映画の題名から想像する痛快劇ではなく、社会の歪みの問題提起で終わる。
そういう意味で期待を裏切られ、見終わってもスッキリしない、けど考えさせられる作品です。
1〜5の中では1番面白かった
認知症介護、ブラック企業、貧困ビジネス…あらゆる事態に見舞われた沼岸が最後に取った行動が…もう…
4と5は時間的にそのまま連続してる感じだけど4の元ヤクザのおっさんの話が出てなかったのが気がかり。1のアイドルのパターンみたいに、6以降で触れられるのかな?
Koji

Kojiの感想・評価

3.3
一話目のキモオタと比べれば、雲泥の差やのに、うまく生きられない登場人物。
悲しかった。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.7
生きていく為の金

「女の為」の ウィーメンズダイヤル。そこに助けを求めてきたのはうだつの上がらない中年男性。彼は認知症の母を抱え、生活苦の中もがいていた。

鑑賞後、しばらく何もできなかった。
生きていれば客でいられるけれど、命を絶やしては何物でもなくなるのだから。
沼岸のおっさんの過去は描かれていないし、想像の範疇だけどシリーズ史上、最もリアリティのある債務者で絶対に救うべき債務者だった。
荒木扮するNPOの男もまたリアル。絶対いる。
コメディタッチなアフロと美人局がいてくれて良かった。
次作どうなるのだろう。走ろう、レンタルショップへ。
うわっ、持ち直した!『闇金ドッグス』はこうでないとね。認知症の母を抱えた沼岸(菅原大吉)の悲惨さは他人事でないだけに恐ろしい。現代の「残酷物語」だ。そんな弱者に群がる闇金や詐欺師。これを見る限り、この世は真っ暗闇だ。エアコン清掃会社のダメ社員を菅原大吉が見事に演じている。この菅原大吉さんの演技がこの映画の見処だと思う。😎

最後のラストファイナンスで、3人の会話は蛇足だ。特に、アフロのやつは雰囲気壊しすぎ。😅
しるば

しるばの感想・評価

3.9
キャスト選びが絶妙
始まって早々に親の介護にまつわる京都の悲惨なあの事件を想起した。
落ちも件の事件と同じような幕引き、ちょっとこの作品が扱う題材として違うんじゃないかなと感じた
>|