ストローカーエース

不能犯のストローカーエースのレビュー・感想・評価

不能犯(2018年製作の映画)
1.5
白石晃士監督作。

冗長な脚本。
歯の浮くような台詞。
そして、大根役者たち。

松坂桃李はシリアルキラーか死神か。
『殺人』を重ねるごとに『理由』が曖昧になっていく。

鼾が聞こえる映画館。

エリカさまの眉間のシワでお代わり三杯食べられる奴しか本作には近づくべからず。

早く帰ってオリンピック見よぅ!