ケンフィー

不能犯のケンフィーのレビュー・感想・評価

不能犯(2018年製作の映画)
4.0
「殺してやる」「死ねばいいのに」といった現代の闇に焦点を当てているため、少し怖かった。しかし、その中で、人間の愚かさ、脆さ、愛、希望が垣間見られて、人間社会って複雑だなぁって、複雑だからこそおもしろいなぁって感じました。

劇中どこまでが現実か、あなたもきっと騙される!!