不能犯の作品情報・感想・評価

不能犯2018年製作の映画)

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.1

あらすじ

都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。 彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故―― 宇相吹…

都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。 彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故―― 宇相吹の犯行は、すべて立件不可能な犯罪、〈不能犯〉だった。今日も、愛憎や嫉妬、欲望に塗れた人々が彼のもとにやってくる。そんな中、警察はようやく宇相吹の身柄を確保し、任意で取り調べを始める。 多田(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)が見守る中、宇相吹を前に上司の夜目(矢田亜希子)が取り調べを始めるが、次第に夜目の様子がおかしくなり、最終的に宇相吹は解放される。彼の正体とは一体―。そして、真の目的とは―。

「不能犯」に投稿された感想・評価

白石晃士監督作。

冗長な脚本。
歯の浮くような台詞。
そして、大根役者たち。

松坂桃李はシリアルキラーか死神か。
『殺人』を重ねるごとに『理由』が曖昧になっていく。

鼾が聞こえる映画館。

エリカさまの眉間のシワでお代わり三杯食べられる奴しか本作には近づくべからず。

早く帰ってオリンピック見よぅ!
スクリーン越しなのに、私も催眠にかけられそうで桃李くんの目を見られなかった。
沢尻エリカが硬い。
もぴ

もぴの感想・評価

2.0
想像以上に気持ち悪かった。。
すわん

すわんの感想・評価

2.9
つまらない(´・ω・`)
サブタイトルをつけるなら「会話不足」。すれ違いで人殺しすぎだよぅ、みんなお話ししようよぅ。

終始沢尻エリカがむむむって感じ。
真剣佑くんイケメンなのに影薄い。
唯一の救いは松坂桃李が原作に似てることか...
すみれ

すみれの感想・評価

3.8
んーーーー。まぁ。原作は面白いんだろうなーって。
わぁ

わぁの感想・評価

4.1
松坂桃李の目が怖すぎ。
でもよかった
AmK

AmKの感想・評価

2.1

このレビューはネタバレを含みます

コンセプト面白いけどちょっとグロいシーンあり。
>|