不能犯の作品情報・感想・評価

不能犯2018年製作の映画)

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.0

あらすじ

都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。 彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故―― 宇相吹…

都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。 彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故―― 宇相吹の犯行は、すべて立件不可能な犯罪、〈不能犯〉だった。今日も、愛憎や嫉妬、欲望に塗れた人々が彼のもとにやってくる。そんな中、警察はようやく宇相吹の身柄を確保し、任意で取り調べを始める。 多田(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)が見守る中、宇相吹を前に上司の夜目(矢田亜希子)が取り調べを始めるが、次第に夜目の様子がおかしくなり、最終的に宇相吹は解放される。彼の正体とは一体―。そして、真の目的とは―。

「不能犯」に投稿された感想・評価

白石晃士監督作。

冗長な脚本。
歯の浮くような台詞。
そして、大根役者たち。

松坂桃李はシリアルキラーか死神か。
『殺人』を重ねるごとに『理由』が曖昧になっていく。

鼾が聞こえる映画館。

エリカさまの眉間のシワでお代わり三杯食べられる奴しか本作には近づくべからず。

早く帰ってオリンピック見よぅ!
悪くはない。
MARILYN

MARILYNの感想・評価

2.7
面白いかと思いきや
ほーん、って感じで終わった
うめ

うめの感想・評価

3.3
あのですね…
入りは悪くなかったんですよ。
チープさのある怖さ。
気持ち悪い松坂桃李。

なのに…
ぶっ飛んだ設定はまあ良しとしよう。
「愚かだねぇ。人間は」
最初こそインパクトがあったセリフも、何回も繰り返すうちに陳腐に聴こえてきてしまう。
ダイジェスト的にまとめているのだろうか?
展開も同じような流れが続くので、一本の映画なのにマンネリ化する状態に。


松坂桃李は頑張っているけど、若干飽きてくる。
沢尻エリカの珍しく落ち着いた演技。
真剣佑もいつもとは雰囲気が違う。
そして
安田顕
小林稔侍
ベテランってすごいですね。
凄みが違う。
役者はそれなりに粒揃いなのに
とんでもなくショボい奴がいます。
観ればわかります。
鳥肌もたつあの演技…
意外と出番が多いのは何故だ…
あれが一番のホラーですわ( ゚д゚)
あぁ、人間って愚かだなぁって思い知らされる。感情に左右されるのって本当に人間らしい。
たまに、「おお、そうきたか」って思うところがあってそこは面白かった。でも、「あれ、なんでそうなるの」って思うところもあって、モヤモヤしたりもした。
個人的には沢尻エリカの演技がわざとらしい気がしてひっかかりつつも、松坂桃李の美しさに圧倒された。
ぜひヘッドフォンで見てほしい。松坂桃李の低音ヴォイスをじっくり聴いてほしい。
Kaz66

Kaz66の感想・評価

2.9
ふーん、Jホラー系の監督なんですね。
演出だと思いますが、沢尻エリカ以外の主要キャストはほとんど感情を表に出しません。
中でも、松坂桃李の表情の作り方は絶品です。
『思い込みの力』だけで殺人を犯していく宇相吹、『変な(誤った)思い込み』で宇相吹に殺人を依頼する「愚かな人たち」。
最近の『誤りだと気付いてるのに、空気を読んで正そうとしない』っていう世相を比喩してるんだろうか?
救いのない、ある意味リアルな映画でした。でも、あまり好きではありません。
出演陣は超豪華!
milktea

milkteaの感想・評価

3.0
赤い目が苦手なわたしにはかなり怖い映画だった。笑
けっこうあっさりいろんな人が死んでしまうし、もうちょっと深く説明してほしかったなぁ。
もも

ももの感想・評価

3.8
松坂桃李は不気味な笑い方が似合うなあと。優しい役も狂った役もハマりますね。

ただ、終わり方は微妙。バッドエンドではないがハッピーエンドでもなく、かといってメリバものでもない。キャストはいいのに勿体ない。

エンドロールは凝ってました。

2018.3.14
あやな

あやなの感想・評価

2.7
あれー、なんだか期待はずれだったかもです∑(゚Д゚)

もっとシリアスで頭使う感じだと思ってたら結局1番最初と変わらない。。。勝ち負けもない、、、、
希望としては主人公が頭脳戦でどうにか不能犯をはめるくらいまでしてほしかったなあ、、、無敵の敵に勝てるような希望が欲しいです。笑
それかとことん救われない主人公を描くダーク映画にして欲しかったかなーー

エンディングの愚か者たちは最高に格好良くて以前からリピ(^ ^)愚行録とかに使われてもよかったのになと思う曲。笑
>|