不能犯の作品情報・感想・評価

不能犯2018年製作の映画)

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.0

あらすじ

都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。 彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故―― 宇相吹…

都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。 彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故―― 宇相吹の犯行は、すべて立件不可能な犯罪、〈不能犯〉だった。今日も、愛憎や嫉妬、欲望に塗れた人々が彼のもとにやってくる。そんな中、警察はようやく宇相吹の身柄を確保し、任意で取り調べを始める。 多田(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)が見守る中、宇相吹を前に上司の夜目(矢田亜希子)が取り調べを始めるが、次第に夜目の様子がおかしくなり、最終的に宇相吹は解放される。彼の正体とは一体―。そして、真の目的とは―。

「不能犯」に投稿された感想・評価

意外と面白く楽しめる映画
沢尻エリカさんの演技が
少し残念も こういう役あわない
だけかな
松坂さん凄く頑張ってた
脇役が無名なので
ちょいと有名な演者が出ると
怪しく思える典型的な組み立て
に安心感がある
松坂桃李にこういった役をやらせたら右に出る者ゎ居ないですね(*^^*)
雰囲気が出ててかなりこの映画にマッチしてました。
とても良かったです♪
ただ沢尻エリカが酷い事になってたけどね…
嫌いな訳じゃないけど毎度沢尻エリカが出演してる映画見ると文句書いてる気がする(^-^;
そしてこの役ゎ沢尻エリカじゃなくて戸田恵梨香ならばっちりはまったような気がする…(自分の勝手な意見m(__)m)
ストーリーゎなかなか面白かったです(о´∀`о)
続編があっても良いね♪
TG

TGの感想・評価

1.5
くそつまんなかったなぁ
沢尻エリカってだけで見てしまった!
普通に面白かった。
ただ期待を超えることもなく、裏切られることもなく、あっさりと終わってしまったイメージ。
むしろドラマの方がインパクトはエグかった。
ただ、松坂桃李のサイコパス感は凄まじく、ニヤッとした表情には恐ろしささえ感じました。
今年に入り、松坂桃李の様々な作品を観る機会が増え、その魅力に気付かされた気がします。
とりあえず fan! に登録します。
マーチ

マーチの感想・評価

2.6
沢尻エリカの演技が、、、
くわこ

くわこの感想・評価

3.9
コワすぎ!・サダカヤからの白石監督を想像するとアクションシーンやホラー要素がないのでちょっと物足りない感じがするかも。

この作品は桃李くんの気持ち悪い演技とか安易に人に殺意を向けることの愚かさが描かれていて真面目な白石節。

それでも桃李くんの演じる犯人はダメ出しをするわけじゃないけど、怖いわけではなくどこか切ない優しい人だと思ってしまった。
as

asの感想・評価

3.2
記録
hika

hikaの感想・評価

3.0
沢尻エリカかわいい〜

実際いたら怖すぎる
間宮くんが裏切るのも最初からある程度予想できたし、特別大きな盛り上がりもなく終わったな~
まぁでも、こーゆう映画結構すき
kiyokiyo

kiyokiyoの感想・評価

2.0
悪魔な松坂桃李カッコいい
まぁみ

まぁみの感想・評価

3.0
生きている人間に共通する
心の闇、濁った心を持つ
人間は全滅してしまうで
しょうね・・・。
あくまで、エンターテイン
メントとして楽しめました。
>|