ニンジャ vs ミュータント・ゾンビーズの作品情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

「ニンジャ vs ミュータント・ゾンビーズ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

演技は真面目にやってるが、それ以外はかなりひどい。
最後の敵は主人公に倒してほしかった。
忍者vs忍者で少しゾンビが登場する話。

VSゾンビなのに全然出て来ず、忍者同士のバトルへ。
そして忘れた頃に、ゾンビが非常に中途半端に登場する。
なお原題にはゾンビなんて文字はない。

フミタカ!フミタカ!
Kittens

Kittensの感想・評価

1.1
これは擁護しかねるC級映画ですね、観る前から分かってたけど

最初、もしかしてナルトをあまり知らない人がハリウッドでリメイクした感じ?とか思って
そう思えばまあまあいけたけど
ツッコミどころがあり過ぎて
フミタカがまさか出落ちとは思わんかった。笑
・核戦争後に残ってる謎のニンジャ、それに対抗するインディアン(要素はうすい)→もっとマシな人間は生き残らなかったのか?笑
・最初手紙を届けに行くときは走りなのに向かうときはその辺の車
・5人パーティ中2人が長髪
・妖艶な服装で敵を魅了するくノ一一族
・唐突なフミタカの死
・よく分からないのに何故か分かれて行動
・貴重な女性メンバー死亡
・壊れて落下するのに正確な階数は表紙するエレベーター
・脱出口をギリギリで言わないビデオメッセージ
・忘れた頃に出てくるゾンビ要素
・3Dホログラムを出せるハイテクペンダント
・マッチョで口がきけないけど地面を触ることで周りの状況が察知できる黒人、しかも多分周りとちゃんと意思疎通できてないし
・ゾンビ出始めてからはウォーキングデッドでも諦めるレベルのゾンビ数がでる
・血の吹き出る描写は上手い!

色々変なとこありすぎてかけないけど
結局このまま掟守らずに内乱したらウロク国に滅ぼされるんよね?
いや滅びてほしい
samsari

samsariの感想・評価

1.5
タイトルからしていかにもB級って感じですが、ミュータント・ゾンビーズが気になり鑑賞することに決めました。

柔道とJUDOが違うように、忍者とNINJAもまた違うのだということを改めて思い知らせてくれる作品です。
ミュータントなのはゾンビではなくNINJAたちだった、という世にも奇妙な物語なのです。

突っ込みどころが多数ある中で特に印象深かったのは、階段の踊り場付近で主人公サイドのキャラ(役名は失念)が隠れていたシーンです。
階段下あたりから徐々に視点が上がっていき、壁が映し出された瞬間に私は「隠れ身の術だ!」と思ったわけです。
ところが壁を映していたカメラは更に上へ向き、やがて天井の角が映し出されると………
「そこかよ!!」
思わず声に出して突っ込んでしまいました。
そういえば彼らはNINJA。忘れてはなりません。
NINJAは移動手段として車を自在に運転できるフレンズなのです。すごーい!たーのしー!

内容はともかく演技やアクションはなかなか退屈せずに見られました。
特に迫真の演技にヨダレは欠かせませんからね。

ツッコミ属性で、更にツッコミに磨きをかけたい方にぴったりの作品です。
主演にまるで華がなく、最初は誰が主人公なのかわからない。

代わって、ケイリー=ヒロユキ・タガワの役名が「マスター・フミタカ」。なぜか崇められている。
彼が示す掟は、「どの一族も、どの忍者も、他を傷つけてはいけない。」

そして、この世界の忍者は超能力が使えて、パワー系タンクトップ黒人忍者の能力は、エコーによる"サーチ"。地味。

そんな中現れる唐突なゾンビ。
加えて、唐突な黒人忍者の優しさに腹筋崩壊。

ある種のカルト作品だろう。
くもり

くもりの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

忍者じゃなくてニンジャ。忍術じゃなくて超能力。ミュータントゾンビーズじゃなくてただのゾンビ。

ニンジャは車にも乗れる!

刀傷とかはつくけど、80階くらい上からエレベーターで落ちても無傷だよ!!

相手のニンジャのほとんどは超能力もとい忍術を使わない。

ゾンビが出てくるのは開始から1時間後で合計で出てくる時間も10分くらい。

そして皆、雷撃の術がお気に入りなんだね。

ていうか忍術って言わずに「パワー」って何回も言ってたしね。

龍の一族にセイレーンに破滅の一族、ニンジャはなんでもアリですね!!!

ラストはスターウォーズでしたしね!

ニンジャはライトセーバーもお手の物だよね!!!

しかも主人公っぽいやつが親玉にとどめを刺すんじゃないんかーい!!

主人公たち忍者装束着てなかったし超能力者だったし、実質、ニンジャvsミュータントゾンビーズの場面はありませんでしたね。

いやまあ、ニンジャは忍者にあらずなんですけどね!!!
左手は添えるだけ…。じゃなかった!ミュータントゾンビは添えるだけ…!
…あれ?デジャヴ…。

これもパッケージからイメージ膨らまして観てしまったのが間違いでしたね(^^; 9割NINJA vs NINJA でしたねぇ。

主人公が策略にはまり、脱出しようと乗ったエレベーターが最下層まで落下(これも策略)。最下層は侵入者を閉じ込めるための場所…そこにゾンビ!! まぁそこにゾンビの説明が何もなかったから、結局謎のゾンビ。出てくるまでも遅かった。(なんかさっきからデジャヴ)

見所はアクション!皆!観てくれよなぁ!!

…雑な〆かたでスミマセン…
出だしがロードオブザリングに3㍉似てた。

ミュータントゾンビっての出たか??
オープニングから期待を裏切らぬ
駄目っぷり

更に無理矢理いろんな人種集めた的な仲間たち


オープニングが終わるまで腹が痛くなる‼

人には薦めませんけど
個人的には色々てんこ盛り?で楽しみましたよ
マサ

マサの感想・評価

3.0
出た!!名前からしてB級、C級確定映画!そしてほとんどゾンビ出てこないじゃないか!!なぜそこに集まったのか、なぜゾンビがいるのか何もわからない…。そしてマスターとやら超ザコ!!さすがアメリカンニンジャ映画!!