先生! 、、、好きになってもいいですか?の作品情報・感想・評価

先生! 、、、好きになってもいいですか?2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:113分

3.4

あらすじ

「先生!好きになっても、いい?」 17歳、初めての恋は“先生”! 「自分がその人を好きだって―どうしてみんな、わかるんだろう」高校二年生の島田響は、いまだ初恋さえも未経験。そんな彼女は、ある日、ふとしたきっかけで隣のクラスの担任・伊藤貢作と言葉を交わすようになる。世界史の教師・伊藤は、ぶっきらぼうだが生徒思いのまじめな教師。居残り課題を手伝ってくれたり、夜道で守ってくれたり…伊藤はいつも響に優…

「先生!好きになっても、いい?」 17歳、初めての恋は“先生”! 「自分がその人を好きだって―どうしてみんな、わかるんだろう」高校二年生の島田響は、いまだ初恋さえも未経験。そんな彼女は、ある日、ふとしたきっかけで隣のクラスの担任・伊藤貢作と言葉を交わすようになる。世界史の教師・伊藤は、ぶっきらぼうだが生徒思いのまじめな教師。居残り課題を手伝ってくれたり、夜道で守ってくれたり…伊藤はいつも響に優しかった。そんな優しさに触れ、伊藤を“好き”だと自覚した響は、一直線に恋に走りだすが―。

「先生! 、、、好きになってもいいですか?」に投稿された感想・評価

SyoCINEMA

SyoCINEMAの感想・評価

4.1
滅茶苦茶良くてびっくりした。広瀬すずちゃんの今しか見られない表情が余すところなく収められていて、そういう意味でも永久保存版だと思う。「怒り」以降の彼女は、頭一つ抜けている。

しかしこの作品、よく考えれば実に周到な座組みだ。日本の若手女優で断トツの演技力をほこる広瀬すずの初ラブストーリー、相手役はジャニーズきっての演技派・生田斗真。監督は青春恋愛映画の魔術師・三木孝浩。脚本は「あの花」の岡田麿里。原作は敢えての「先生!」と役者に合ったしっとりした作品をチョイス。しっかりと練られた、なんとも隙のない企画だ。これは企画勝ちだと思う。売れてる漫画に旬の俳優をポーンと放り込んだキラキラ映画とはモノが違う。熟考された上でのメンツだ。

勿論、竜星涼くんや森川葵ちゃんのパートはキラキラしてて苦手な方は苦手なんだろうけど、そこは三木監督。日常の地続きに溶け込ませるのが非常に上手い。個人的に「君の名は。」を日本で実写化するなら彼にやってほしい。新海誠作品との相性、絶対いいと思う。

そして本作の肝は、生田くんをして「史上最も可愛い広瀬すずが見られる」と言わしめたすずちゃんの演技だ。
彼女の素晴らしさの1つは、リアクションの演技にある。相手役からセリフを受けた際の反応が、抜群に上手い。是非今度、「怒り」や「海街diary」、「三度目の殺人」の彼女を見てほしい。いわゆる「受けの演技」がずば抜けている。
これはすなわち、空気を作れる女優さんだということだ。彼女は喋らなくても場の空気に溶け込めるばかりか、「空気で演じる」ことができる。
本作では、そんなすずちゃんの特性がフルに発揮されている。生田くん演じる伊藤先生の一挙手一投足に反応する彼女の演技は、驚くほど「素」だ。そしてまた、生まれて初めて芽生えた恋心に対する戸惑いや照れ、高揚感などがセリフなしに伝わって来る。

ただ、すずちゃんはうますぎる結果、主演になるには作品を選ぶ女優さんなのかもしれないとも思う。「ちはやふる」の千早のように全身でパワフルなキャラなら良いかもしれないけど、彼女は演技が繊細すぎる故に、大人しい印象を与えてしまうのだ。
でも、今回はそれが完全にハマった形。本来ヒロインになるには慎ましやかすぎるキャラクターを、同じように慎ましい演技を得意とするすずちゃんが演じることで、びっくりするほどシンクロしている。
さらに、そこをサポートするのは百戦錬磨の生田くんだ。「彼らが本気で編むときは、」で圧巻の演技を見せた彼は、本作でも味わい深い演技を披露。寡黙なキャラだけに纏う空気や目線で伝えなくてはならないけど、本当に見事に伊藤先生の苦悩を表現していた。

ストーリーも、先生と生徒の関係性の変化を、じれったいくらい丁寧に描いている。教師同士で恋愛しすぎだろとか美術教師のキャラなんとかならんかったんかお局かよとかある、あるけども!それは恋愛漫画のお約束なので大目に見つつ、ヒロインと先生の関係性に絞れば、なんともピュアで切ない、しかも「許されない恋」ということを丁寧に丁寧に綴った作品だった。SNSで醜聞が拡散していく演出、あの独特の苦味は岡田麿里さんらしい仕掛けだし、ヒロイン側の視点にも、先生側の視点にも立つことができるように最新の注意が払われており、「●とJ●」のような「おいどういうことだポリスメン!」みたいな頭を抱えることにならないよう、気が配られている。

長くなってしまったけど、一言で言うと「広瀬すずが死ぬほど可愛いから見てくれ」になる。これは、もう、すごいぞ。

映画というのは、俳優の最も良い瞬間を瞬間冷凍するものだと思うけど、間違いなく「史上最も可愛い広瀬すず」が本作にはきっちりと収められている。あ、これって生田くんと同じだ。
それだけで、「ありがたやありがたや」と手を合わせたくなる出来だけど、やっぱり周到に練られた企画というのが、本作の質が抜群に高い理由なんだろうな。
漫画原作の恋愛映画は苦手!という人にこそ、「こんなにすごいぞ」と見せたくなる、そんな映画だった。

本当に良かったから、ソフトが出たらもう一度見たい。自分は既婚だけども、滅茶苦茶恋がしたくなった。
ddd

dddの感想・評価

2.9
他の少女漫画実写化よりは良かったと思う。でも1ヶ月後には内容忘れてそうなぐらい薄味の映画
おすし

おすしの感想・評価

3.6
生田斗真好きになってもいいですかって感じキュンとした
M

Mの感想・評価

4.6
あああああ。苦しい苦しい苦しい。
始まってから終わった後もずっとずっとずっと胸が苦しい

島田響になりたい島田響になりたい島田響になりたい。本当に。
伊藤先生がかっこよくてかっこよくてかっこよくてかっこよくて。
かっこよすぎて胸が苦しくて張り裂けそうで見終わった後の余韻で胸が苦しい。
映画見てこんなに苦しいの味わったことない。
伊藤先生たまらないというかもうすきすぎる。かっこよすぎて涙止まらないです本当に。伊藤先生の空気感と伊藤先生を撮るアングルが素晴らしすぎて神すぎて私のドフェチというかどストライクすぎて苦しい。
とにかくかっこよくて胸がぎゅーーーってなってる。

なんか山崎賢人とか菅田将暉とかそういう俳優の安そうな恋愛映画とかはクソみたいにつまんないし見る気にもなんないけどこんなに主人公がタイプの人になるだけで見方がかわって素晴らしい映画になるもんかと。まあでも他の映画を生田斗真がやったとしても伊藤先生は超えられない。
とにかくも伊藤先生。伊藤先生苦しいよーーー。

こんな気持ちになったの初めてで。
ドラマとか映画とか見てあの人になりたいとか今まで思ったことないしそれは映画の中のドラマの中の役としか見てなかったけど、こんなに島田響になりたいと思ってる今。伊藤先生はあああああん。

映画館で見なくてよかった。あ、いや、あの大画面で伊藤先生見たかったけど見てたら確実に過呼吸になってた。DVDで見終えた今ですら呼吸が落ちつかない。

伊藤先生にほし4つ。
すずじゃなかったらプラス0.5
内容はありきたり。でも内容どうこうより伊藤先生が苦しくて内容なんて評価する対象にも入ってこないレベル。
もし仮にこれが生田斗真じゃなくて嵐の誰かとか人気の俳優とかならほし1つ。
胸キュン映画とか全く胸キュンしないけど、普段みんなこんなにキュンキュンしてるの?いやこれはそのキュンキュンとは違うんだよなあ。あーーーなんだこの気持ち。
とにかくとにかく
伊藤先生。伊藤先生。伊藤先生。

島田響になりたい
夢の中だけでもいいから島田響になって伊藤先生を席に座って眺めて毎日伊藤先生に会うのは楽しみに学校行ってたまに話せたらすんごい嬉しくて勉強教えてもらえてたまらなくなって伊藤先生に叶わない恋をしたい。伊藤先生をずっと眺めていたい。
島田響になりたい。
とし

としの感想・評価

3.1
教師と生徒の禁断の恋。ダメだからこそ燃え上がるのかも。まっすぐで純情な気持ちは若さの特権だけど逆に大人はまっすぐ来られると躊躇する。ちはやふるの千早役とは違うかわいさ全面の広瀬すず。そして生田斗真みたいな先生がいたらそりゃ〜女子は惚れるよ。
saya

sayaの感想・評価

3.5
何かのインタビューで生田斗真が広瀬すずちゃん抱きしめたときほんとに壊れちゃいそうなくらい小さくてって言ってて、あ~このシーンか~♡と胸きゅんハンパなかったです。
教師と女子高生の禁断の恋。果たして男の浪漫か、女子高生の憧れか?それはともかく、生田斗真と広瀬すずの抑え目な演技に思わずハードル下がります。なにより、量産映画的なストーリーを、ちゃんと映画のトーンにしてみせた三木監督の手腕。この手の映画に1番合う監督かも。
広瀬すずは本当に少女漫画から出てきたような可愛さと透明感。
生田斗真は眼鏡が似合う。

ストーリーは、予告編を見て"こうなるんだろうな"っていう予想をまったく裏切らないです。笑
予告編にいい場面出しすぎじゃないかと思うほど。

高校生活のキラキラしたまぶしい感じとか、太陽の光がとても綺麗にうつされてたように感じた。

先生との恋はなかったけど、高校時代に少しだけ戻りたくなった。
地元で撮影してたから見慣れた風景が久しぶりに見れて懐かしかった〜。
>|