I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザーの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザー2015年製作の映画)

I Am Your Father

上映日:2017年01月07日

製作国:

上映時間:83分

3.5

あらすじ

「スター・ウォーズ」シリーズEpisode4~6で、ダース・ベイダーのスーツアクターを演じた“デヴィッド・プラウズ”。しかし、撮影期間中に製作陣とのトラブルが原因で、Episode6で、ベイダーがルークに自分が父親である事を告白する名シーンを演じる事が出来なかった。本作で監督は、当時のSWスタッフ・キャスト等に取材を敢行し、デヴィッドとルーカスフィルムとの関係がこじれた経緯を検証、一体何があった…

「スター・ウォーズ」シリーズEpisode4~6で、ダース・ベイダーのスーツアクターを演じた“デヴィッド・プラウズ”。しかし、撮影期間中に製作陣とのトラブルが原因で、Episode6で、ベイダーがルークに自分が父親である事を告白する名シーンを演じる事が出来なかった。本作で監督は、当時のSWスタッフ・キャスト等に取材を敢行し、デヴィッドとルーカスフィルムとの関係がこじれた経緯を検証、一体何があったのか?真実を探求していく。デビッドが名シーンでダース・ベイダーを演じるべきだったと考える熱烈なSWファンは多く、そのファンの為に、そして何よりデビッドの為に、彼が失った栄光を取り戻そうと衝撃のプロジェクトが動き出す。

「I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザー」に投稿された感想・評価

マト

マトの感想・評価

3.3
周辺の人々へのインタビュー中心の、いかにも欧米にありがちな嫌いなタイプのドキュメンタリー映画の形式だったが、それでもルーカスフィルムとダースベイダーの中の人にこういう確執があったことは知らなかったし、興味深かった。
何があったにせよ、ファンはみんな彼に敬意を表しているのだから、いつの日か和解してプラウズさんもレジェンドの一人として正式に認められる日がくることを願わずにいられない。そして今回撮影されたプラウズさん本人が演じた素顔のダースベイダーのシーンも晴れて公開されるといいなと思う。
いの

いのの感想・評価

-


役がその人の人生を丸ごと食ってしまう、そんなことがあると言われているが、そんなことはなかった。デヴィッド・プラウズ氏においては。


悪役を演じたこの方は、自らは暗黒面へと落ちてはいかなかった。
想像を絶する程の苦難があったのだろうと、私は推察することしかできないけど、でも、彼の精神の健全さが、暗黒面からの誘いをはねつけたのだろうと思う。このドキュメンタリーを観たらどれ程複雑な心境に私は陥ってしまうのか、覚悟して観たけど、それは杞憂に終わりました。きっと、デヴィッド・プラウズ氏の健全さが、暗黒面に落ちそうな私を、救ってくれたのだと思う。


ダース・ベイダーを愛している、このドキュメンタリー映画の製作者が、愛しているからこそ、公平であろう・誠実であろうとする、その姿勢が伝わってきて、観て良かったと思いました。私にとっては、今、観て良かった。
chaaaanpon

chaaaanponの感想・評価

3.5
ファンがつくったにしてはハイクオリティ、映画作品としては少しチープ といった印象でした。
作り手の気持ちが反映されすぎなためか、物事の裏側を映したり、真実を解き明かしたり…という側面のあるドキュメンタリーにはなりきれていないのかなと思いました。

マスクの下の人の話は知らなかったーいまのいままで確執が続いているなんてなんだか悲しい。どんな理由があっても、仕事を一緒にする相手には敬意を払ってほしいよね。もう後に引けなくなってしまっているだけなんじゃないかしら
顔も映らず、声も違う人…
俳優としてはなんとも辛いよなあ。

でも、あの歩き方やしぐさに
私は惚れたよ!カッコイイ!

立ち振る舞いは真似できないから
素晴らしい方だと思います。

最終的には、ヘイデンに編集されてるし…
asaka

asakaの感想・評価

3.4
面白い。ちょっとミスリードしたがるとこと、企画者が顔出し過ぎなのと、改めてあのシーンを撮影したのは感傷的すぎないか、って思った。
誰がなんと言おうと、彼がダースベイダーに変わりはない。
ファンが勢いあまってドキュメンタリー映画を作ってしまったという感じの作品。この作品の監督がやたら出てきて自分語りが多いのが気になった。作品としてはピープル対ジョージルーカスとかの方が良くできているが、ダースベーダーの中の人の名誉回復という意味では意義がある作品かもしれない。
matsunikki

matsunikkiの感想・評価

3.6
スターウォーズ関連のドキュメンタリーのエルストリーがあまりにもつまらなかったから、観るのやめようと思ったけど、エルストリーに比べたら、かなり面白かった。
映画史に残る作品に関わると苦労するんだなぁ。
エピソード8を観た今回、レビューを書いていなかった
スターウォーズものを書いていこうと思う。

アイアムユアファーザー。ドキュメンタリー。
スターウォーズのスーツアクターだった
デヴィッド・ブラウズのドキュメンタリー。
(エルストリー1976)よりは面白かった。
だけど、違和感はあるかな。

大男だから選ばれたスーツアクターに
声を差し替えたり、ここ一番の重要な
顔を出して演技が必要なシーンに別の役者を
用意するのは、普通というか、僕でもやるよって
思ってしまうんだよね。
いったい最初にどういう契約をしたんだろうね?

片や映画史に残るアイコンを生んでおきながら
公式イベントにも呼ばれないのに
片やC-3POのアンソニー・ダニエルズのように
航空会社のイベントに大歓迎で呼ばれる。

悲劇以外の何物でもないけど、
共感もできないなんだよね〜。
KUBO

KUBOの感想・評価

3.6
おもしろいドキュメンタリーだったなぁ。テーマに関心が深いと、おもしろさも倍増するね。

「スター・ウォーズ」エピソード4〜6にかけて「ダース・ベイダー」を演じた「デヴィッド・プラウズ」氏のドキュメンタリー。

デヴィッド・プラウズは、主にハマー・フィルムの怪物役などを演じていた身長2メートルを超す長身の俳優。「時計じかけのオレンジ」にも出演していた(らしい)。

スーパーマン役に立候補するが、リチャード・ドナー監督に頼まれたのはクリストファー・リーヴの肉体改造のためのコーチだったという逸話もある。

「スター・ウォーズ」のキャスティングでは、最初は「チューバッカ」とどっちがいい?って聞かれたらしい。

だが「スター・ウォーズ」の撮影は円満ではなく、デヴィッドを単なるスーツアクターとしてしか考えていなかったジョージ・ルーカスは、全てしゃべっていたデヴィッドのセリフを編集でジェームズ・アール・ジョーンズの声に差し替えたのだ。この辺りからデヴィッドにはルーカスフィルムへの不信感が芽生える。

デヴィッド・プラウズは「新たなる希望」公開後のインタビューで「次回作があるなら、ベイダーがルークの父ならおもしろいね」と言っている。そして、このインタビュー記事が世に出た時期は、リー・ブラケットが「帝国の逆襲」の初稿を書く前なのだ! この発言にルーカスフィルム側からデヴィッドに対する不満が起きる。

さらに「帝国の逆襲」での、あのセリフである。撮影時には台本には「オビ=ワンがお前の父を殺した」と書かれていたのを、撮影後に「I am your father」に書き換えたと言うのだ! 実際には音声は撮影後の編集で加えたので、デヴィッド・プラウズがそれを知ったのは劇場でジョーンズが吹き替えたセリフを聞いた時で、デヴィッドは完全に蚊帳の外だったのだ。

そして「ジェダイの帰還」のラスト、ついにマスクを外すシーンで、アナキン役は「セバスチャン・ショウ」に差し替えられた。デヴィッドの気持ちを考えればやりきれない。

本作の監督マルコス・カボタは、「ジェダイの帰還」の奪われたシーンを撮り直すために、デヴィッド・プラウズの奪われた栄光を取り戻すために、ある計画を立ち上げるが…

今でもデヴィッド・プラウズはルーカスフィルムからスターウォーズの公式コンベンションへの参加を拒否されている。

エンドロールには様々なモンスタームービーに出演した仮面を被ったアクターたちの素顔がフィーチャーされ、その最後に「マスクの下の俳優たちに捧げる」というメッセージで終わる。

大好きな「スター・ウォーズ」にこんな不幸な話があるのは残念だが、私たちファンはデヴィッド・プラウズの名前を忘れない。「スター・ウォーズ」ファン必見のドキュメンタリー映画です。
くるみ

くるみの感想・評価

3.5
「マスクの下の俳優たちに捧げる」
こういう訴えのある映画も必要だ〜