I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザーの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザー2015年製作の映画)

I Am Your Father

上映日:2017年01月07日

製作国:

上映時間:83分

3.5

あらすじ

「スター・ウォーズ」シリーズEpisode4~6で、ダース・ベイダーのスーツアクターを演じた“デヴィッド・プラウズ”。しかし、撮影期間中に製作陣とのトラブルが原因で、Episode6で、ベイダーがルークに自分が父親である事を告白する名シーンを演じる事が出来なかった。本作で監督は、当時のSWスタッフ・キャスト等に取材を敢行し、デヴィッドとルーカスフィルムとの関係がこじれた経緯を検証、一体何があった…

「スター・ウォーズ」シリーズEpisode4~6で、ダース・ベイダーのスーツアクターを演じた“デヴィッド・プラウズ”。しかし、撮影期間中に製作陣とのトラブルが原因で、Episode6で、ベイダーがルークに自分が父親である事を告白する名シーンを演じる事が出来なかった。本作で監督は、当時のSWスタッフ・キャスト等に取材を敢行し、デヴィッドとルーカスフィルムとの関係がこじれた経緯を検証、一体何があったのか?真実を探求していく。デビッドが名シーンでダース・ベイダーを演じるべきだったと考える熱烈なSWファンは多く、そのファンの為に、そして何よりデビッドの為に、彼が失った栄光を取り戻そうと衝撃のプロジェクトが動き出す。

「I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザー」に投稿された感想・評価

ktrmrt

ktrmrtの感想・評価

4.8
マスクをつけたデヴィッドのベイダー姿を見た監督のあの顔だけでものすごい泣けた

エンドロールでまた泣けた
いいドキュメンタリー

デヴィッドの息子がルークってあだ名で呼ばれてたの羨ましすぎる
ベイダー卿の中の人のお話

なんで当時こんな事しちゃったのかしら…
こんなに功績を残してるヴィランはいないのに!

マスク外したシーンの再撮影映像はやはり公式じゃないからこのドキュメントでも観られないのね。。いつかファンの皆んなが観られるようになるといいな。
邹启文

邹启文の感想・評価

3.7
全体的に面白かったけど、製作陣がスター・ウォーズを敬愛していたことと、インタビューシーンをアクションシーンに出来なかった所が足を引っ張っちゃったんだなぁと
正直ぼくが監督した方がもっと面白くできたし、もっとアクション映画として楽しめる映画にできた、はず。上映時間さらに20分プラスすることになるけども
Anna

Annaの感想・評価

-
旧三部作でダース・ベイダーを演じたデイヴィッドさんのドキュメンタリー。彼はダースベイダーとして貢献したのに、クライマックスで素顔を見せるシーンでは、他の人に変えられてしまっていたのを本人が映画を見て初めて知った…確執なんて悲しい。俳優としてのプライド、栄光はやっぱり正当に評価されるべきだと思いました!
Losers28

Losers28の感想・評価

3.2
そういえばダースベイダー役の人はあまり取り上げられないなーと思ってたけど、こんな理由でだったなんて正直ショック。
どんな確執があったにせよ壊れた関係はやり直して欲しい…

この作品を見て最初に思ったのは、悲しいというより腹立つなーって感情。マスコミやメディアは相変わらず、スクープの為ならどんな影響が出るかとか誰に迷惑がかかるかも考えない。
それが仕事だからなんて言い方をすれば許されると思うな、と言いたい。

更に許せないのは情報をリークした何者か。金に目が眩んだか単なる悪ノリか別の理由か。なんにせよそいつのせいでデヴィッド氏は酷い目に遭った。
大勢関わるからそういう奴も居るのかもしれないけど、裏切りという言葉では済まされない悪意だと思う。今更無理だろうけど、犯人を見つけて罰を与えて欲しい。

もう高齢のデヴィッド氏の名誉の為にも、この作品をより多くの人が見てくれることを祈ります。
エンドロールの怪物役者達の写真が印象的でした。
babygrand

babygrandの感想・評価

3.8
スター・ウォーズの旧三部作でダース・ベイダーを演じたデイヴィッド・プラウズさんにフォーカスを当てたドキュメンタリー映画。

人それぞれの人生にはドラマがある。
それが映画史に確実に残るヴィランを演じた人なら尚更。

D. プラウズさんはルーカスフィルムから嫌われて公式イベントには出禁になっていることは知ってたが、この映画の通りだと可哀想すぎる。 (ルーカスフィルム側の説明も聞きたい)
同じくチューバッカを演じた方は高齢にも関わらず、最近の「フォースの覚醒」に丁重に出迎えられチューバッカ役を演じてもらったこととは対照的。

この映画を通してD.プラウズさんにスポットライトを照らして彼を救おうとすると同時に、子供の頃からスター・ウォーズが大好きだったこの映画の監督(スペイン人の方)が子供の頃の夢を叶う過程を記録した映画でもある。



*D.プラウズさんに以外に当時のプロデューサーの方達や仲間役者もインタビューに応じているのでS.Wファンならきっと面白いと思う。
個人的には「エルストリー1976」よりは良かった 。

あとスター・ウォーズ関連のドキュメントを何作か続けて見ると関係者の他にもインタビュアーも結構被っているような気がするw
DaiSugi

DaiSugiの感想・評価

3.5
マスクの下の俳優たちに栄光あれ

スターウォーズファン、
ダースベイダーファンは
必見の一作!
ダースベイダーのコスチュームを
来ていた俳優と
ダースベイダーの声を演じた俳優と
マスクの下の顔を演じた俳優が
それぞれ違うことは知っていたけど
裏で何が起きていたかまでは
まったく知らなかった!
と同時に、ダースベイダーの動きを
演じたデビッドプラウズに
敬意を評したくなる!
ドキュメンタリーの後半で
再撮影された映像は
いつか必ず公開してほしい!

私がダースベイダーだ
新作への期待が高まる中『スター・ウォーズ』のダース・ベイダーの中に入っていたデヴィッド・プラウズを追ったドキュメンタリー。

彼は旧三部作でダースベイダーを演じたが顔を出す時や声は代役を立てられた。
ある事によってルーカスフィルムと溝が生まれ、公式のイベントに今でも呼ばれることはない。
なぜそうなったのかを追求するよくできたドキュメンタリーです。

とても不運な運命だなと…。
しかし彼はいまだに公式のイベント呼ばれるように努力している。
ひどい仕打ちにあってもスター・ウォーズへの愛が溢れた方だと感じた。

彼の息子のインタビューで「父はダースベイダーを演じた以外にいろんな功績を残した。僕たちを立派に育ててくれたりね」って言葉にジーンとした。。。

もちろんルーカスフィルム側はこの映画に協力的でないので、スターウォーズの映像が出てこないのが残念…。
スーツアクターの人も立派な俳優であり、登場人物の一人なんですよ!
にら

にらの感想・評価

-
SWといえば、真っ先に思い浮かぶのがダース・ベイダー。
それほどまでに印象が強く、誰もが知っている悪役。
ファンの一人として、真実を知って………ルーカス監督への信頼度は駄々下がり。
なぜにマスク外したシーンだけ、代役を用意して、デヴィッド本人に伝えず、しかも除外されるような形になるのかが不思議でしょうがない………映画業界のダークサイドをみれた気がする。
視聴者にとっては、好きか嫌いかという形にしか受け取らない。
作り手の大変さや、ましてや役者の状況などは全くもって知らないから………
また4~6を見返した時、真実をみたからこそ見方が180度変わるだろうなとすごく思いながらみていた。
あとダース・ベイダーのマスク外すシーン、デヴィッドさんでの映像が見れないのが辛い………いつかは見たい!!
魔球

魔球の感想・評価

3.0
リアルな世界でも闇深いダースベイダー。
よくSW公開できたなと思う。