I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザーの作品情報・感想・評価 - 8ページ目

I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザー2015年製作の映画)

I Am Your Father

上映日:2017年01月07日

製作国:

上映時間:83分

3.4

あらすじ

「スター・ウォーズ」シリーズEpisode4~6で、ダース・ベイダーのスーツアクターを演じた“デヴィッド・プラウズ”。しかし、撮影期間中に製作陣とのトラブルが原因で、Episode6で、ベイダーがルークに自分が父親である事を告白する名シーンを演じる事が出来なかった。本作で監督は、当時のSWスタッフ・キャスト等に取材を敢行し、デヴィッドとルーカスフィルムとの関係がこじれた経緯を検証、一体何があった…

「スター・ウォーズ」シリーズEpisode4~6で、ダース・ベイダーのスーツアクターを演じた“デヴィッド・プラウズ”。しかし、撮影期間中に製作陣とのトラブルが原因で、Episode6で、ベイダーがルークに自分が父親である事を告白する名シーンを演じる事が出来なかった。本作で監督は、当時のSWスタッフ・キャスト等に取材を敢行し、デヴィッドとルーカスフィルムとの関係がこじれた経緯を検証、一体何があったのか?真実を探求していく。デビッドが名シーンでダース・ベイダーを演じるべきだったと考える熱烈なSWファンは多く、そのファンの為に、そして何よりデビッドの為に、彼が失った栄光を取り戻そうと衝撃のプロジェクトが動き出す。

「I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザー」に投稿された感想・評価

RETURN OF DAVID PROWSE!

SWを想う気持ち、
DAVIDを想う気持ち。

いろんな想いや熱量の詰まった傑作。
いち麦

いち麦の感想・評価

5.0
旧三部作でダース・ベイダーを演じたD.プラウズの痛恨、ルーカスら製作陣との仲違いの真実を解き明かしていく。輝かしい歴史の陰で陽の目を見なかった立役者のドラマがとても胸に響いた。
Takadylan

Takadylanの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ダースベイダーの裏側やデビッド・プラウズの苦悩などを垣間見れたのが良かったけど、結局作中にもあった「互いに非がある」って言葉が一番しっくりくるなぁと思ってしまった…
涼風

涼風の感想・評価

-
エルストリーが時間合わず、こちらを。

確執があったことは知らなかったが、
解決方法はこれなんだろうか?

踏みにじられたのは分かるが、
だからって踏みにじりかえしたら、
なんかそれは違くないか?

ベイダーが3人の役者で演じられていたのは周知の事実で知らぬものはいない。
そこで喧嘩売る必要あるだろうか…

なんか監督の悪意をすごく感じる。
それをマスクの下の人でくくるのはズルい。

ならもっと他の役者にも焦点あてて、それを主題にすればいいのに。

エンドクレジットに感動しそうになるが、とってつけたように見えるのは言い訳として利用してるのが見え透いているからじゃないだろうか。
martroniks

martroniksの感想・評価

2.5
「ベイダーの中の人」についてのドキュメンタリー。
ドキュメンタリーフィルムとしては演出が過剰であまり好きではなかった。
内容については、スターウォーズの事ならなんでも知りたいというファンなら観るべきかもしれないけど、一般的なファンにとっては観た事を後悔する事になりかねないと感じた。中に出てきた関係者の「映画業界は薄汚いしエゴも多い」というコメントが全てだと思った。
個人的には観た事を後悔したけど、エンドロールの出し方に一工夫あってほっこりした。
あとローグワンに出てきたダースベイダーを見た時の違和感の正体が分かってある意味スッキリした。
なおと

なおとの感想・評価

3.0
「こんな人が演じてたんだぁ」という人が多いかもしれない。
でも自分にとっては中学生の頃から、
ダース・ベイダー=デビッド・プラウズ
だった。

サイン会があるということで、買ったベイダーマスクに直筆サインをしてもらった。

でも、本人がこんなに報われないような扱い方をされていたとは知らなかった。

撮り直した映像をぜひとも観てみたい!
Hikaru

Hikaruの感想・評価

4.5
明けましておめでとうございます。今年は見た映画全レビュー目指します。

『No. I am your father』
ダースベイダーの中の人を演じながらもイングランド訛りのためにこのセリフを言う機会を与えてもらうことが出来なかった俳優デヴィッド・プラウズ。
セリフは全てジェームズ・アール・ジョーンズが担当している。
プラウズはある事件が起きたためにエピソード5以降不当な扱いを受けることになる。
プラウズとルーカスフィルムとの確執は今も消えてはいない。
確かにダースベイダーを創造し作り上げたのはジョージルーカスだがそれに命を吹き込みダースベイダーを完成させたのはデヴィッド・プラウズなのである。
演じるということはその後の役者の人生をも左右する。
mokomoko

mokomokoの感想・評価

4.0
トリビア的ネタをちりばめながらダース・ベーダーに命を吹き込んだプラウズ氏の尊厳を問う社会的な内容が興味深い!権利上観る事ができなかった終盤の映像をいつか観てみたい。
845cinema

845cinemaの感想・評価

3.5
監督自身が前へ前への傾向はあるが、こうやってデヴィッド・プラウズに光が当たる事自体に価値があると思う。見慣れた姿のため意識していなかったけど、肉体の説得力あってのダース・ベイダーだったのかな。チューバッカとの二択だったそうだけど、ご本人はチューイが似合いそうな感じだった。
Mizuki

Mizukiの感想・評価

4.5
ドキュメンタリーとしても、スターウォーズ映画としても満足でした。

これはスターウォーズファンなら観るべき!!
そしてSWファンに悪いやつはいない!

今は亡き方々の姿。
Rest in peace