I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザーの作品情報・感想・評価 - 8ページ目

I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザー2015年製作の映画)

I Am Your Father

上映日:2017年01月07日

製作国:

上映時間:83分

3.5

あらすじ

「スター・ウォーズ」シリーズEpisode4~6で、ダース・ベイダーのスーツアクターを演じた“デヴィッド・プラウズ”。しかし、撮影期間中に製作陣とのトラブルが原因で、Episode6で、ベイダーがルークに自分が父親である事を告白する名シーンを演じる事が出来なかった。本作で監督は、当時のSWスタッフ・キャスト等に取材を敢行し、デヴィッドとルーカスフィルムとの関係がこじれた経緯を検証、一体何があった…

「スター・ウォーズ」シリーズEpisode4~6で、ダース・ベイダーのスーツアクターを演じた“デヴィッド・プラウズ”。しかし、撮影期間中に製作陣とのトラブルが原因で、Episode6で、ベイダーがルークに自分が父親である事を告白する名シーンを演じる事が出来なかった。本作で監督は、当時のSWスタッフ・キャスト等に取材を敢行し、デヴィッドとルーカスフィルムとの関係がこじれた経緯を検証、一体何があったのか?真実を探求していく。デビッドが名シーンでダース・ベイダーを演じるべきだったと考える熱烈なSWファンは多く、そのファンの為に、そして何よりデビッドの為に、彼が失った栄光を取り戻そうと衝撃のプロジェクトが動き出す。

「I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザー」に投稿された感想・評価

Mizuki

Mizukiの感想・評価

4.5
ドキュメンタリーとしても、スターウォーズ映画としても満足でした。

これはスターウォーズファンなら観るべき!!
そしてSWファンに悪いやつはいない!

今は亡き方々の姿。
Rest in peace
caramel

caramelの感想・評価

1.7
WOWOWにて、SW関連の一作としてOAされていたので、鑑賞。

ドキュメンタリーとしては作り手の思い入れにだいぶ偏った作品ではあるが(まあ、ドキュメンタリーは往々にしてそういうものであることは観る側は覚悟のうえで見なければいけないのだけど)

こういうことが華やかなSWの世界の裏で起きていたんだ、ということが知れて興味深かった。

ディヴィッドこそ、まさにダークサイドに堕ちてしまったひとりだったと考えると、その役柄も含めてとてもせつない。
が、ダースベイダーに「演者がいる」と意識させない演出あってのSWシリーズの成功だったかもしれない。ただ、もし本当にそういう意図なら、ルーカス側ももう少しやりようがあったよね..

まあ、口は災いのもと、ってことでしょうか
これ観て、ローグ・ワン観るとディビッド・プラウズのスタイルの良さがわかる。

色々あるんだろうけれど、もう許してやってよーって思う。

このFilmarksのキャストにもクレジットされないのはかわいそすぎる。
※ストーリー解説

映画史上最も有名なスターウォーズの悪役 ダース・ベイダーを演じた俳優で有るにもかかわらず、製作陣営に阻まれ・疎まれ、スターウォーズの公式イベント、出入り禁止にされた英国人・俳優のデヴィツド・プライズの
数奇??な人生を綴った・まくったドキュメンタリー映画見たいです。

I AM YOUR FATHER (アイ アム ユア ファーザー)

上映時間:82分 公開日
映画.comでは82分と書いてあります。
(日本):2017年1月7日 土曜日より
公開。

配給会社:インターフィルム

このレビューはネタバレを含みます

ベイダー卿の中の人、デヴィッド・プラウズとルーカスフィルムの確執話が中心。『セバスチャン・ショウが演じたベイダー顔出しシーンをプラウズ版で撮りなおして公開したい』なんちゅ~まぁ勝手な事を内々で企んでたみたいだけど、作るのはまだしも公開だなんてルーカスフィルムが許すわきゃ~ないよね・・。ぶっちゃけ見たいかどうかも微妙だからいいけど・・。

*なんにしても肝心のルーカス本人のインタビューがとれなかったのが悔やまれる。

WOWOW録画で初見
aloniatree

aloniatreeの感想・評価

4.0
C3POやR2D2やチューバッカの俳優さんは知ってましたが、ダースベイダーの俳優さんて、そういえば全然出ないよなーと思っていたら、こんな悲しい出来事があったんですね。。。

こんな大きな映画になってしまい、
翻弄される俳優さんの人生と、
大きなお金が動くビジネスの裏側というか、闇というかが垣間見られます。

デヴィッドさんの誤解を解き、
あのシーンを撮ったこの監督さんの
心意気がよかった!

なんだか観終わったあと、
複雑な気持ちになりました。

なんだかな〜
かぜ

かぜの感想・評価

4.5
スターウォーズ好き必見!
ダースベイダーにまつわる知られざる過去が明らかに。

誰が正しくて誰が間違っているかなど、そんなことはわからないがとても悲しい物語であると感じた。
駄猫

駄猫の感想・評価

4.5
ダース・ベイダーの中の人のドキュメント。
ということで興味津々で鑑賞。
いや~、まさかこんなことになっているとは。
もちろんそれはほんのごく一部だけど、エンタメ業界の暗部を垣間見た感じ。
この作品はSW好きには一見の価値あり、ですね。
nait

naitの感想・評価

4.0
役に人生を捧げる。
それは人生が一変するということで、スゴく幸せであり残酷という表裏一体なのかもしれない。

稀代の悪役ダース・ベイダーの中の人、デビッド・プラウズ氏を追ったドキュメンタリー。
スターウォーズ関連のドキュメンタリーでもあるが、俳優で成功するというのがいかに困難であるかということがわかる。

ジョージ・ルーカス側のコメントがないから何とも言えないけど、ベイダーのちょっとした仕草で感情を表現したプラウズ氏の功績は事実。

スーパーマンのオーディションに落ちたのに、クリストファー・リーヴをスーパーマンの為に鍛えたとか、驚きエピソードの連続。

作品の監督がスターウォーズファンであるので、彼がデビッド・ブラウズ氏にある提案をする。
一生陽の目は見ないであろう。
だが、とても見てみたい。
映画史に残る悪役を演じた男、デヴィッド・プラウズの知られざる生涯と、彼に魅了された男の夢。数あるスターウォーズ関連のドキュメンタリーの中でも一番衝撃的だった。編集も素晴らしい。欲を言えば撮り直されたシーンを見たかったが、それさえ許さなかったルーカスフィルムの本性が映画全体を通して垣間見えたし、このスペイン人監督には称賛の拍手を送りたい。スターウォーズファン、特にダースベイダーファンなら絶対見るべき映画。アメージング。