さとうの人

貌斬り KAOKIRI 戯曲「スタニスラフスキー探偵団」よりのさとうの人のレビュー・感想・評価

3.6
美形俳優の顔切り事件を題材に映画を作る者たちによる推理劇・・・を上演する者たちによる推理劇

宣伝にある「超重量級エンターテインメント」というよりはミステリー色の方が強く感じる。人物の感情の動かし方が上手くて上手くて、「超重量級」とはその人間を描く上の重みなのかなとしみじみ。

劇中劇は戯曲の台本を読んだので、まさにその台本通り。 映画なのに舞台が見られるという点はちとお得感を感じた。

エンターテインメントとしてはまだ足りないものがあるけど、劇中劇とその周りの推理劇は悪くは無い