破裏拳ポリマーの作品情報・感想・評価

破裏拳ポリマー2017年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.1

あらすじ

幼き頃、誰もが持っていた、正義の心。誰もが憧れた、正義のヒーロー。 今、破裏拳ポリマーの“怒り”ともに“正義”が呼び起こされる!! 過激化する組織犯罪に対抗するため、警視庁と防衛省は極秘裏に提携し、重火器の無効化という防御能力と、単体で軍をも破壊できる絶大な攻撃力・機動力を持つ特殊装甲スーツ「ポリマースーツ」を開発していた。しかし、身につけたものが人知を超越した最強の力を手にいれられることに…

幼き頃、誰もが持っていた、正義の心。誰もが憧れた、正義のヒーロー。 今、破裏拳ポリマーの“怒り”ともに“正義”が呼び起こされる!! 過激化する組織犯罪に対抗するため、警視庁と防衛省は極秘裏に提携し、重火器の無効化という防御能力と、単体で軍をも破壊できる絶大な攻撃力・機動力を持つ特殊装甲スーツ「ポリマースーツ」を開発していた。しかし、身につけたものが人知を超越した最強の力を手にいれられることに危険性を感じた当時の警視総監は、開発を中止し、ポリマースーツは日の目を見ないはずだった…。 月日が経ち、新たに就任した警視総監の指示により警視庁は、ポリマースーツの開発を再開する。しかしテスト版ポリマースーツのうち、盗まれた3体が犯罪に使われ出してしまう。悪用されるポリマースーツを奪還するためには、手元に残ったオリジナル版かつ、完全版である1体を使うしかないが、このポリマースーツを起動させるためには、ある男の「声」でダイアローグコードを発する必要がある。その男とは、破裏拳流奥義を身につけ海外を転々とわたり歩く男・鎧武士(溝端淳平)であった。やがて正義の戦いの中で明らかになる国をも転覆させる大きな陰謀。戦い、裏切りを経て、明らかになる過去。そして赤いポリマースーツの秘密とはー

「破裏拳ポリマー」に投稿された感想・評価

2017年5月27日土曜日
T-joy新潟
104AMAZON

104AMAZONの感想・評価

3.0
ヒーローものってのは大体同じパターンなのに飽きずにみれるんだろ。
ザン

ザンの感想・評価

3.8
昭和のにおいプンプンだがカッコイイ。でも鈴木亮平の変態仮面に近いものを感じるのはなぜだろう。
hashb

hashbの感想・評価

3.0
PSP
WOWOW
日本のお家芸、“特撮モノ”で描くタツノコプロのヒーロー作品。同じタツノコプロの作品でありながら、作家性が爆発した『キャシャーン』、キャストから分かる通り、よりエンタメに徹した『ヤッターマン』とはクリエイターの違いでこうも違うのは興味深い。キャラクターとスーツアクション、これはこれでひとつの正解な気もする。この手の作品を108分間という時間で見慣れていないわたくしにとっては原幹恵と柳ゆり菜という目の保養が用意されとる辺りはとてもありがたかった。
2018.8.19.
WOWOW
ピピン

ピピンの感想・評価

1.0
ポリマーである必要性が全く感じられない誰得な作品。

そもそも負けまくりのポリマーの技を必死で盗もうとしてる敵の目的が意味不明。

ラスボス戦も負けまくりなのだが、謎の力に目覚めて、ピカッと光ると勝ってたという訳の分からない展開には度肝を抜かれた!

真面目に作る気が有ったのか疑わしいとさえ思える。
Osudake

Osudakeの感想・評価

2.6
期待どうりのB級SFアクション。

でも、笑いながら楽しめるのって、BかCまで。
期待や予想を大きく超えてDとかEになると手放しで楽しめないです。刑事役の山田裕貴の演技。
風来坊

風来坊の感想・評価

2.8
あえてのチープさ特撮感が良くてアクションシーンもカッコ良かった。原幹恵さんがセクシーで良かった。ストーリーはベタで優し過ぎました。
kottan

kottanの感想・評価

3.5
アニメ版ほぼ分からないけど、ポリマースーツカッコいい。タツノコプロ原作ならドラマ部分はもっと遊んでもいいかな。裸多め、生身アクション多いけど結構流れが止まっちゃうのは役者の力量なのかな?クライマックスのスーツ同士の戦闘シーンはワクワク感と迫力あって良かったのに。
何で借りてしもたんやろ…。
ノスタルジーやろな…。
タイトルがノスタルジーを刺激したんやな…。
>|