破裏拳ポリマーの作品情報・感想・評価

破裏拳ポリマー2017年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.3

あらすじ

幼き頃、誰もが持っていた、正義の心。誰もが憧れた、正義のヒーロー。 今、破裏拳ポリマーの“怒り”ともに“正義”が呼び起こされる!! 過激化する組織犯罪に対抗するため、警視庁と防衛省は極秘裏に提携し、重火器の無効化という防御能力と、単体で軍をも破壊できる絶大な攻撃力・機動力を持つ特殊装甲スーツ「ポリマースーツ」を開発していた。しかし、身につけたものが人知を超越した最強の力を手にいれられることに…

幼き頃、誰もが持っていた、正義の心。誰もが憧れた、正義のヒーロー。 今、破裏拳ポリマーの“怒り”ともに“正義”が呼び起こされる!! 過激化する組織犯罪に対抗するため、警視庁と防衛省は極秘裏に提携し、重火器の無効化という防御能力と、単体で軍をも破壊できる絶大な攻撃力・機動力を持つ特殊装甲スーツ「ポリマースーツ」を開発していた。しかし、身につけたものが人知を超越した最強の力を手にいれられることに危険性を感じた当時の警視総監は、開発を中止し、ポリマースーツは日の目を見ないはずだった…。 月日が経ち、新たに就任した警視総監の指示により警視庁は、ポリマースーツの開発を再開する。しかしテスト版ポリマースーツのうち、盗まれた3体が犯罪に使われ出してしまう。悪用されるポリマースーツを奪還するためには、手元に残ったオリジナル版かつ、完全版である1体を使うしかないが、このポリマースーツを起動させるためには、ある男の「声」でダイアローグコードを発する必要がある。その男とは、破裏拳流奥義を身につけ海外を転々とわたり歩く男・鎧武士(溝端淳平)であった。やがて正義の戦いの中で明らかになる国をも転覆させる大きな陰謀。戦い、裏切りを経て、明らかになる過去。そして赤いポリマースーツの秘密とはー

「破裏拳ポリマー」に投稿された感想・評価

2017年5月27日土曜日
T-joy新潟
クアラ

クアラの感想・評価

3.5
坂本浩一監督らしいエロかっこ良い映画でした!

昭和っぽい演出やアクション、ストーリーが古臭いながらも面白かった。
shiron

shironの感想・評価

5.0
面白かった〜!
久しぶりにアクションヒーロー物を観ました。

子供の頃に見たテレビアニメの記憶がうろ覚えで…ポリマーって、こんな話しだったっけ??ww
でも面白かった!

これだけ盛りだくさんな内容を、よくもまあギュギュッと詰め込んだものです。
物語のテンポも良く、時間的に描き足りない部分は役者の芝居できちんとカバー。(→長谷川さん流石です)( ^ω^ )b
回想シーンが効果的に挿入されていて、その絶妙なタイミングに思わず感情移入しちゃいました。
(;_;)

「この世に悪がある限り…」のキメ台詞に、最初は昭和ヒーローの薄ら寒さを感じていましたが、
ラストにはこのキメ台詞が最高にカッコ良く聞こえました。(≧∀≦)
今の時代に“正義”を口に出せることのカッコ良さ!
それに、主人公の内なる“正義”は親子の絆であり、自分を信じ続けてくれた人の思いも背負っている。
泣かせるねぇ。゚(゚´ω`゚)゚。

そして、なんと言ってもアクション!
見ていて楽しい派手なアクションと、見ていて思わず力が入ってしまうリアルなアクションとのバランスが良くて、ぐいぐい引き込まれました。

溝端淳平はアクション初だったのですね。後から知って驚きました。
だって、全く違和感が無かったし、鍛え上げられた筋肉も素敵でした〜。じゅるり。( ̄+ー ̄)

監督ご自身もアクションをなさるのですね。
どおりで踏み込みにこだわるなと思いましたww
漫画でも同じですが、踏み込みと体重移動がきちんと描けているアクションは、思わず見ている自分も力が入ってしまうんですよね〜。((o(^∇^)o))

それに、アクションにそれぞれのキャラの個性が出ているところも見所!
テルちゃんのキュートでコミカルなアクションとか、シャーロックの そこまでは強くないけど、そこそこは強いアクションとか。( 笑 )
レッグカスタム、アームカスタムもそれぞれ魅力的なアクションでしたが、個人的にはやっぱりアルテミス!!
美しさと強さを兼ね備えた女ポリマー!
華麗な空中戦に関節技も決まって。嗚呼、あの太ももに挟まれたい(*´Д`*)
ポージングもカッコ良くって痺れます。
一番お気に入りのエピソードなので、もっともっと掘り下げてほしい気持ちもありましたが、あまり寄り道すると本筋から外れてしまいますよね。
監督の塩梅が素晴らしいです。
最小限の回想シーンだけで済ませることで、逆に私の妄想が止まりません。

そして、敵も良い。(*´∀`)♪
少年漫画によくある、敵キャラの過去回想シーンが大っ嫌いなのです。
どうして悪に染まってしまったか…なんて言い訳はいらん!完全なる悪であれ!
(そもそも、悪を自覚しているとしたら、その時点で既にビジネスでしょう。本人は正しいことだと盲信しているか、若しくは陶酔しているかでないと!)
狂気じみていて素敵でした。

中盤からずっと、主人公達の顔には傷が絶えず…血が出ているか、絆創膏を貼ってるか、アザになってるか… の状態です。
最近、血の出ない映画が続いたからか、血のりが凄く良かったですww
血が乾いてきて、うっすら膜が張った感じとか、リアルでした。
皆んな、やたらと血を吐いていたし。
これも監督のこだわり??
他の作品も観たくなりました。

その他
序盤のギャグシーンは、テンションが微妙でノレなかったくせに、だんだんこの不思議なテンションにハマってきて面白かったです。

時代背景がよくわかりませんでしたが(あの車の時代に、あの携帯?)
懐かしいお札やオンボロビルは見ていて楽しかったです。
ビールのラベルをもう一度見たい。

ふう。これで言いたいことは全部書けたかな?

おばさんが観てもこんなに楽しめるんだから、
普段ヒーローアクションを観ない方々にも、是非観て楽しんでいただきたいです!

イケメンバディ感にキュンとくる女子もいると思います!
もう少しBL風味が強めなら腐女子もキュンキュンしたかもしれませんが、別の映画になっても困るので^_^;
欅

欅の感想・評価

3.7
溝端さんはカッコイイし
山田さんは真面目そうだし
柳さんはかわいいし
原さんは美しかった
masa

masaの感想・評価

4.0
なんも知らずに面白そうだな?と思って見たので、原作もなにも知らない。

まあ映画としてはB級だけど、意外と面白かった。アクションも意外としっかり戦ってたし、演技はさておきそれぞれの個性が出ていて面白かった。
なんかポリマースーツがかっこよかった。色違いもなかなか魅力的だったな。

怜ちゃん?とかいう女の子は綺麗だしエロいし悪役もちゃんとしてるし、ちょっと興奮しますた。
子供が見る映画じゃないだろうけど、ヒーロー物が好きな人には面白いかも。
ポリマースーツの上半身が凄い動きにくそう…メガマ見てるから、坂本監督もっと出来るでしょってなる。
mitchan

mitchanの感想・評価

3.0
2月公開の「Infini-T Force」の予習の為、視聴。 
ガッチャマンとかと違って、ポリマーは観ていなかったが、面白かった。
次はキャシャーン。
 
うーん。
殺陣がちとちがう。かっこよくない
破裏拳ポリマー実写化
なんか楽しかった
すごく楽しかった
昔のポリマーのテイスト残したアホな作りで声だして笑った
アクションもしっかりアクションしてて動き良かった
夢野猫

夢野猫の感想・評価

3.5
『ガッチャマン』や『キャシャーン』『タイムボカンシリーズ』のタツノコプロのマイナーアニメの実写化作品。

アニメからポイントになるキーワードを抜出し、現代風に構築し直したオリジナル設定にしている。
勿論ストーリーもオリジナル?(…元アニメ殆ど観てないし覚えてません m(_ _;)m)
おかげで(笑)凄く愉しめました。

細かな突っ込む点は有る物の、ストーリー展開はそつない感じでまとまってました。

若干アクションシーンが多いですが、コミカルなアクションを加え変化を付けてあったので飽きはしませんでした。
>|