破裏拳ポリマーの作品情報・感想・評価

破裏拳ポリマー2017年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.2

あらすじ

幼き頃、誰もが持っていた、正義の心。誰もが憧れた、正義のヒーロー。 今、破裏拳ポリマーの“怒り”ともに“正義”が呼び起こされる!! 過激化する組織犯罪に対抗するため、警視庁と防衛省は極秘裏に提携し、重火器の無効化という防御能力と、単体で軍をも破壊できる絶大な攻撃力・機動力を持つ特殊装甲スーツ「ポリマースーツ」を開発していた。しかし、身につけたものが人知を超越した最強の力を手にいれられることに…

幼き頃、誰もが持っていた、正義の心。誰もが憧れた、正義のヒーロー。 今、破裏拳ポリマーの“怒り”ともに“正義”が呼び起こされる!! 過激化する組織犯罪に対抗するため、警視庁と防衛省は極秘裏に提携し、重火器の無効化という防御能力と、単体で軍をも破壊できる絶大な攻撃力・機動力を持つ特殊装甲スーツ「ポリマースーツ」を開発していた。しかし、身につけたものが人知を超越した最強の力を手にいれられることに危険性を感じた当時の警視総監は、開発を中止し、ポリマースーツは日の目を見ないはずだった…。 月日が経ち、新たに就任した警視総監の指示により警視庁は、ポリマースーツの開発を再開する。しかしテスト版ポリマースーツのうち、盗まれた3体が犯罪に使われ出してしまう。悪用されるポリマースーツを奪還するためには、手元に残ったオリジナル版かつ、完全版である1体を使うしかないが、このポリマースーツを起動させるためには、ある男の「声」でダイアローグコードを発する必要がある。その男とは、破裏拳流奥義を身につけ海外を転々とわたり歩く男・鎧武士(溝端淳平)であった。やがて正義の戦いの中で明らかになる国をも転覆させる大きな陰謀。戦い、裏切りを経て、明らかになる過去。そして赤いポリマースーツの秘密とはー

「破裏拳ポリマー」に投稿された感想・評価

2017年5月27日土曜日
T-joy新潟

このレビューはネタバレを含みます

 着るとスーパーパワーを得ることができるポリマースーツを使った悪事が行われちゃってるので、探偵の主人公がポリマースーツを着て事件の真相を暴いていく話。

 主人公がすーぱパワーを手に入れて悪と戦うヒーローものであり探偵と警官のバディものであり100分しかなくて、メインはやっぱりアクションシーンなので主人公たちの関係が深まったりしていくのがあまりないため成長ものとしての面白さは少なかったですが、退屈はしなかったです。

 ただお話の方は中盤からは主人公の父親の正体がわかって、過去に何があったかとか説明につぐ説明で、しかもそれによって本筋が完全にストップしてしまうので失速する中盤でした。それに主人公がどうして悪役に勝てるのかのロジックがよくわからず、3つのパーツにわけてデータをとって完璧なスーツを作っていたはずの悪役のスーツになぜか最後勝てちゃったりするのもアクションものとしてのカタルシスもなかったです。

 ライダーや戦隊ものを見ているのとなんら変わり映えのしない特撮シーンになってしまっていて、生身のアクションにCGをかぶせてしまっているためこの映画のオリジナル感はなくて、普通にライダーや戦隊ものをみている気持になってしまいました。

 坂本浩一監督作品らしいアクションシーンとちょいお色気がお決まりにあって、一定レベルの面白さを感じることのできた作品でした。
☆星なんて1個もありません!! 時間の浪費でした。
「鳥海銀行」って原作アニメの鳥海永行監督? タツノコ版への強いオマージュのある方は観ると怒りが湧きます。原幹恵と柳ゆり菜の肢体しか観賞に価しません。最後のスクランブルダッシュ(グレートマジンガーの飛行装置)みたなポリマーホークはなんだっ!? 往年のアニメ作を実写化し、元アニメを愚弄している多々ある一つ。2017年上映とあるが携帯電話や警察の制服や手帳が古く制作から大分時期が経っている。柳ゆり菜の半笑いでのアクションシーンとCG合成(オプティカル処理)多用のアクションシーン、肌の露出箇所の多い原幹恵のポリマー(アルテミス)スーツ(装甲スーツだろ!? キューティーハニーかよ!?) 八城のポリメットのクラッシャーの大きさがオリジナルに近いな。

デビルマン、キャシャーン、ガッチャマン、ヤッターマン等々、監督も脚本もダメダメな作品でした。
ロマノ

ロマノの感想・評価

2.4
期待してたんですが、やっぱりかの出来でした

何故、この手の実写化映画に恋愛要素を入れたがるんだ、必然性が感じられない

アクションも期待を裏切られた

アニメと同じものを作れとは言わないけれど、設定だけ頂いて別物にするなら納得させて
玉露

玉露の感想・評価

2.8
アクションは良いけど
コメディ部分やドラマ部分がかみ合っていないような気がしました。

結局、力の発動は怒りなのですね

柳ゆり菜の太ももが眩しい
Riiyu

Riiyuの感想・評価

2.7
山田裕貴目当てで鑑賞。
山田裕貴が可愛い。ただそれだけで見た。
安い演出
安い脚本
安い演技
安いアクション

良い所まるでなし
アクションが売りの監督と
聞いていたが
見せ方にまるで工夫なし

評価 3デビルマン
まぁ伝説のクソ映画デビルマンよりは
まだマシって事

テレビの戦隊ものみたいだった。
よしき

よしきの感想・評価

4.0
僕自身、特撮や本家の破裏拳ポリマー、坂本浩一監督の作品にそこまで触れられていないのですが、本作の満足度は高かったです。
格闘アクションは観ていてとてもカッコいいし見応えもあり、ストーリーも一本の映画として良くできていると思いました。
敵キャラを増やすために、腕力キャラには上半身のスーツを、足技キャラには下半身のスーツを与えるというアイデアも良く考えられていると思います。
何より貧弱ボディーのオタクの僕に"破裏拳ポリマーカッケーー!!"と思わせてくれたんだからもう何も言うことないです。勝ちですよ。
>|