破裏拳ポリマーの作品情報・感想・評価

破裏拳ポリマー2017年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.1

あらすじ

幼き頃、誰もが持っていた、正義の心。誰もが憧れた、正義のヒーロー。 今、破裏拳ポリマーの“怒り”ともに“正義”が呼び起こされる!! 過激化する組織犯罪に対抗するため、警視庁と防衛省は極秘裏に提携し、重火器の無効化という防御能力と、単体で軍をも破壊できる絶大な攻撃力・機動力を持つ特殊装甲スーツ「ポリマースーツ」を開発していた。しかし、身につけたものが人知を超越した最強の力を手にいれられることに…

幼き頃、誰もが持っていた、正義の心。誰もが憧れた、正義のヒーロー。 今、破裏拳ポリマーの“怒り”ともに“正義”が呼び起こされる!! 過激化する組織犯罪に対抗するため、警視庁と防衛省は極秘裏に提携し、重火器の無効化という防御能力と、単体で軍をも破壊できる絶大な攻撃力・機動力を持つ特殊装甲スーツ「ポリマースーツ」を開発していた。しかし、身につけたものが人知を超越した最強の力を手にいれられることに危険性を感じた当時の警視総監は、開発を中止し、ポリマースーツは日の目を見ないはずだった…。 月日が経ち、新たに就任した警視総監の指示により警視庁は、ポリマースーツの開発を再開する。しかしテスト版ポリマースーツのうち、盗まれた3体が犯罪に使われ出してしまう。悪用されるポリマースーツを奪還するためには、手元に残ったオリジナル版かつ、完全版である1体を使うしかないが、このポリマースーツを起動させるためには、ある男の「声」でダイアローグコードを発する必要がある。その男とは、破裏拳流奥義を身につけ海外を転々とわたり歩く男・鎧武士(溝端淳平)であった。やがて正義の戦いの中で明らかになる国をも転覆させる大きな陰謀。戦い、裏切りを経て、明らかになる過去。そして赤いポリマースーツの秘密とはー

「破裏拳ポリマー」に投稿された感想・評価

2017年5月27日土曜日
T-joy新潟
血糊使い過ぎ
あれだけ口の周りに血がつくダメージなら死ぬんじゃない?

予想とは異なったストーリーでしたが、特撮ヒーローなんだからこんなもんでしょう。
原幹恵の露出が抑えめだった分、柳ゆり菜の笑顔が潤いをくれました。
MasterYu

MasterYuの感想・評価

2.3
ちょっと頑張っている仮面ライダー映画、という域は出ていなかったかなぁ。
確かにアクションは坂本浩一監督らしい面白さがありましたが、全体的には似た演出の繰り返しで飽きてくる。
少し期待していただけに残念。
キよ4

キよ4の感想・評価

-
タツノコプロのアニメの実写版
確か以前にキャシャーン、ヤッターマン、ガッチャマンの実写版もあったな あと忘れちゃいけないマッハGo Go Goのハリウッドあたりの実写版あれは凄かった笑
近未来の日本 テロリズムの脅威に対抗 特殊装甲スーツ ポリマーシステムの開発
破裏拳流奥義を身に付けた男 鎧武士と相棒シャーロック
大家で探偵助手のテルとオッパイ谷間のレイ
転身ポリマーの掛け声で変身
この世に悪がある限り正義の怒りが俺を呼ぶ この世が光を求める限り俺の怒りが悪を絶つ ダイアローグコードがヤバすぎる笑
鎧武士の赤いポリマーとレイのエロい青いポリマー 俺は断然レイに味方しちゃう
カラーコーンパイロンがないとバトルアクションも成り立たないのか パイロン様々だ 凄いぞパイロン
天真爛漫なテルさんもいいけどちょっとくさすぎない? レイさんのオッパイ谷間に軍配を上げさせていただきます
正義と愛のバーゲンセールの叩き売り 酷いこと言うな
アクションとか結構ダサかったけど好き。原幹恵がババアになったなぁと悲哀の念を抱く。
正直アクション関係はだめ。溝端淳平のスキルの問題ですかねぇ・・・。

ポリマーのスーツを中心としたストーリーだったので、なんかこぢんまりとしたお話になってしまいましたね。もっと違うタイプの悪と闘うポリマーを観たかったな。
Hirotoshi

Hirotoshiの感想・評価

3.0
これは感想以前の問題かも…。
ちょっとアクションの酷さが目立ったかもしれない。人選ミスなのか?そもそも実写化に無理があったのか?何とも言えない。ただ、ポリマースーツのデザインのカッコ良さだけが印象的でした。
アクションで寝そうになる事は早々ないんやけどなぁ〜。
タツノコプロ55周年記念作品。

タツノコプロで1番好きだったのが『ハクション大魔王』。もちろん、『ガッチャマン』『キャシャーン』も見ていたが、『ポリマー』は何故か未見。よって本作の劇場公開もスルー。

ところが‥‥‥本作、良いじゃあないですかァ!
少なくとも睡眠薬のような紀里谷版キャシャーンよりは数百倍の面白さ。

脚本がしっかりしているため、坂本監督のアクション演出が画面から乖離することなく観客を惹きつける。

また、テル(柳ゆり菜)とシャーロック(山田裕貴)のお笑いコンビのスパイスも適度に効いており吉。

なにより嬉しいのが、テルと玲(原幹恵)のお色気合戦。
私はテル派。揺れる揺れる。視線釘付け。笑顔もズキュン。これはパート2も期待したい。

溝端淳平のスケジュール合わなければ2代目ポリマーでも良いので!
よろしく、カドカワさん♪
シャーロックがいい味を出してた。
ポリマースーツが実写ならではの格好よさを出すデザインになっててすごい
正義に熱い特撮
>|