みい太郎

亜人のみい太郎のレビュー・感想・評価

亜人(2017年製作の映画)
3.1
マンガもアニメも途中まで囓ってるもので…タケル佐藤が主役だから(^_^*)アクション少し期待して拝見。

やはりタケル佐藤は良かった。

サラリとやってのけてるけど…結構ハードなアクションの数々。

高校生にみえてしまうが案外それなりに年を重ねてるタケル佐藤。

黙々と練習したであろう。そのハードなアクションをするために肉体もいじめてるのであろう。

もう1人の佐藤。
綾野さんが演じる白髪おじさん亜人。アニメの声優に寄せてどうすんの(^_^*)がまず第一ツッコミ。
年齢幅がある事は俳優として大切だがあまりにミスキャスト。

佐藤役の俳優、日本にはいない?
ほぼ裸のサービスカットのためだけに綾野さん使うの(苦笑)?

ダメだろ。

なーんて事を画面に出てくるだけで呟いてしまう。本当に少し落ち込んだんです。邦画の未来に。
亜人の悲しみは初めのシーンで頑張ってるけど…
憂いがないんだよな…哀しみも。

アクションばかりに目が行って心理的なところ雑に感じる。

でも川栄ちゃん頑張ってた。
見た目のイメージがぽっちゃりに見えてしまって原作のイメージ形無しだったけど(^_^*)アクションの頑張りが画面から伝わってはきた。


日本が誇れる漫画原作だからこそ、きちんと芝居もできるキャストにして欲しかった。世界の人にも観てもらえるように…。

綾野さんが悪い訳ではないんだよね。まずオファーがないとできないんだから。キャラ的には面白く演じ様と努力してたのだろうけど…断る謙虚さも必要。ファンの方すみません。

続編作る気なんだろうなああー(^_^*)あのラスト。