おりたたみ入道

亜人のおりたたみ入道のレビュー・感想・評価

亜人(2017年製作の映画)
2.8
主人公が終盤になるまで全く戦わない映画は初めてでした
場面切り替わりでの暗転が多く、その度に気持ちを下げられるのはこの映画の悪いところ。
悪役の綾野剛の喋り口調は凄くいいです
そしてクライマックスから blackmemoryは最高です
続編が欲しくなる作品でした