亜人の作品情報・感想・評価

亜人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:109分

3.7

あらすじ

2017年、日本。ある特異体質を持った新人類「亜人」の存在が発覚した。亜人の姿は人そのもの。ただ、絶対に死ぬことはできず、どれほど傷つこうともその体は絶命と共に再生を始める。死の状況に直面し、初めて真実を知る亜人たちはそれまで自分で気づく事もなければ、他人に知られる事もない。病気の妹を救うために研修医となった永井圭はある日、事故で死亡。しかし直後、肉体が復活し、生き返る。亜人と発覚し、描いていた…

2017年、日本。ある特異体質を持った新人類「亜人」の存在が発覚した。亜人の姿は人そのもの。ただ、絶対に死ぬことはできず、どれほど傷つこうともその体は絶命と共に再生を始める。死の状況に直面し、初めて真実を知る亜人たちはそれまで自分で気づく事もなければ、他人に知られる事もない。病気の妹を救うために研修医となった永井圭はある日、事故で死亡。しかし直後、肉体が復活し、生き返る。亜人と発覚し、描いていた人生が崩れ去った圭。警察や国家に追われ続けやがて厚生労働省の研究施設に監禁。非人道的な実験のモルモットとなってしまう。そんな圭の前に突如亜人を名乗る【佐藤】という謎の男が現れ、圭に救いの手を差し伸べる。佐藤は、国内で初めて発見された亜人にして人類に牙をむくテロリストだった。「亜人として、どう生きればいい?」自分の運命に葛藤する圭は、佐藤が描く亜人の未来に共感できないでいた。そして始まる、佐藤による衝撃の国獲りゲーム。【絶対に死なない男】VS【絶対に死なない男】の決して交わらない、そして終わることもない、エンドレス・リピート・バトル。亜人たちは、永遠の命を、どう生きるのか。

「亜人」に投稿された感想・評価

楽しかった!!
リセットの繰り返しで
頭使うからいろいろ考えながら観るのが
わくわくした!!

綾野剛のカッコよさがやばかった!!
銃うつプロだよほんとに!
川栄ちゃんもアクション凄くて
幅広いな〜と思った!
1番のお目当の健くん♡♡
もちろん動きもアクションもカッコ良すぎたけど、るろ剣とかいろいろ見てきて
なんか物足りなさを感じてしまった←
楽しすぎて短かったー泣
続きが楽しみすぎる!!
主題歌がワンオクだったらな〜。
りぃ

りぃの感想・評価

4.0
前調べせずに視聴しましたが大満足。とにかく制作陣が豪華すぎた…菅野祐悟さんの作る曲はやはり耳に残るしかっこいい。城田優の悪役、新鮮でした!佐藤健も綾野剛ももっとアクション路線でやっていって欲しいな
たけし

たけしの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

フィルマークスで3.7と高めの評価だからというだけの理由でほんっとに期待せずに観ました。どうせこの手の漫画原作実写化は・・・と。
全くいい方に裏切られましたね。
ホントに全くもう!
(なんか知らんが腹たつ!)
導入部からいきなり人体切り刻み!
自殺の場面は数知れず。
自殺をリセットという変にわかりやすい言葉になってるとこは気に入らんのだが。
綾野剛の近距離格闘もかっこよくてなかなか楽しめるし(ジョン・ウィックの影響大きそう)。
佐藤健のるろ剣ばりのキレッキレな動きも健在!
生き返るが死ぬ時の痛みは普通の人間と同じ。残った身体の部分の最大部位から再生するとか、なかなか凝ってて面白い。
何だかんだ映画代得した不思議な気分です。
いつもながら脈絡のない文章ですみません。
erika

erikaの感想・評価

4.0
アクションのスピード感が気持ちいい!映画館でみると臨場感があって◎ 原作読んだことなかったけど 全然楽しめた(読んでなかったからこそかも) ラストは笑ってしまった
nIa

nIaの感想・評価

3.2
ダメだこりゃ
最近川栄李奈をよく見かけるのだが何故なのだろう あまり多くの作品を見ているわけではないが、お世辞にも本作を見る限りでは満足な演技力を持ち合わせているとは言えない
しいの

しいのの感想・評価

4.0
長男と。

音楽☆☆
アクション☆☆☆
ASUKA

ASUKAの感想・評価

4.3
原作は見ずにだったけど
楽しかった〜!!
アクションシーンのBGMも最高ですごいワクワクさせてくれた🤩
綾野剛と佐藤健の肉体美も素晴らしすぎてかっこよすぎた〜😍👏🏽
山田裕貴も好きだからもっと目立ってくれたら嬉しかったな。
川栄はほんとよく出てる。成功者🙌
原作もアニメも知らないけどハショり感がひしひし
ラスト笑う
とろろ

とろろの感想・評価

4.0
とにかく綾野剛さんが凄い、って感じのアクション映画だった。スピード感があって、最後まであっという間。それもあってか、主人公の影が少し薄かったかな。
川栄李奈さんのアクション初めて観たけど、結構カッコよかった。
>|