亜人の作品情報・感想・評価

亜人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:109分

3.6

あらすじ

2017年、日本。ある特異体質を持った新人類「亜人」の存在が発覚した。亜人の姿は人そのもの。ただ、絶対に死ぬことはできず、どれほど傷つこうともその体は絶命と共に再生を始める。死の状況に直面し、初めて真実を知る亜人たちはそれまで自分で気づく事もなければ、他人に知られる事もない。病気の妹を救うために研修医となった永井圭はある日、事故で死亡。しかし直後、肉体が復活し、生き返る。亜人と発覚し、描いていた…

2017年、日本。ある特異体質を持った新人類「亜人」の存在が発覚した。亜人の姿は人そのもの。ただ、絶対に死ぬことはできず、どれほど傷つこうともその体は絶命と共に再生を始める。死の状況に直面し、初めて真実を知る亜人たちはそれまで自分で気づく事もなければ、他人に知られる事もない。病気の妹を救うために研修医となった永井圭はある日、事故で死亡。しかし直後、肉体が復活し、生き返る。亜人と発覚し、描いていた人生が崩れ去った圭。警察や国家に追われ続けやがて厚生労働省の研究施設に監禁。非人道的な実験のモルモットとなってしまう。そんな圭の前に突如亜人を名乗る【佐藤】という謎の男が現れ、圭に救いの手を差し伸べる。佐藤は、国内で初めて発見された亜人にして人類に牙をむくテロリストだった。「亜人として、どう生きればいい?」自分の運命に葛藤する圭は、佐藤が描く亜人の未来に共感できないでいた。そして始まる、佐藤による衝撃の国獲りゲーム。【絶対に死なない男】VS【絶対に死なない男】の決して交わらない、そして終わることもない、エンドレス・リピート・バトル。亜人たちは、永遠の命を、どう生きるのか。

「亜人」に投稿された感想・評価

yap

yapの感想・評価

3.0
2017.10.02鑑賞。感情移入ゼロのアクションバカ映画!
ガンアクションは見事の一言。日本でここまでのアクションが観れるというだけでフレッシュだし、佐藤健、綾野剛の鍛えられた肉体がアクションに説得力を与えている。IBMの描写も圧倒的なクオリティで、見事に生身の人間と画面の中に同居していた。
一方、ドラマパートが振り切っており、ほぼ中身ゼロ。合理的と言ったらそれまでだが、主人公・永井君が全く愛せないので応援できない。佐藤や政府側の、永井に対する圧が弱いので、永井の自己チューぶりが際立ってしまっている。
セリフ回しがひたすら仲村トオルな感じの綾野剛は観ていて楽しいのだが、一方で20年間実験台になった悲壮感や絶望感も薄れてしまっている。
また、そんなわかりきったセリフ言わんでも・・・というセリフが続出するのもいただけない。
とりあえず面白い
亜人の声が良い。ショットガンを使ったアクションがカッコ良い。
mayu

mayuの感想・評価

4.2
3回も見たアクションかっこいいすこしあやのgoのふざけた演技がかわいい
2017.09.04 東京国際フォーラムにて
【亜人】
-AJIN∞FES-
完成披露試写会に行きました!

BGM、BLACK MEMORYと映像が
マッチしててカッコいいんです!☆

表には出さない健君の強さ、
異様な雰囲気を醸し出す剛君、
この2人に負けないくらいの強さを持つ
その他のキャストの方々…

グロすぎない感じが良いと思います!
miya

miyaの感想・評価

3.2
アクションかなりよかった!
綾野剛が光っていた!
あかさ

あかさの感想・評価

4.0
展開が早くてよかった
ヒカキンは有能
せー

せーの感想・評価

3.5
CG凄かったけどアクションシーン見辛い感は拭えない。冒頭からすでにクライマックス。
>|