亜人の作品情報・感想・評価

亜人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:109分

3.5

あらすじ

「亜人」に投稿された感想・評価

いで

いでの感想・評価

3.4
原作が好きな人は多分モヤっとする人が多いだろうし、でも原作を知らない人は話の流れや登場人物の感情の変化がわかりにくいんじゃないかな。

その原因は脚本が雑なのと、原作に対するリスペクトがないからだと思う。確かに原作が完結してないから難しいだろうけど、あんな雑なラストにするくらいなら実写化しなければ良かったの。

特に佐藤さんの配役も設定もヒドい。それと引っかかったのは原作でもアニメでも重要なキーになるある行為をサラッとやってた事。映画用に設定を変えるのはある程度仕方ないけど、前後関係や繋がりを一切無視して原作の面白いとこだけを繋げたように見えた。

原作が好きなせいもあってまだまだ言いたい事はあるんだけど、そうは言っても実はまあまあ楽しめた。佐藤健くんの演技やアクションは良かったし、ラストのIBMとの連携も面白かった。アクションだけ楽しむならそんなに悪くない。
綾野剛やばい、アニメを上手い具合に実写に昇華できていると思う。
普通にアクションとして楽しめるので、実写毛嫌いしてる人でも見れる人は観れるかも
BUSSAN

BUSSANの感想・評価

1.1
原作のアクションは疾走感があって面白いけども、これは失速感が凄い!!!
ラストシーンは思わず噴き出してしまうぐらい笑う
さえ

さえの感想・評価

3.6
主人公の適応能力すごすぎた
死んで大丈夫だったとしても、あんなかんたんに死ねないでしょ
記憶曖昧だけど、原作のほうが主人公がなよなよしてて人間感あって良かった印象ある
けど、実写にしてはよくできてるなーと思いました
ポスターは映画の雰囲気を端的に表しているモノこそが正義だというのが持論だが、この『亜人』の場合良くも悪くもそういった意味では成功している

ポスターと同じでダサい……限りなくダサい……
石井岳龍の『ソレダケ』を想起させる綾野剛の演技
ダサすぎでむしろ清々しい石井作品のノリだが、こっちの原作のノリはかなりハードなので、どうしてもチグハグな感じが否めない
また、カメラワークはしょっぱく、セリフまわしはずっと臭い
ただ殺陣はかなり派手 CGも凝っていて見応えのある出来となっていた
しかしまぁ硬派なFPS好きな原作者なのに、こうも魅せすぎるアクションでいいのかという感じはある
幽霊戦と人間戦にて、静と動に分けた色の違う戦闘シーンを期待していたのでウォウォウ…となった
本広がなぜこうも金を引っ張ってこれるのか、全くもって謎である
kuma

kumaの感想・評価

3.5
マンガの中に連れてこられたような
世界観、キャストは豪華で
CGもあり、見応えがある作品はだと思います〜
Rickey

Rickeyの感想・評価

3.6
殺陣がカッコ良すぎ
ネザル

ネザルの感想・評価

3.0
綾野剛演技うまい。
minami

minamiの感想・評価

3.0
正直、観るまではただのB級映画だと思っていたんだけど(ポスターださいし)、なんとなく気まぐれに観てみたら何気におもしろかった…。

エンドロールで知ったんですが本広監督作品だったんですね。
道理で、エンターテインメントです。

POPとか軽いとか言っちゃうとそれまでだけど、テンポは速く演出も見やすく、万人がおもしろいと思えるような味つけを施されていて、こういう作品って結局あんまりけちつける気にならない。
プロの仕事を感じた。

音楽も邪魔にならず、バトルのときの「3,2,1」のカウントで始まる感じとか、描写ありきの作品だったら絶対なしのBGMだと思うんだけど、カチッとはまった感じで自動的に高まるし、アクションもかっこいい。
バトルもののアニメを観てる感覚に近いかな。

原作は未読ですが、ちょっとだけ調べてみたら大分変更点あるみたいですね。
映画で完結してしまった気持ちなので、続編があったら観るかもしれないけど漫画は読む気にならないかなぁ。
mi

miの感想・評価

3.5
ご飯食べながら見るんじゃなかった ただの殺人鬼で、気持ち悪かった〜
でも綾野剛のハンチングとベスト姿がかっこよかったから満足
欲を言えば、あと1.2転欲しかったかな
>|