亜人の作品情報・感想・評価

亜人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:109分

3.5

あらすじ

「亜人」に投稿された感想・評価

サトウの癖がすごい
るっつ

るっつの感想・評価

3.2
安定の原作レイプ(笑)

べっこもんとして観ました。

日本でもこのくらいのアクションが撮れるんだなと思ったのは、佐藤健と綾野剛のおかげかな。
"亜人(2017年製作の映画)
2.7
アメリカンヒーローハリウッド映画を日本でもやってみせてやろうぜ!という意気込み。今をときめくイケメン俳優が繰り広げる派手なファイトシーンが見物。
原作から大胆に抽象してさっぱりすっきりさせ、アクションに振り切ったらしい。漫画原作の実写化エンタメとして爽快感。"
Harupooh

Harupoohの感想・評価

4.0
佐藤健の永井圭、綾野剛の佐藤。
役がぴったりやな。
特に、佐藤はしっくりくる。喋り方とかすごい。イメージしてた感じ。
永井圭は漫画より男前すぎるけど、冷たい感じがぴったり。
続編が観たい。
namida

namidaの感想・評価

3.7
原作既読。少年漫画の実写化に佐藤健起用すると大体外れない気がする。アクションシーンも見応えあり、原作の世界観を忠実に再現していて良かった。
みわ

みわの感想・評価

3.7
まあまあ面白い伏線もあって、凝ったアクションだった。亜人なりの戦い方がトリッキーで観ていて楽しい。

佐藤健ってカッコイイのにアクションも出来て凄い。綾野剛は倒しても倒しても追い詰められてる気がしない。ラスボスにピッタリだ。ただ、川栄李奈は何となくコレジャナイ感。髪型があんまり似合ってない……。

ラストの決着の付け方は好きだけど、あの方法もう少し早く思いつけないものだろうか…。
終わり方も「え、それで終わるの?」てくらい急に終わる。もうちょい後日談とか、締めがあるとスッキリしそうなのにちょっと惜しい。でも総じて面白くて満足できる映画でした。
菜美

菜美の感想・評価

-
鑑賞済み
「不死身」という特徴から思ったことは、
・殺して、殺して、何度も殺して
何度も殺され続ける恐さを感じた
・命というのは1回きりしかないから面白くて、美しいと思った。
例えばお互い不死身なら、戦う意味をそもそも感じないし
自分の身代わりになって亜人が死んでくれたとして有難みを感じられない。

マンガには「亜人の死」が定義されていたようだが
映画には定義が無かったのでこう感じた。

わりとグロめでショッキング。
最後の終わり方が意味わからなかった。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.7
期待してたよりは面白かった!

実写で映像化したいシーンダイジェスト!って感じ
ストーリーは薄味

佐藤さんが主人公
>|