亜人の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

亜人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:109分

3.5

あらすじ

「亜人」に投稿された感想・評価

原作未読、アニメ版・アニメ映画すべて観たことはなく、文字通り「亜人初体験」の状態で劇場観賞しました。

率直な感想は、「すげー!観に来てよかった‼」です。笑

佐藤健×綾野剛のアクションを大友監督が手掛けるという一点にのみ掛かっていたワクワクした期待は、良い意味であっさり裏切られました。冒頭のスプラッターシーンから突如始まる「殺し合い」は、予告編で感じていた「何で自ら拳銃自殺するの?」という今思えば猿でしかない恥ずかしい疑問を、その見応えあるアクションとスリル感満点な展開で綺麗に吹き飛ばしてくれました!!
「死ぬメリットを最大限発揮して国家を襲う綾野剛」と「生け捕りにしたい佐藤健」の構図だけじゃなく、「人としての尊厳を奪われた綾野剛が必ず取るだろう復讐行動」もしっかり劇場サイズで落とし込めていて、とても観やすかった。※原作loverはきっとチープさや切って貼った感を感じるのでしょうが…

起承転結すべてのパートで大きいバトルアクションが差し込まれていて、「死ぬ隙を与えない」と「死んだらリセットする」という緩急ある相反するタイム感は、この世界観を最大限活かして生まれるカタルシスのように感じました。

ユーレイ達の動きは漫画ではきっと出せないはずだし、「亜人は死んでリセットする際、体の中で1番大きい部位が残った場所で再生される」というルールが伏線となって生かしていったのも個人的にはノンストレスで観られた要因としてデカイ。後出しジャンケンみたいな結論って1番萎えちゃうから…。笑

感情を表に出さない佐藤健と饒舌で常に表情固定な綾野剛がベースだったから、要所ごとにギャップが生まれた瞬間の引き込まれる力も強かった!

城田優は相変わらずサイコパスが似合うし、川栄李奈は体格を活かしたアクションがとても良かった。
玉山鉄二だけ、うーーん…。だったかな泣
最初から最後まで、面白かった。佐藤は、(綾野剛)終始、目が離せなかった。永井くん役の佐藤健は、いろいろな役に、すんなりハマるなぁとあらためて感心させられました。俳優さんが良いからなのか、闘いのシーンもすごく良かった。漫画も読破したいと思ってしまいました。
前半からアクション満載!
主人公が序盤から身体能力高すぎる笑
少し漫画読んでると話に入りやすいかも。
視聴:WOWOW
綾野剛くん、『日本で一番悪い奴ら』の時の声質を思い出させる喋り方だったな…^^;
アクションも見応えあったし面白かったので、アニメとマンガも見たいな〜
実写版は実写版で面白かった。アクションのレベルもかな満足。
hagy

hagyの感想・評価

-
knowledge:0
way of thinking:0
fun:8
video technology:6

Total:14
Junna

Junnaの感想・評価

3.9
すごい面白い。わたしも亜人になりたいと思った。佐藤健カッコいいしブラックメモリー最高だし
shigesan

shigesanの感想・評価

3.2
漫画も見てましたが実写版は映像が綺麗で見やすかったです!!
話の内容的には別に感想はありません。
リセットの繰り返しで終わりが見えない。