光の作品情報・感想・評価

2017年製作の映画)

上映日:2017年05月27日

製作国:

上映時間:102分

3.7

あらすじ

単調な⽇々を送っていた美佐⼦(⽔崎綾⼥)は、情景を⾔葉で説明する、視覚障碍者向けの映画の⾳声ガイドの仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出逢う。美佐⼦は雅哉の無愛想な態度に苛⽴ちながらも、彼が撮影した⼣⽇の写真に⼼を突き動かされ、いつかこの場所に連れて⾏って欲しいと願うようになる。命よりも⼤事なカメラを前にしながら、次第に視⼒を奪われてゆく雅哉。彼と過ごすうちに、美佐⼦の中…

単調な⽇々を送っていた美佐⼦(⽔崎綾⼥)は、情景を⾔葉で説明する、視覚障碍者向けの映画の⾳声ガイドの仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出逢う。美佐⼦は雅哉の無愛想な態度に苛⽴ちながらも、彼が撮影した⼣⽇の写真に⼼を突き動かされ、いつかこの場所に連れて⾏って欲しいと願うようになる。命よりも⼤事なカメラを前にしながら、次第に視⼒を奪われてゆく雅哉。彼と過ごすうちに、美佐⼦の中の何かが変わり始めるーー。

「光」に投稿された感想・評価

2017年6月4日土曜日
新宿バルト9
シネコヤにて
natsumi

natsumiの感想・評価

3.5
眩しくて強い光、やわらかい光、きらきらした儚い光、光がたくさん入った映像が とても好みだった。
内容にはそこまで心を動かされなかったけど、まったく見えなくなった時の永瀬正敏の演技は 絶望感ががつんと伝わってきて 辛くなった。
まみむ

まみむの感想・評価

4.0
ピアノの音が悲しくもあり、希望の光のように聞こえたり。また観たい。
なぜあんなことを言われて目の見えないおじさんのことを好きになるのかわからないんですが…現実的な表現が多いのにそこは非現実すぎません?
難しい話だしいろいろ考えさせられるけどあんまりだった…セリフ回しもちょっと気になる
AKIKO

AKIKOの感想・評価

4.0
"珠玉のラブストーリー"
ではないと私は思う。。。

"珠玉"なのは間違いないけど。

視覚障がい者のための映画の
音声ガイドをする女の人と
視覚障がい者の男の人の話。

まず思ったのが、永瀬正敏さんの
演技がいいなあ…ってこと。
1番最初の音声ガイドを指摘
するときの表情すごかった、、、
こっちまでドキってしてしまう

それと好きなシーンが2人で
焼きそば食べるシーン。
塩の瓶にひよこのシール貼って
あげるところ。
それを伝えたら「分かった」って
言うところ。
プリズムの音声ガイドしたら
「悪くない」って言うところ。

個人的に、ジャケ写のシーンを
すごく期待してたんですが
そこはイマイチ…だったかな…あーけど好きかも。いやどうかな…
わからない( 笑 )

邦画らしくもあり、ある意味では邦画ぽくもない。なんとも不思議な映画だったので自分の中で素直にこの映画好き!!とはならなかったです。
もっと2人の関係を掘り下げて欲しかったかなー。 少し残念
KRSK

KRSKの感想・評価

3.3
この監督の作品は映画的だな、とたいてい思う(ラストの盛り上がり方だとか台詞、境遇など)。のだけれど、観た後ちゃんと『うん、満足』となるのはさすがだなあ、と。多少のご都合主義やあざとさは、気にならないではないが、観た後の満足感に比べたらとるに足らないことのように思えるのだ。

今回、キャストがとても良かったと思う。主役の二人をはじめ、ほかの登場人物たちもなんだかリアルで、ぐっと引きこまれました。
みやり

みやりの感想・評価

3.2
こういう職業もあるんだなと初めて知ることができた。

台詞が少ない、間が多いので登場人物の心理を想像しきれない部分が多々あった。恋愛や母親のエピソードも、いろんな要素が散らかっていて中途半端な雰囲気映画って感じがした。ピアノ、光、アップとその美しい雰囲気がこれでもかと連続してくどい。

永瀬正敏とこの監督は相性がいいみたいだ。
奏音

奏音の感想・評価

4.3
難しい………難しい映画だった…
印象的だったのは、光の使い方とリアルさ。
題材もあってでしょうか…柔らかい光、サンキャッチャーの光、コントラストの強いシーン、いろいろな種類の光がありました。
また、演技があまりにもリアルでな部分もあり、そういう感情があるのかって感じることができるのはこういう映画の醍醐味だなあ、と。

他人の痛みを全て想像することはできないけど、重なる部分もあって、ちょっと重なるだけでも辛かったり涙することがあったり…そこに目が見えるとかそうでないとか無くて…
上手く言えないけど、そんな感じです
>|