光の作品情報・感想・評価

2017年製作の映画)

上映日:2017年05月27日

製作国:

上映時間:102分

3.8

あらすじ

単調な⽇々を送っていた美佐⼦(⽔崎綾⼥)は、情景を⾔葉で説明する、視覚障碍者向けの映画の⾳声ガイドの仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出逢う。美佐⼦は雅哉の無愛想な態度に苛⽴ちながらも、彼が撮影した⼣⽇の写真に⼼を突き動かされ、いつかこの場所に連れて⾏って欲しいと願うようになる。命よりも⼤事なカメラを前にしながら、次第に視⼒を奪われてゆく雅哉。彼と過ごすうちに、美佐⼦の中…

単調な⽇々を送っていた美佐⼦(⽔崎綾⼥)は、情景を⾔葉で説明する、視覚障碍者向けの映画の⾳声ガイドの仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出逢う。美佐⼦は雅哉の無愛想な態度に苛⽴ちながらも、彼が撮影した⼣⽇の写真に⼼を突き動かされ、いつかこの場所に連れて⾏って欲しいと願うようになる。命よりも⼤事なカメラを前にしながら、次第に視⼒を奪われてゆく雅哉。彼と過ごすうちに、美佐⼦の中の何かが変わり始めるーー。

「光」に投稿された感想・評価

2017年6月4日土曜日
新宿バルト9
m

mの感想・評価

4.2
前5列目/中央

ドキュメントとフィクションのあいだ その一瞬の奇跡。
他の人の評価はどーでもいい枠にいる河瀬監督。「引きの自然」が印象的な河瀬作品にアップの多用は目新しかった
河瀬直美らしい作品。
「あん」でも見られた一般客に対しても、伝えることを意識したつくりになってる。
jocx

jocxの感想・評価

3.5
河瀬直美監督らしい、弱者の視点と健常者のおごりと偏見、そして気づきの映画。
傷付いている自分が 弱者に対して行っている行為、親切や愛情と偽善と自己満足の表裏一体。視覚障害の知らない世界は何を必要とし何に怯えているのか。健常者と障害者のお互い遠慮しながら本音を言えない事実。私たちが目を背けたり、気がつかない部分を見させてくれる映画。単純だけど複雑、アップの多いカメラワークがドキュメンタリーを見たいるような感覚です。
tomo

tomoの感想・評価

4.2
「あん」もよかったのですが、永瀬正敏が素晴らしいです。台詞を言わなくてもここまで存在感のある役者は少ないでしょう。パターソンの演技が気負い過ぎだったのがよくわかりました。
全体では、台詞がピンとこないところもありましたが、だれることなく最後まで集中が途切れません。藤竜也も抜群の存在感です。
なっこ

なっこの感想・評価

3.4
大切なセリフは全て予告編で聞いてしまった。でも、ただそれだけで、この映画を理解した、ということにはならない。

この映画は、一つひとつの言葉がとても重く響いてくる。

ひとつ一つの問いが重いのだ。

モノも、経験も、時間と共に増えていくものだと信じて疑わない者は、
失っていく怖さを知らない。
本当の怖さは、登り切った階段を一段また一段と降りていくことだ。踏み外さないように。次に降りる場所を見失わないように。

個としての人間の尊厳と誰かとつながることで生まれる安堵感とを、バランス良く描き出している。苦悩を生きる誰かを知った風な安易なセリフは言わせない。見える者に見えない世界、見えない者に見えている世界、そのズレを、少しずつ想像させていく。

問いに答えられないものは、自ら考えることから逃げる、“それは、誰かのため”とかいう曖昧な使命感や責任感を理由にして。自分には答えがないことから逃げる。自分が何を受け取ったのか、その心の内側を見つめ、表現することが出来ない。

心は確かに“軋んで”いるはずなのに。

視力を失っていく中森を通して世界を見ることで彼女の世界は広がりを持つようになる。そのことが映画を語る言葉を紡ぐことにつながっていく。
見えるものと見えないものをつないでいるのは、“言葉”という音なのだと、改めて感じさせてくれた素晴らしい映画。
Sios

Siosの感想・評価

3.8
親切が陥る情報過多・説明過多に納得。
でも親切な気持ちそのものは大切にしたい。
結局は人対人。

障碍者の感性にフィットする芸術や娯楽の形が増えていくとよいなと思った。一方で、健常者が普段見過ごしている映画の見方もあるのかも。

中森が自宅のモニターに向かって作業する姿が、一心不乱でかっこよかった。
majimakira

majimakiraの感想・評価

4.7
すべてのシーンと、すべての演者が素晴らしい。機内で涙が溢れた。

全てを委ねる先の運命がどのようなかたちであろうとも、そこにほんの僅かでも愛や希望を運ぶ光の美しさは、ぜひとも「言葉で」強く修飾すべき確固たるものだ。
そこへはもっと、問答無用で手を伸ばそう。
ma

maの感想・評価

3.5
河瀬監督の あん がとてもとても好きだったので観ました
お話の流れと映像などがすごく素敵だった
ラストとともに涙が出ました
観てよかったな
"光"ってタイトルがしっくり、ぴったりくる
俳優、女優陣が全員素晴らしく上手で
永瀬さん、本当に目が見えてないんじゃないのかと思った
知らない世界だったので勉強にもなりました
樹木希林さんのナレーション、すごく好きだなあ
2017年6月3日、新宿バルト9にて鑑賞。

100点満点では点が足りず、200点ぐらいつけたくなる大傑作。

感動した映画だった!!
今年必見の河瀬直美監督作品。(瀬の文字は文字化けすることあるので、こちらですみません。)

しかし、とんでもない映画を作ってしまう河瀬監督の手腕に拍手と脱帽。

前作『あん』ではハンセン氏病、今度は視覚障害者に優しい物語。
素晴らしい大傑作!!

<映倫No.121080>
>|