光の作品情報・感想・評価

2017年製作の映画)

上映日:2017年05月27日

製作国:

上映時間:102分

3.7

あらすじ

単調な⽇々を送っていた美佐⼦(⽔崎綾⼥)は、情景を⾔葉で説明する、視覚障碍者向けの映画の⾳声ガイドの仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出逢う。美佐⼦は雅哉の無愛想な態度に苛⽴ちながらも、彼が撮影した⼣⽇の写真に⼼を突き動かされ、いつかこの場所に連れて⾏って欲しいと願うようになる。命よりも⼤事なカメラを前にしながら、次第に視⼒を奪われてゆく雅哉。彼と過ごすうちに、美佐⼦の中…

単調な⽇々を送っていた美佐⼦(⽔崎綾⼥)は、情景を⾔葉で説明する、視覚障碍者向けの映画の⾳声ガイドの仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出逢う。美佐⼦は雅哉の無愛想な態度に苛⽴ちながらも、彼が撮影した⼣⽇の写真に⼼を突き動かされ、いつかこの場所に連れて⾏って欲しいと願うようになる。命よりも⼤事なカメラを前にしながら、次第に視⼒を奪われてゆく雅哉。彼と過ごすうちに、美佐⼦の中の何かが変わり始めるーー。

「光」に投稿された感想・評価

2017年6月4日土曜日
新宿バルト9
tomひで

tomひでの感想・評価

4.0
河瀬直美はやっぱり良い。彼女の作品は世間に流されてない感じがとても好き。

目の病気に苦しむカメラマン中森と視覚障害者の為の映画音声ガイド制作者、美佐子の話。「映画」が直接絡んでいる話なので、河瀬直美の映画に対する視点、考え方が感じられて面白い。老映画監督のインタビューシーンなどは河瀬直美が実際に何度も経験してきたウンザリするシーンを再現しているようだ。人の痛みを想像出来るか出来ないかでこの作品の受け取り方は変わるのでしょう。

「映画ってさ誰かの人生とつながる事じゃない?」

「想像力が無いのはどちらなのかしらね?」

「生きたいと思っても死ぬ事もあるし、死のうと思っても生かされる場合もあるし、そんなもんですよ人間は…」

「心臓なんだよ…動かせなくなっても俺の心臓なんだよ…」
観る前の期待が大きすぎたのだろうか。音声ガイドという仕事があり、それによって視覚障害者の人たちも映画を楽しんでいるということを知ったのはよかったのだが、セリフがわざとらしく感じてしまった。日本語のわからない人たちが字幕で読む分にはよいのかもしれないが…。
manekikumi

manekikumiの感想・評価

3.9
逝ってしまわれた希林さんの声と共に…

光を失くす、人を亡くす、人生を失くす
同じくらいの絶望との想像力だ。

このレビューはネタバレを含みます

美しい光。

希望を残してくれて、
温かい余韻。

ラストで樹木希林さんの声はやられました。

光。
9638

9638の感想・評価

-
河瀬直美男だと思ってた〜〜ので樹木希林さん逝去のニュースをきっかけに女だと知りました、性別はどうでも良いね、これは去年の冬に観たのでは???きっかけは友人の友人の早朝ガストでの一言ですね、どうでも良いね、あんま信じてない物語シリーズ
マミ

マミの感想・評価

4.5
オーデンセで観た。題名の通り光が美しくて涙が止まらなかった。

デンマーク語のタイトルは『夕陽に向かって』だった。どうして『光』のままにしなかったのだろう?

河瀬直美監督を尊敬してます。
>|