聖

甲鉄城のカバネリ 総集編 後編 燃える命の聖のレビュー・感想・評価

2.0
ゾンビの話においては、回を重ねるにつれ「人間が怖い」って話になっていってしまうのは最早宿命なのか…?

鉄道で移動しながらのカバネ(ゾンビ)との戦いを中心に描いていた前編から打って変わって、英雄の皮を被った狂信者・美馬の登場により、物語は対人間(カバネリ含む)同士の戦いへシフト。結果、ダイナミズムは消失。細々した斬り合いがアクションが中心となり、ゾンビは完全に添え物扱い。これは残念。

それにしても目に見えての失速としか、表現しようがない。澤野弘之の劇伴で無理やり盛り上がってるように見せるのが精一杯。心沸き立つ箇所がなかった。

キャラクターや展開なども、前半はハッタリとテンションでそこまで気にも留めなかったが、それがないと、もともとテンプレの寄せ集めのようだったのが浮き彫りになってしまった。

海門決戦の映画、どうしよう…と悩んだでいたところにamazon primeで配信されていることが知らされ、劇場での鑑賞は見送ることとした。