特捜部Q Pからのメッセージの作品情報・感想・評価

「特捜部Q Pからのメッセージ」に投稿された感想・評価

Taul

Taulの感想・評価

2.0
『特捜部Q Pからのメッセージ』VODで初鑑賞。第3段はある手紙から辿る異常な犯罪で宗教を絡めてきたのがポイント。大がかりな見せ場やアクションもあってエンタメとしてはいいが犯人側と噛み合ってない感じも。壊れたカールと仏のアサド、今回ややポンコツもコンビ感はいよいよ安定だ。
パドゥ

パドゥの感想・評価

3.5
前作のキジ殺しの方が面白かったけど、こちらもそれなりに楽しめた。
今回はカールよりアサドが活躍だった。
宗教問題に切り込んでおり、宗教感が彼らとは異なる日本人の私には理解しがたい部分もあった。
mtmt

mtmtの感想・評価

3.5
発掘した未解決事件を扱ってきた特捜部Qだが、3作目の今回は8年前に流されたボトルメールの漂着から捜査が開始される。扱うのが宗教であり今までよりも哲学的。宗教にトラウマを持つ犯人は憎むべき存在だが憐憫も感じる。結末もそれ故のものか。カールとアサドのコンビは更に成熟。ただアサドが万能すぎるような気も…。
毎度、特捜部Qです。
もはやファンである。

今回もはみだし·アラブコンビがドタバタもせずに粛々と事件を追う。
今回は誘拐事件。

信仰心の強い家庭の子供が狙われるが、序盤「エホバの証人はクソだから犯人」みたいな展開だったから、リアルエホバの証人はとんだ名誉毀損だと思ってたけど、エホバの人達は子供を使って勧誘するし、体罰教育だし、多少は。。ね。

前回、前々回と違って割と晴れてた。
よかったね。

もう、なんといっても終わり方が渋い。
そこだけ見る価値ある。
それ以外は。。まあそれなり。
コペンハーゲン警察で未解決事件を捜査する特捜部Qに、新たな依頼が舞い込む。海辺に漂着したビンの中に「助けて」と書かれた手紙が入っていたが、インクがにじんでほとんど判読不能の状態。差出人の頭文字Pを手掛かりに、手紙を解読しながら行方不明者の割り出しを進めるメンバーだったが……。
sleepygoat

sleepygoatの感想・評価

3.0
シリーズものなのに何故だかダレないシリーズ第三弾。
>|