ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」に投稿された感想・評価

舞台はミッドセンチュリーのNY。主人公ウォルターは建築家として成功しつつも、ミステリー作家に転身しようと、殺人の新聞記事を収集している。

妻は美人だがヒステリックな性格で、性格が合わないウォルターとしばしば大喧嘩をしている。彼はやがて小説のなかで妻殺しを妄想するようになるのだが、その矢先、長距離バスで実家に出かけたはずの妻の死体が発見される。

出だしからヒッチコックライクな巻き込まれサスペンスで、完全に俺好み。調べてみたら原作がパトリシア・ハイスミスじゃないですか!

ハイスミスといえば「太陽がいっぱい」「見知らぬ乗客」「アメリカの友人」など名作クラシックの原作を物したミステリー作家。面白くないわけがない。

彼女の作品は、ここ数年でも「ギリシャに消えた嘘」とか「キャロル」とか映像化が絶えない。そしてそのいずれもが水準以上の作品になっている。

ハイスミスの作品は(1)映像化に向いている。(2)作風がハイブロウなためか日本の観客にほとんどウケない、という特徴があるようだ。
べりす

べりすの感想・評価

1.4
つまんなかった。
面白そうだなって思ってたけど、評価低いだけあった。
字幕のみ。
最初は何か起こるんじゃないかって期待するんだけどあのラスト早くない!?
あのラストならひっぱるだけひっぱったけど内容いらないじゃーんww
y子

y子の感想・評価

2.5
何だろう、とってもピンと来ないストーリーでした。
それで?っていう…。
主人公は小説家でミステリーっぽいものを書いてるくせに、行動がアホすぎてビックリです。疑われるようなことばかりしているなあ…。
そしてセーターをいつもズボンにインしているのがとても気になりました。
パトリック・ウィルソンなので顔はハンサムです。
emi

emiの感想・評価

3.0
この時代のアメリカの車やファッションがゴージャスで目の保養になる。それぞれ個性的な登場人物のキャスティングも映画の雰囲気にはまっていて、特にパトリック・ウィルソンの小物っぽさが巧い。
coro

coroの感想・評価

3.0
妻を殺した男と殺さなかった男の虚妄と現実の境界線。(暗黒街のふたりのミシェル・ブーケを思い起こさせる)人権を無視して乱暴な捜査を繰り返す刑事。
彼らの余りにも不自然な行動にプレイン・ソレイユもきっと泣いている。

古の建造物や街並みに触れながら、クラシックテイストのミステリーを愛でる作品。
yossy

yossyの感想・評価

3.0
出産記念 勝手にヘイリーベネット祭り 第3回

ヘイリーベネットだけでなく「死霊館」シリーズでもお馴染みのパトリックウィルソン ジェシカビール さらにエディマーサンと俳優陣はいい感じ だけど内容がなんかもったいない感じでした
これといって盛り上がりもなく悪い方の淡々と進む感じでここは自分の理解力もあると思いますが結末もよくわからなかったです
なので僕の中での結末はヘイリーベネットなら浮気してもしょうがないです
カシコ

カシコの感想・評価

2.0
奥さんのドレスがどれも素敵で
家がかっこよくて
主人公がセーターをパンツにInして着こなしていたのに驚いた

後は意味わかんなくて眠かった
うーん
なんか勿体ない。最後…
すみ

すみの感想・評価

3.0
サスペンスの筋よりも出演よりもエディ・マーサンの怒りの演技に引かれる。
>|