ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男のネタバレレビュー・内容・結末

ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男2016年製作の映画)

A Kind of Murder

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:95分

2.8

あらすじ

1960年、ニューヨーク。建築家のウォルターは、美しいが神経質な妻クララとの生活に息詰まりを感じていた。ある日、パーティーで会話をした女性に心惹かれるも、それに嫉妬したクララが自殺未遂の騒ぎを起こす。ウォルターはそんな妻に嫌気がさし、妻殺しの完全犯罪を実行したとされる男の記事を思い出し、彼に接触を試みる―― 数日後、クララの死体が森の中で発見された。自殺の疑いが強かったが、ある一人の刑事は夫の…

1960年、ニューヨーク。建築家のウォルターは、美しいが神経質な妻クララとの生活に息詰まりを感じていた。ある日、パーティーで会話をした女性に心惹かれるも、それに嫉妬したクララが自殺未遂の騒ぎを起こす。ウォルターはそんな妻に嫌気がさし、妻殺しの完全犯罪を実行したとされる男の記事を思い出し、彼に接触を試みる―― 数日後、クララの死体が森の中で発見された。自殺の疑いが強かったが、ある一人の刑事は夫のウォルターを怪しむ。

「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」に投稿されたネタバレ・内容・結末

へイリー目当てで
かわいい、誘惑する女が似合う

妻殺しの嫌疑をかけられた本屋の店主
刑事が執拗に追うけど
これはもしかしてやっていないのか?と思わせるような刑事のひどさ
なのに結局殺してた……なんなんだ

主人公の男性の妻は自殺ということでいいのか?
とりあえずなんか気味悪かった
パトリック ウィルソン、ジェシカ ビール、ヘイリー ベネット、エディ マーサンこのキャストで面白く無いはずが無い。妻に死んで欲しいと願っていたら、本当に死んでしまった。何故死んだのか、誰かが殺したのか。あらすじは興味を惹かれるに充分。
それがこの出来。前半の殺人的な退屈さが眠気を誘う。だから仮眠を取る羽目に。何も起きないし、伏線と言う程の物も無い。被害妄想の酷い妻が、浮気を疑う。旦那は何したいのか不明。進展しない殺人事件。原作が古いのか、時代設定が結構前。それに合わせてBGMなども古めかしい。とにかく合わない。
妻が死んだ後に、実は旦那の浮気が本当だったと言う展開。面白いと思った唯一の瞬間。
とにかく、主人公の男に違和感しか無い。鉛筆差し出されても無視して自分のペンで書いたり、タバコを勧められても、自分のタバコを出して吸う、その人間性が信じられない。
妻殺しの男に何故か会いに行く。何も知らないフリして近付いたのに、突然事件の事を切り出す不用意さ。名前と住所を書くなんて有り得ない。普通に考えて偽名を使うはず。
妻が乗ったバスを車で追い掛けるのも理解出来ないし、途中で休憩するレストランで人に話し掛ける無邪気さも謎。
アリバイを聞かれて愛人の名前を出すのも不自然だし、本屋を知らないと嘘をついたのに後で本屋に行ってしまうなど稚拙さが目立つ。
刑事の捜査手法も無茶が過ぎる。今よりも色々緩い時代だろうが、容疑者を殴るとか店の物を破損させるのは流石に怒られるでしょ。
謎が謎を呼ぶ作風かと思いきや、終盤で本屋の殺しのシーンが急にフラッシュバック。結局、何の証拠も提示されなかった。
ラストの件は、本屋が主人公を殺しに来て、刑事が追いかける軽いアクション。作風ブレ過ぎ。アクションも適当。主人公と間違えて警官殺してたが、「私が殺した!」って叫んでた。
メインの4名を活かせていない上に、脚本が悪い。最後のセリフは何を意味するのか。殺して無いって事で良いのか。
心の中の事くらい許してほしい。
どういう展開になるんだろう…!とジワジワ腰を浮かせたものの、中盤からそっと腰を下ろすような映画でした。

なんで嘘吐くの?ほんとにやってないなら、隠さず話してた方がよくないですか、パニックで咄嗟に嘘吐いた様にも見えなかったし…。
奥さんが死ねばいいと思った事への罪悪感なのだとしたら、女性のとこへ行ったりせず正直に話すか、いっそ罪を認めるくらいの覚悟があればよかったのにな、、、

夫のキャラクターがちょっと同情も共感も出来ず、優柔不断で嫌だなぁと。
すごく微妙。真相はどっちだろうと演出次第でもっと面白くなっただろうになんでこんな中途半端な作品になっちゃったの...。クララをメンヘラに見せることで「あんな妻じゃ殺してたとしても仕方ないよねぇ」と思わせたトコは良いと思う
鑑賞日:個人的メモ


妻の志望理由は
自殺か 夫による殺害か。
二つの事件解明になるのか
視点は面白いが
ストーリーはちぐはぐ。
出だしからでてくる
若い女性シンガーとの関係も
イマイチよくわからない。

最終的に あやふやに真相がわかったような、わからないような。
どうも最近「未体験ゾーンの映画たち」の作品ばかりチョイスしてる気がします(笑)

やっていたのは知っていましたが観に行くことはできずでした。
当然どんな作品が上映されているかも知らず。


今こうして選んでるのは完全に無意識です。

にしてもTUTAYAのチョイス凄いな…。



映画自体は正当なサスペンスでした。

「本当はどうなの?」

という所をしっかりと怪しく見せており、それだけでも最後まで「次はどうなるんだろう」とドキドキしながら観られました。


主人公の最後の笑ったまま死ぬシーンはなかなか。
可もなく不可もなく。何もかも想像の範囲内で進んでゆくのだが、ビンセント・カーシーザーさん演じる刑事の行動だけが読めなかった。被疑者を殴るとは、現代では考えられないことだ。

主人公ウォルターの苦悩、怒りを覗き見るのが醍醐味かと思う。主人公に共感できないと、とてもつまらない作品になる。
そして、クララは他殺なのか自殺なのかということに焦点が絞られてからが、長い。ウォルター視点で物語が進んでて、ウォルターは殺していないから自殺だろうに。
クララが遺したものは、自分を不幸にした人々への復讐か。謎の死に振り回される人々を観る95分。苦しむ人々は自業自得なので、観ていて心が痛むことはなかった。

この作品は既にDVDで観ることができる。1960年代が好きな方、原作が好きな方は是非。

結局主人公の妻は自殺なのか他殺なのかよくわからんままだった。
画面も暗くて顔の判別がつかない時も。
パトリシアハイスミスっぽさは確かに感じた。