ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男の作品情報・感想・評価

「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」に投稿された感想・評価

舞台はミッドセンチュリーのNY。主人公ウォルターは建築家として成功しつつも、ミステリー作家に転身しようと、殺人の新聞記事を収集している。

妻は美人だがヒステリックな性格で、性格が合わないウォルターとしばしば大喧嘩をしている。彼はやがて小説のなかで妻殺しを妄想するようになるのだが、その矢先、長距離バスで実家に出かけたはずの妻の死体が発見される。

出だしからヒッチコックライクな巻き込まれサスペンスで、完全に俺好み。調べてみたら原作がパトリシア・ハイスミスじゃないですか!

ハイスミスといえば「太陽がいっぱい」「見知らぬ乗客」「アメリカの友人」など名作クラシックの原作を物したミステリー作家。面白くないわけがない。

彼女の作品は、ここ数年でも「ギリシャに消えた嘘」とか「キャロル」とか映像化が絶えない。そしてそのいずれもが水準以上の作品になっている。

ハイスミスの作品は(1)映像化に向いている。(2)作風がハイブロウなためか日本の観客にほとんどウケない、という特徴があるようだ。
yossy

yossyの感想・評価

3.0
出産記念 勝手にヘイリーベネット祭り 第3回

ヘイリーベネットだけでなく「死霊館」シリーズでもお馴染みのパトリックウィルソン ジェシカビール さらにエディマーサンと俳優陣はいい感じ だけど内容がなんかもったいない感じでした
これといって盛り上がりもなく悪い方の淡々と進む感じでここは自分の理解力もあると思いますが結末もよくわからなかったです
なので僕の中での結末はヘイリーベネットなら浮気してもしょうがないです
カシコ

カシコの感想・評価

2.0
奥さんのドレスがどれも素敵で
家がかっこよくて
主人公がセーターをパンツにInして着こなしていたのに驚いた

後は意味わかんなくて眠かった
うーん
なんか勿体ない。最後…
M

Mの感想・評価

-
🔪📖
すみ

すみの感想・評価

3.0
サスペンスの筋よりも出演よりもエディ・マーサンの怒りの演技に引かれる。
CHANELGIRL

CHANELGIRLの感想・評価

2.5
アメリカ映画🤓面白かった🥰最期の笑みが意味深。結局どっちだったのかな⁉️
浅

浅の感想・評価

2.4
結局何なんだよ。
つよ

つよの感想・評価

2.0
タイトルが気になってチェック。
謎とサスペンスと。
大きな起伏のない映画。
ケイコ

ケイコの感想・評価

1.0
観賞中、何度も「ウソよねーん!」とごっつのギャグを叫んでしまった。
なんだこの面白味もヒネリもない展開は?
>|