ふなっしー

gifted/ギフテッドのふなっしーのネタバレレビュー・内容・結末

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)
4.9

このレビューはネタバレを含みます

この映画にある「子供」との関係性が『この世界の片隅に』のラストシーンの延長にあるような...。 血縁関係というのはもしかして古い価値観なの? 血縁関係の絶対性が否定されたわけではないし、子供と親の弟との血縁関係はあるっちゃあるけど、ともかくそれよりも大事なものがあるということで...。私的には血の繋がりとか、そういうのも関係ないぜくらいのところまで話を広げたのを観てみたかった。弟じゃなくて隣人だったとか。でも隣人出て来てるじゃん!! めっちゃ愛してるじゃん!! あの隣人の役割ってそういうこところまで含んでたのかな? そんなことは監督が考えていなかったにしても、わお!って感じ。才能か愛か、幸せの基準とは、その他にも、自分の子でもない子を迎い入れる公共性(?)とかも考えると超深い。『探偵はBARにいる3』の北川景子も同じような...。この方向でどうしても結びつけたい私ですが、そんなこと抜きでもおもろいっす!