nozomi

gifted/ギフテッドのnozomiのレビュー・感想・評価

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)
4.0

アメリカ・フロリダ州タンパ近くの小さな村で、7歳のメアリー(マッケンナ・グレイス)と片目の猫のフレッド、メアリーの叔父のフランク(クリス・エヴァンス)は暮らしていた。

自宅学習を望むメアリーに対して、「外の世界に出て友達を作るべきだ」と考えるフランクは、彼女を小学校に通わせることにする。

メアリーの親友の近所に住む中年女性のロバータ(オクタヴィア・スペンサー)は、メアリーを小学校に通わせることに反対だった。それには理由があった。

算数の授業中、メアリーは担任教師のボニー・スティーヴ(ジェニー・スレイト)にたてついたことで、その場で難しい問題を出されるが、難なく解いてしまいボニーを驚かせる。

メアリーには飛び抜けた数学の才能があった。それを知った小学校の校長はフランクを学校へ呼び出し、奨学金制度を利用してメアリーをギフテッド向けの学校へ入学させるよう勧めるが、フランクはそれを断った。

フランクには、天才数学者と言われた姉のダイアン(メアリーの母)がいたが、彼女が自殺をしてしまった過去があった。
その辛い過去からフランクは、メアリーを普通の女の子として育てる決意をする。

しかし、メアリーの祖母でフランクの母のイヴリン(リンゼイ・ダンカン)が、メアリーの才能を伸ばそうとした為、対立したフランクとイヴリンは、メアリーの親権を争うことになる。 

「(500)のサマー」「アメイジング・スパイダーマン」のマーク・ウェブの監督作品。

ギフテッドとは、先天的に平均よりも顕著に高度な知的能力を持っている人のことを指すそうです。

彼女にとっての幸せとは何だろうか。地位や名誉、財産を得ることだけが幸せといえるのだろうか…。

そういうフランクの迷いの感情は、メアリーの幸せを真剣に考えているからこその迷いで、彼女への愛が溢れてました。  

実の親子ではなくとも、二人にはそれ以上の絆を感じたし、なんだか羨ましくも感じてしまいました。

世に名を残すこと以上に大切なことってありますよね。けれど、それを見極めることって本当に難しい。

メアリー役のマッケンナ・グレイスちゃん、大人びた演技と生意気な感じが可愛かったです。