NAOKI

gifted/ギフテッドのNAOKIのレビュー・感想・評価

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)
3.7
黒板いっぱいに書かれた数式…7歳のメアリーは最後にちょっと大きめに書く…

QED

証明終わり!ってことらしいけど、一生に一度くらい経験してみたいな…
まぁ…無理だろうけど😁💦

この「ギフテッド」
あらすじを見てもらうとわかる通りそのまんま…見初めたらすぐわかる…なんの捻りもない直球勝負のそのまんまの映画…

おれがもっとも嫌う種類の映画…会議のテーブルでさ…
「こういうテーマで…こんな感じで…こうすりゃ観客なんてイチコロ…スクリーン見て泣いてるバカを隠し撮りしてCM作って大ヒット!」
こうやって作ったんじゃないのか?
おれはこういう映画…大嫌いなんだよ!

ところが見終わったあと泣いてるところを隠し撮りされてCMにされたのはおれでした!😁💦

なぜ!?

まず主役のクリス…なんというかすごいイケメン!て訳ではない…なんか地味というか…いなか町じゃモテモテみたいな😁…なのに凄まじい安心感…頼れる感!それがこの役者というよりキャプテンアメリカから来てると気づいて苦笑いしてしまいました。

メアリー!可愛いよね!でもこのくらいの女の子なんてみんなこれくらい可愛いよ…
万引き家族で観たばかり…

彼らを取り巻く様々な人たち…基本的に悪い人なんて一人もいない。隣人の黒人のおばさん…オクタヴィア…何この人の安定感!ドリームチーム…メアリーが半魚人に見えてきます😁💦

みんな子供の幸せだけ考えてりゃいいのに…考えているのに!なんかうまくいかなくて…怒り…涙…行動!

そして結末…ほらなんの捻りもないじゃん。

あー😁分かった!
おれがこの映画にやられたのはフレッド!こいつのせいだ!メアリーが学校で自分のペットを紹介するシーン…おれはここでやられたんだ。

「うちの猫は歴史上一番すごい猫です。名前はフレッド…目がひとつしかないの…数えてみてもいいけどいつも必ず1つなの。ものすごく頭がいいけど誰も気づいてない…誰もわかってないのよ」

そして観た人にだけ…クリスはこのフレッドだけではなく一緒にいた猫たちも車に積んでたよね!

みなさん!そういうとこです。
この映画には先に会議で偉そうにしてたアイツはいなくて、隅々にまで丁寧に行き渡った愛がある…

目が1つしかない猫…フレッド…こいつだったんだ!

「数えてみてもいいけどいつも必ず1つなの」

QED (証明終わり!😁💦)