おとうちゃん

gifted/ギフテッドのおとうちゃんのレビュー・感想・評価

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)
4.0
知能指数より幸せ指数!

孤独な男と天才少女の絆を描くハートフルドラマ。

ギフテッド:天性の才能。一般的にIQ130以上の天才。

ギフテッドの少女メアリーを天才に引き上げるか、それとも普通に引き下げるか、苦悩する叔父フランクとメアリーの担任教師ボニーは、私生活でも くっついたり離れたりを繰り返しているクリス・エヴァンスとジェニー・スレイト...ベッドシーンはお手の物(#^^#)ナレアイ ナレアイ

『インフィニティ―・ウォー』でキャップが髭を生やしていたのは、この映画の収録と被ってたのかな(''◇'')ゞタブン!

幸い我が娘は、間違ってもギフテッドではないので、別の世界の物語として安心して観ることが出来た(^_-)-☆笑

「あなたは娘の将来を、正しい方向に導いている自信がありますか?」

親権を求める裁判で判事がフランクに尋ねた質問...もしも私めなら「イエス」なんて とても言えない。
その答えは、娘が一人前の大人になった時、娘の口から聞いてみたい。

この映画は教えてくれる。
神様がくれたギフト(贈り物)は、ラジウムより希少な数学の才能なんかじゃなく、メアリー自身である事を...

そして、どんな難しい方程式を解くよりも、メアリーの笑顔を守る方が ずっと価値がある事を...

一番大切なのは愛する才能!

ちなみに知能指数IQは中央値を100とし、70以下は知的障害のレベル。
IQが30離れていると、普段の会話が噛み合わないと言われている。
よく人から「話が噛み合わない」と言われる私めは、恐くてIQを計ったことがない(;^ω^)ダンコキョヒ!