じゅじゅ

gifted/ギフテッドのじゅじゅのレビュー・感想・評価

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)
3.6
キャプテンアメリカのイメージが強い役者さんが姉の娘(つまり姪っ子)の父親代わりとなって終始葛藤する叔父さんと姪っ子の絆映画です。

亡くなった母親から譲られた天才的な数学の知能を持つ姪。
その才能を持った子どもをどういう環境で育てるのがいいのかを問われているのが話のミソです。

どんなに人より優れた才能を当人が持っていたとしても、その才能を活かすことが当人の幸せに繋がるとは限らないのです。
大人も子どもも本人の意思が一番尊重されるべきですね。
才能が活かされなくても当人がそれでいて幸せだったらそれでいいです。
親は子どもにとって一番の幸せは何かを考えます。
けれどそれを自分や周囲の考えで決して押し付けてはいけないですね。

姪っ子役の子が可愛い、娘ってこどもって可愛いですね〜
亡くなった母親の死の理由については深く掘り下げられませんでしたね。
もうちょっと深い話があるのかなと思っていましたが事なきを経て落ち着くところに落ち着き平和に終わる映画でした。
少々物足りない感はありましたが、子を持つ親として考えさせられるテーマの作品でした。