みょん

gifted/ギフテッドのみょんのレビュー・感想・評価

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)
4.9
これ、すごくよかった!
とっても素敵な作品でした!

「キャップが、子供と戯れる映画でしょ…」

違います!



哲学の元大学准教授フランクが、自殺した姉の娘を育てて7年。ある事情から、身を隠すように暮らし、学校には通わずに自宅で学ぶメアリー。
物語が動き出すのは、メアリーを外の世界へ出すべきだと、学校に通わせることになったとき。
メアリーは類い稀な数学の才能を発揮する。

その才能が大人の邪な考えの餌食になっていく。

姉はなぜ弟フランクの元にメアリーを連れてきたのか…


夕陽をバックに2人が神様について話すシーンがとってもいいシーンで大好き♡


養育権を巡る争いは嫌というほど映画の題材になっているけれど、脚本がとてもよくて、飽きずに観られるし、細かいところまで気が配られた演出で、最後が一捻りあって、見終わったときに、スカッとした!


いつも言ってますが、私の中では子どもは絶対的な存在なので、この作品にはとても合ってましたね!


本当に、子どもは幸せであるべきだし、大人はそのために導き支えるべきだと思う。

もちろん、人間なのだから、その中で間違いをおかすことはある。大切なのは、その間違いに気づいたとき、それを認めて正せるかということだと、この作品を観て改めて感じた。

その意味で、とても心温まる作品だった。


追加!エンディングの曲がめっちゃいい👏