gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

「子供にとっての幸せとは?」というどストレートな設定なのにありきたりに終わらせない脚本と演者の演技力。

役者陣の演技の自然さが凄く良くて、わざとらしさが感じられない。クリス・エヴァンスのキャプテン・アメリカとはまた違った演者としての実力を魅せてもらった気がします。

この人の顔はそこまで濃い顔ではないから良い意味で印象に残らないというか、他の作品を見ていてもキャラクターに縛られてない様に見えます!

彼が演じるフランクが優しくも何処か影あるキャラが魅力的!


天才的な数学脳を授かったメアリーに平凡な生活をさせるか英才教育を受けさせるかという問題、毎回この手の話をみて思うけど子供に選択権がないのが辛いな〜と思います。

結局、親は選べないし大人に生き方を決められてしまう子供は果たして幸せなのかな?と思ってしまう笑

もちろん双方の言い分もわかるけども!

“ギフテッド教育”と聞けば聞こえはいいかもしれないが…

果たして本当に子供がそれを望んでんのか?

幸せにはそれぞれの形があるということを自然と観客に改めて教えてくれる。

間違いなくフランクはメアリーにとってのキャプテン・アメリカだった。


…ていうホッコリなハートフル映画でした。笑

このメアリー役のマッケナ・グレイスちゃんが可愛くて「また凄い子役があらわれたな〜σ^_^;」と驚きです。笑


そしてこの映画は振りを効かせるのが上手いと感じる映画でもありました!


特に小学校でボニー先生に挨拶するとことか笑


マーク・ウェブ監督の新たな代表作とも言える良作品だと言えるんじゃないでしょうか!


「良い映画観たな〜」と軽快に劇場を出れる映画だと思います!^_^
SayoNoda

SayoNodaの感想・評価

4.0
子なしで甥姪がかわいくてしょうがない私にとって、主人公が姪を守りたい気持ち、めちゃくちゃ共感した。

親の期待で押しつぶされそうな子どもの気持ち、子どもにとってどんな大人が必要なのか、といったことを教えてくれる。

いろんな人にオススメできる。
胸が締め付けられる場面もたくさんあるけど、笑顔もたくさん。泣けて、考えさせられる映画。
minorufuku

minorufukuの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

主人公は天才数学者だった姉の忘れ形見である7歳の姪のメアリーを男手ひとつで育てている。小学校に入学したメアリーは大人もうならせる頭脳を見せつけ、教師たちにも特殊な教育を受けるべきと薦められる。しかし、主人公はあくまで普通の小学校に通うことを望んだ。そんな彼らのもとに、主人公の母が訪ねてくる。母は、姉の才能を受け継いでいるメアリーを引き取りたいと申し出る。やがてメアリーの親権を争う裁判が始まるのだが…という話。

(500)日のサマーのマーク ウェブ監督作品。僕はこの監督の作品はアメージングスパイダーマンシリーズのみ鑑賞。主演はキャプテンアメリカでおなじみのクリス エヴァンス。

姪っ子が天才である以外は典型的なファミリー映画で凝ったストーリー展開もないのだが、登場人物のキャラクターが確立されていて、その魅力で最後まで楽しむことができた。天才一家それぞれの孤独を描いているのも興味深い。そして何と言っても、子役の女の子が可愛らしい。
天才特有の生意気な部分はあるものの、クリス エヴァンス演じる叔父の育て方が良いのか、ヒロインらとても素直に育っている。また、上級生にからかわれているクラスメイトを助けるために暴力沙汰を起こす勇ましさも持ち合わせていた。
メアリーを巡って主人公とその母親が裁判で争うパートがメインなのだが、立場は異なるものの、2人とも心からメアリーの将来を案じているので、観ていて複雑な気持ちになった。終盤に明かされる姉の秘密には驚かされたし、母親の涙にはこちらももらい泣き。まあ、飼いネコの扱いはシャレにならないくらい殺意が湧いたけれども。

作中に出てくるミレニアム懸賞問題「ナビエ-ストークス方程式の解の存在と滑らかさ」は、実際にはまだ未解決らしい。なんかロマンがあるねえ。
クリスエヴァンスの父親役がカッコいい!
まるで遊具のようにクリスに乗って遊ぶ子供が羨ましい❤︎

子供って偉大。
偉大な人の子供は親次第で人間らしく生きられる…って話。
miyuka

miyukaの感想・評価

4.5
主役の女の子天才
最高だった
やっとDVDで鑑賞。これは映画館で観なくて良かった…。泣けて泣けて仕方なかったわ。自分史上、"I am Sam"と張るくらい号泣。"リトルマン・テイト"が好きな人にも観て欲しい映画です。
puka

pukaの感想・評価

4.2
素敵な映画。
masakosama

masakosamaの感想・評価

3.5
最後ブラウニーになってたのが可愛かった。
kaz

kazの感想・評価

3.9
父と娘の物語って結構好きなんですけど(今作は父じゃないですけど、まあ類似作品ということでσ(^_^;))、やっぱり予想通り外さないですね。

確かに大体観たことあるような印象の映画であることは否定しませんが、映像もすごくキレイで好みだったし、クスッと笑えたりでクオリティ高めな作品でありました。

何より『キャプテン・アメリカ』でしか知らなかったクリス・エヴァンスの演技が新鮮で素晴らしかったし、あとは何と言ってもメアリーを演じたマッケンナ・グレイスちゃんが噂に違わず可愛すぎます!
いや、ただ可愛いだけではなくて、大人びて聡明な佇まいや、時には子どもらしく、また或いは泣きの演技と表情豊かに演じていて感服いたしました…!

でもこの手の作品って、必ずといって言いほど、子どもの預かり知らぬところで、大人たちが裁判で妥協点を模索するという苦い展開になってもどかしい…(>_<)

天賦の才に恵まれた子どもをどう育てるか?意見は確実に分かれると思いますが、個人的にはそういう時こそ、子どもの想いに寄り添うということが一番重要で、最終的には子どもの意思を尊重することがベストだと思うわけです。
SENGEN

SENGENの感想・評価

3.8
とにかくかわいい
>|