gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

『ギフテッド』ー与えられた天賦の才能ー

でもね……実は

産まれてきたことが『ギフテッド!』


人は何も持たずにうまれてくる

何かを持ってるから愛されるのではない

なにも持たなくても『そのまま』を愛してもらえる存在



ー『彼は最初から愛してくれた』ー

そう、フランクは愛してくれた



人だからイヤなこと言っちゃう時もある
でも、そんな時は心から謝ってくれた



どんな時も、その愛は裏切らないと感じた時


そして
自分は祝福された存在だと知った時


今度は愛を注ぐ人へと成長するのさ


『フレッドへの愛!!愛、愛、愛!!』

メアリーの雄叫び!最高!
エッジのない映画である。
キャプテンアメリカが主役をはっているが、彼に焦点を合わす必要性が薄い。彼は天才児の親でもないし、元大学教授な割には即物的な行動しかせず、そもそも毎週土曜日は子供とは別行動という自分勝手さ。

つーか、演技が下手だねー、クリス・エヴァンスは。

映画は実母と裁判になるが、骨肉の争いのような展開にせず、天才児童をどう扱うかにもならず里親案が浮上。

ああ、妥当だねー、と思ってたら「ザ・普通」の展開に。先生との情事にしても物語上必要ないし、こんな俗な映画撮るなんて、、

マークウェブも落ちたなー。
メアリーを連れて行った病院のシーンが印象的。心暖まる映画
まゆげ

まゆげの感想・評価

4.0
母親を亡くした天才少女と家族の物語。
基本的には、育ての親である叔父のクリスエヴァンスと祖母のリンジーダンカンが、娘の親権を巡う話がメイン。

アバウトタイムでは、穏やかでお茶を愛する優しいお母さんだったリンジーダンカンが今回は、自分のエゴで夢を諦めきれず、娘に対して少し間違った愛情を注ぐ母親を熱演していた。
個人的には、ただのヴィラン側として憎い存在でしか本来描かれなさそうな役柄でも人間くさい部分や彼女なりの愛情がみえてとても良かった。
すこし哀愁漂う影のある優しい叔父さんを演じたクリスエヴァンスもめちゃくちゃよかったけれど、娘役のマッケナグレイスの演技が最高に素晴らしかった。
アイアムサムのルーシーことダコタファニング以来。
周りと異なる特別な才能をもって生まれてきた少女を好演していた。

また映像と脚本のセンスの光るシーンが多く、特にクリスエヴァンス演じるフランクとマッケナグレイス演じるメアリーの2人の関係を絵的にみせるシーンとウィットにとんだ会話でみせるシーンのバランスがよい。
親権を奪い合うため、法廷のシーンも多くここでの会話劇も印象的。

ストーリー自体は、特別珍しいものではないけれど、丁寧なつくりと役者陣の演技でとても良い作品だった。
kanako

kanakoの感想・評価

4.0
泣いてしまったー
メアリーとフレッドがとにかく可愛い。
可愛いすぎる。癒された。
小技の効いたシーンや可愛いエピソードが多くて素敵だった。
がく

がくの感想・評価

4.0
うーむ、やっぱりこの手のテーマは安定で面白いなぁ。

クリス・エヴァンズが元哲学者には見えないが…。

そして安定なだけあってどこかで見たことあるような展開。

でもやっぱり安定に大好物なジャンルなのでこの点数。

デカルトの方法序説は読んだことあるよ。
黒板数式映画第3位!
1位グッドウィルハンティング
2位ドリーム
こむぎ

こむぎの感想・評価

3.8

"特別な子"って身近にいるわけではないので、あまり親近感がなかったけれど「才能を育てるか」「普通の子として育てるか」の選択は本当に難しいと思う。

特別な子じゃなくても、親の育て方に正解は存在しないわけで、結局子どもにとって何が幸せなのか尊重することが一番の選択だと思った。

ストーリーは思ったより重くなかったので、気軽な気持ちで観れた。フランクと離れ離れになる時のメアリーの演技に胸を打たれた。
Emmy

Emmyの感想・評価

4.3
天才的な「数学」の才能を持つ7歳の女の子を巡って、周囲の大人たちの意見が衝突する話。
「普通に育てたい」vs「才能を伸ばしたい」

どっちサイドにも共感できる〜(>Д<)
子どもには元気いっぱいに遊んでほしい!
でも才能があるなら英才教育でもっともっと才能を伸ばしたい!
どっちも分かるな〜

子どもにとっての幸せって何だろうと考えさせられる家族の話でした!
肉mikan

肉mikanの感想・評価

4.0
クリスエヴァンスが好きだと再確認。
30
>|