gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

kagikkt

kagikktの感想・評価

4.0
子供って本当に自分に愛情持っているかどうか
わかるんだよね。

途中、うるうるしながら観ました。

子役の演技がすばらしかった!

秀作でした。

このレビューはネタバレを含みます

メアリーめっちゃ可愛い。

フランクはメアリーのことを想っていつも行動してて、離されなきゃならない現実に涙しかなかった...。

最後は一緒になれて良かった(><)

そして、フレッド可愛すぎるよ、他の子も引き取ってて尚良かった!
HRM

HRMの感想・評価

3.8
メアリーが、実父に必要とされてないと知って絶望したときのフランクの対応が素敵だった。
ああされたことによってメアリーは誕生を祝福されたことを実感として得ることができて、嬉しかっただろうなと思う。

みんなメアリーのことを思っているようで、イブリンは実の娘から引き続きメアリーに自分の夢や過去を投影しているんだろうなーって。
その点フランクは自問自答しながらメアリーの幸せを第一にきちんと子育てしているなぁと。

メアリー役の子がまつげが長くて、すごく可愛かった。
賢い子だろうな。昔のエマ・ワトソンを思い出させるような。
今後が楽しみ!
「幸せ」は自分で決めるもの。どんな形であれ。とにかく感動した。
Mer

Merの感想・評価

3.5
子育てに正解なんてないんだよね。それぞれの立場からメアリーの幸せを願うからこその行動。
いろいろ疑問点は残るが良作
ar

arの感想・評価

4.0
これはめちゃくちゃ良き。
泣きました。
2人がある意味恋人のようにも見えて
微笑ましかった。笑
takesho

takeshoの感想・評価

4.0
フランクとメアリーが離れるシーンは号泣
mayu

mayuの感想・評価

4.6
二回見ました!
この映画、大好き!

喜怒哀楽するメアリーがめちゃくちゃ可愛かったです。。

「なにが正解なのか、人の幸せや愛に方程式はなく、難しい。
ナビエス・トークス方程式を解くことのように、それを生涯考え続けることで解は導き出される可能性がある。」

人生に対しての明るい希望と、覚悟、立ち向かう勇気をこの映画から学ぶことができた気がします。

メアリーの母ダイアンは数学と同等の難しさがあるのであれば、数学ではなく、フランクのようにたくさんの人から愛される人生をメアリーに選択させたかったのではないかな、と思いました。

母ダイアンがメアリーに対して人生最大の難題と願いを残していったのではないかと。(もちろん単純にイブリンに託したくないという想いもあるとは思いますが…)

なんて賢くて素晴らしい女性であり、愛情の深い母親なのだろう、、、と感動してしまいました。

フランクは、メアリーを何度も保護施設に連れて行こうとしましたが、メアリーが愛おしくて仕方なく連れて行けなかった、(自分のエゴだったというニュアンスが強め)など自問自答していましたが、

「自分で考えろ、でも信じることも恐れるな」と正解を押し付けずに話したり、
実際に病院へ連れて行って出産場面をメアリーに体験させたりと、
愛情たっぷりにメアリーに接していて、最後のシーンではこんなにメアリーが優しくて賢いのであれば私の育て方は間違ってなかった、と昇華させていました。

必ず親子ではなくても、フランク、ロバータ、ボニーなど周りの助けがあればメアリー本人は素直に賢く優しく育っていける。
愛のある環境があってからこそ、人は成長できる、というメッセージが大好きでした。

私はまだ子育てをしていない身ではありますが、
子どもを育てるとなると、子どもがやりたいことを金銭的な理由でさせてあげられない、という壁にぶつかったり、自分の育て方に自問自答をするときが来るのだと思います。

そんなとき、自分のところに来なかった方がこの子は幸せに暮らせた、才能を伸ばせたのかもしれない、と悩んでしまうのだと思いますが、
その時にこそこの映画のことを思い出すことができればいいなと思います。

(もしかすると、そもそも悩んだり、不安を感じたりすることだけでも、相手を大切に思う気持ちでありそれこそが愛なのかもしれない…と対照的なイブリンを見て感じました。笑)

あとフランクがメアリーの先生ボニーにbarで、「恐れていることは?」と聞くシーンが私的にはとても印象的!オシャレすぎる口説き方。
大好きなシーンのうちのひとつです。
>|