gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

シノ

シノの感想・評価

3.9
亡き姉が残したメアリーを赤ちゃんの時から男一人で育てていたフランク。
知能が高いメアリーは7歳になり、普通の学校に通わせたいフランクといい暮らしでえいさいきょをさせたい母のエブリンが養育権を争います。

普段はあまり見ないヒューマンドラマでしたが、人間味あふれる映画で最後まで楽しめました!
Tai

Taiの感想・評価

4.2
私は〝gift=才能〟という英語の表現が非常に好きです。
日本語でも〝天賦の才〟という言葉がありますが、自らの突した力は神から与えられたという宗教的な考えながらも、傲慢にならず、日々感謝して生きるという宗教の根底にある心理を感じる言い回しですね。
私自身は無宗教ですけどね。
この「gifted」もタイトル通り、突出した数学の才能を持つ7歳のメアリーを取り巻く大人たちの物語。

普通の子供と同じように育てたいと思う叔父と、その才能で世界的偉業を成すことが出来ると信じ、専門教育をさせたい祖母。
一体、何が彼女の未来の幸せに繋がるのか?
その対立は世界中の子供が身近にいる大人が少なからず持つ問題で、簡単にどちらかを切り捨てることも出来ないものでした。

またこの作品の最大の魅力がメアリーの可愛さ!
叔父のフランクへのベッタリ感は、マセた所がある彼女を最大限に可愛らしくさせています。
だから涙なしには見られなかった!
そして、子供らしく色々なことに興味をもったり、その力を発揮するところは、普通の親ならその1つ1つに「ウチの子将来〇〇になれんじゃないの⁉︎」と期待を膨らませてしまいそうな程ほんとメアリー天使。
数学の研究者より歌手になった方がいいよメアリー。

色んな場面でタイトルを感じさせるので、本当に別の邦題をつけられなくてよかったです。
自分が子供を育てる身になったら度々観たい作品。

そしてフランク役のクリス・エヴァンスが誰かと思えばキャプテン・アメリカさんじゃないですか!
エリートコースからドロップアウトして、その日暮らしのような仕事をしつつも、良いトコ育ちな雰囲気が漂うフランクにドンピシャな配役でした◎
まあ、結局はメアリーちゃんに全部持っていかれますけどね!
いやあ、また素晴らしい映画に出会ってしまった!!
好きなシーンのオンパレードでした!!

天才キッズを普通に育てるべきか、特別に育てるべきかという馴染みがまったくない葛藤に対する自分なりの答えも見出せないまま、ただただ行く末を見守ることしかできませんでした。

父と母の対立じゃなくて、叔父と祖母の対立という具材も良い味出してるんですよね。

そして恐ろしいぐらいに頭の回転が早いこの一族によって繰り出される皮肉あるいは行動の切れ味の良さよ。こういう返しが自然にできるようになりたいと大変良い刺激もいただきました。

あと触れざるを得ない天才キッズ役の天才子役マッケナ・グレイスさんね。もうおいそれとちゃん付けで呼べないですわ。天才的な一面と子供らしい一面の使い分けが上手すぎる。

そしてキャップ叔父さんことクリス・エヴァンスさんもダディっぽさを出しつつ、ラストの方は完全にキャップだった。全猫好きを味方につけたよ、あれは。
天才キッズと神様の存在について会話するシーンも味わい深く、映像も会話の内容も尊かった。

そして対照的にデカルトの有名な命題については、ズバッと小気味好く返す天才キッズ。
哲学者もそうでない方も泣ける、おススメ映画です。
忘れられない一本となりました。
子どもを持つ全ての人に観てもらいたい。

親は子どもにとって良いと思うことを全力でしてあげたい。でも、時にそれは押し付けとなってしまうことも。愛情が深いからこそ心配になるし、大事にしたいと思うから。

でも、一番大切なのは、子ども自身が「どうしたいのか」その声に耳を傾けること。

子育てに迷った時は、
これを観て目を覚まそう。最高でした。
zakkieen

zakkieenの感想・評価

3.8
病院のシーンが好き!素敵すぎる!

なんにせよ子供は子供らしく様々なことを学べるのが1番だ😊 その中で得意な事を伸ばしてあげれたらハッピーですね〜😊😊
最高。

大好きな映画に追加。
心温まる良い話。子役の子ほんっとーにかわいい!
Shuu

Shuuの感想・評価

5.0
天才数学少女を誰が育てていくかというストーリー。
思っていたより、考えさせられるストーリーで、クリス・エヴァンスがよく演じています。
エヴァンスが権限に負けずに、愛情を持って彼女と向き合うところや、普通の生活をさせてあげたいという強い気持ちには、心を打たれました。
こちらこそ、いい映画に出会えて嬉しいです。ありがとう、ギフテッド!
こーじ

こーじの感想・評価

3.0
キャップが予想しなかったほどにパパ。娘の天才設定はそれほど重要ではなく、基本は割とよくある子供の幸せとは、な話。そんな話として期待通りに楽しめる。母親と祖母の対立は間接的にしか描かれないため、その確執は若干感じにくい。
>|