gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

天才な子供をどう大人が接するか
Kay

Kayの感想・評価

4.0
天才的才能を持つ子どもにとって、「最適」な環境とは何なのか。
その才能をひたすらに伸ばしてあげる。それと引き換えにその妨げとなる存在や関係は無理矢理にでも遠ざける。
たしかに、何億人のうちの1人の才能がある場合、その子がアカデミックに貢献しなければ研究は進まない。自分の子どもがその1人であった場合、親と子供の関係以上に責任が生じる。
ただ、ここにはいくら何と言おうと親の押し付けという面も存在する。結局は親がそう思うから、そうあってほしいという理想像を子どもに投射しているから」なのである。
それでもやはり、「最適解」はケースバイケースなのであろう。色んな環境の可能性を開けつつも、彼女自身の心の内、コアな部分は同等に尊重しなくてはならない。「まだ子どもなのだから」というようなパターナリズム的な考えは暴力的な願望の押し付けにもなり得るのである。



単純な感想で言えば、映画全体の雰囲気が好きだった。メアリーの多彩な表情にはその通りに自分も心動かされた。悲しい時には悲しい。嬉しい時には嬉しい。そんな彼女と、一定の横と縦の距離感で接していたフランク。「〜してあげる」というような「親」のロールモデルに嵌る性格でなく、自由であっても正直で真っ直ぐな彼だからこそメアリーとうまくやっていけるのだろう。
せんり

せんりの感想・評価

4.0
メアリー役の子は実際にも天才やと思う。エンディングがめっちゃ良くてすぐダウンロードした。
ペンた

ペンたの感想・評価

3.8
"gifted"=「天才的な」
天才的な数学の才能をもった女の子メアリーと、その家族の物語。

映画を見て、つくづく思った。
「才能を伸ばす」ことは、正解が無い。
親や家族の思う育て方が常に正しいとは限らない。
かと言って、子ども本人の意思だけでも足りない。

正解をさがす家族は、未来へと一歩踏み出せるのか。

マッケンナ・グレイスが、
メアリーの子供らしさと天才的な数学センスという二面性を非常に上手く演じていた。
キュートで目が離せなくなること間違いなし。
WOWOWにて視聴しました!
汚れない心の通い合い🧡

そんな映画。
観れて良かったです!
すっかり大人になってしまった我が子達に勧めたら、どんな感想を抱くのだろう?
yuka

yukaの感想・評価

4.0
メアリーにとって良い選択だったと思う。
ami

amiの感想・評価

3.4
サヴァン症候群っぽい天才少女の養育権をめぐる物語。すごい天才家系に生まれた天才児を普通に育てたいって気持ち良く分からなかったや。教育ってバランスが大切だと思う。
moenor

moenorの感想・評価

4.1
ずっと観たかった映画を
やっと、、、。

やっぱりおもしろかった。
心が温かくなった。

とりあえずなにも言わずに
見てほしい映画の1つ。
>|