gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価・動画配信

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

yekaterina

yekaterinaの感想・評価

5.0
私にとって「アイ・アム・サム」に迫る秀作です。

何と言っても、子役のマッケナ・グレイスがいい!!
「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」「キャプテン・マーベル」で主人公のこども時代を、ちょうど今まさに視ているドラマ「サバイバー:宿命の大統領」では大統領の娘役を演じていて、どの作品でも記憶に残る存在感です。

日本にもギフテッドっているのかしら。
飛び級が出来ないから、つらいですよね〜。

それに、もう一人の主人公クリス・エヴァンスも素敵です。ヒューマン・トーチやキャプテン・アメリカなどのヒーロー役ではない演技もかっこいい!!

小学校の先生役のジェニー・スレイトさん、すごく綺麗な方…コメディアンってお笑い芸人なの?!

毒親と娘の関係。ママの気持ちも分からなくないけど、娘の行き場のない、安らげない追い詰められた気持ちもよく分かります…。それにしても名門大学の准教授でも落ちこぼれ呼ばわりされちゃう家庭…意識高過ぎで唖然です。
waka

wakaの感想・評価

4.0
設定としてはアイアムサムと似たものがあるけれど、なかなかいい映画だった、親権とか子供絡みの裁判はきついなあ、子役のマッケンナグレイスのファンになりました、オクタヴィアスペンサーの無駄遣いすぎる贅沢
as

asの感想・評価

3.8
とてつもなく可愛くて、お目めぱっちりまつげふさふさな数学の天才児、メアリーとその叔父フランク、片目の猫の幸せな話かと思えば、メアリーに高等教育を受けさせたいメアリーの祖母でありフランクの母との攻防戦。
天才は天才で大変なんだろうな。
天才だからどこか大人びて見えてしまうけれど、あどけない笑顔や駄々をこねたり遊んだりしている姿を見ると、やっぱりまだ子どもなんだよな、と気付く。
才能があるならその才能を伸ばせる環境に行かせてあげたい気持ちもわかるし、本人が居たい場所に居させたい気持ちもわかるし、、難しい。

アイアムサムと似たものを感じた。
月野

月野の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

とにかく幸せな気持ちになれる映画
メアリーが可愛すぎて子供欲しくなる

「本人のため」という言葉を使って本人以外の人たちが勝手に争って勝手に決定を下していくことに対して凄く違和感がある。たとえ法律でも、本人のためを本人以外が決めるのって傲慢じゃない?と。他人が本人のためにできるのは、選択肢の提示だけじゃない?「本人のため」という論点で語るなら、極論、全ての選択を踏まえても死にたくてたまらないなら死ぬのが本人のためじゃない?と思ってしまうな。最近やった臨床哲学の授業でも、似たような議題があったのを思い出して、裁判のシーンはやり切れね〜と思った。でも結局「誰といたいか」も「何をしたいか」も叶えられた結末でハッピーエンド大好きな私からしたらよかったね^ ^って感じの映画だった!
子どもの望む道最善がなくても、それ以上のものを親がつくるのは簡単なことではない。

裁判がないまま育っても幸せな人生だったともと思う。

親のために子どもがいるのか、子どものために親がいるのか、どちらか一方じゃ危ないんだよなーーー。
まほ

まほの感想・評価

4.4
好き!!メアリーはフレッドに出会えてほんとに良かった
2人の"愛"を引き裂く事なんて
誰にもできまへん、アッセンブル!
mr

mrの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

愛でした。フレッドを思うメアリーも、メアリーとフランクも…2人が友達にも恋人にも見えてしまいました。素敵な関係性だと思います。メアリー役の子が1人の女性としてみえたので驚きました。
人生はいつも選択だけど、ユーモアと愛に溢れたメアリーは叔父さんあってこそだと思ったので、ずっと一緒にいてほしいと心から思いました。
1番の涙腺ポイントは個人的に、フレッド以外の猫もまとめて全員つれてきたシーンでした。これだからメアリーはフランクがいいんだよ…

このレビューはネタバレを含みます

おとーさんそばにいてあげて、
クリスエヴァンス目的もあるけど
ジャケ買いした映画

メアリーがめちゃくちゃ可愛い
うるっとくるしほっこり
>|