gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

字幕で見たせいかどうか知らんが、ん?って思うことは結構あったがw私の頭が悪いから?だと思いますw
いい映画でした!
kei

keiの感想・評価

3.5
似てるよーと聞いたので。giftedとI am Samを続けて観た。

どちらも親権争いを題材に、家族の形をえがいてる。giftedの娘役マッケナ・グレイス、I am Samの娘役ダコタ・ファニング、どちらも演技上手いしめちゃんこ可愛い。本当に可愛い。
父と離ればなれになる悲しさをグレイスは激しく、ダコタは静かに表現。対照的な名演技。とりあえず二人とも抱きしめたい。

内容が似てる似てないはさておき!比較してみて、個人的にはI am Samの方が好きだった。

giftedは音楽もカメラワークも絵のトーンも、癖のない美しさ。でも何だろう…美しいけど、良くもなく悪くもなく、当たり障りない印象…。
対してI am Sam。音楽にビートルズはズルい!
カメラワークもコマ落とししたり、急に映像止めたり、ホームビデオ感溢れてて父と娘がより生き生きして観えた。

あと興味深かったのは、登場人物の設定を明確に伝えるタイミング。

giftedは「娘が天才という設定」を後半で明確にするんだけど、設定への先入観が邪魔して、登場人物との距離感が若干広がった。
I am Samは「父親が知的障害という設定」を前半で明確にするんだけど、途中で先入観が抜けて、登場人物への親近感が湧いた。

比較するとI am Samの方が好きだったけど、比較しなかったらgiftedも面白かった。
sknさん

sknさんの感想・評価

4.4
「彼は神様なの?」「考えはあるが、俺の考えだ。お前に押し付けたくない」
さりげなかったシーンだけど、本当に好きなセリフ
筍

筍の感想・評価

3.3
かなり若すぎる天才少女の話でした。やはり親の遺伝子は受け継がれてくんでしょうね。でもあまりにも若すぎるので現実味にかけたかな。
Lily

Lilyの感想・評価

5.0
数学の天才者たちのお話。

病院で赤ちゃんが生まれるのを待つシーン。
お別れのシーン。
もう号泣したよね(;o;)

フランクのあの縛られない自由な感じかっこよすぎやし、メアリーちゃん…なんて可愛いんだ…あの長いまつ毛…
まだ歯も生え変わってないやんww

感動したしほっこりしたし観て良かったー!♡
Rikiya

Rikiyaの感想・評価

4.2
家で見たから堪えたけど映画館だったらポロポロ涙パーリーやったな。ないスゥ。
話題になった割に上映館が少なかった、観るのに苦労した
リアルスティール並みに家族愛を感じる
かめら

かめらの感想・評価

4.5
クソ泣いた、、

誰かの幸せを願いサポートすることってこんなに悩ましくて苦しいものなんだなって改めて思った。

ラストもう少し丁寧にエンドロールまでもっていって欲しかったけど、素直にまた観たい映画。
Maria

Mariaの感想・評価

2.5
キャプテンアメリカがいるから、見てみました(笑)
女の子も可愛く見入ってしまった。ただそれだけ、それ以上もなくそれ以下ではない。この二人だったから見れた映画
子役の女の子がとっても素敵で、これからもいろんな映画でお目にかかれることを期待したい。
子どもの無邪気な様子がひたすら魅力的。

子どもにとって幸せとはなんぞや、という問い掛けとその回答(終わることのない問いではあるもののとりあえずは一件落着)で映画は終わり、随所随所で涙など流してしまったりするものの、それ以上でもそれ以下でもない、と言ったところ。

私には、鑑賞後に余韻を残してくれる映画では、ありませんでした。。。