gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

な

なの感想・評価

3.7
映画館に行きたかったのですが行けなかったので、私的には激レアなことなのですが新作をレンタルしました(笑)

マッケナグレイス天才すぎませんか?可愛いし睫毛長いし、ダコタ・ファニングを上回る演技力では?それもギフテッドですね、きっと。


もし自分なら、並の人にはない特別な才能を持って生まれた子供をどう育てるか。すごく悩みました。でも私もやっぱりクリス・エヴァンスのように普通に育てたいと思いました。普通に学校に行って、普通に友達をつくって、そういう普通を味わわせてあげたいです。でも自分のその考えがその子の可能性を潰してしまうかもしれない。歴史に名を残すことの出来る偉業を成し遂げるかもしれない才能を、自分がダメにしてしまうかもしれない。そう思うと難しいですよね。


何が良かったって、クリス・エヴァンスの実の娘じゃないところですよね。姉の子供とは言え、自分とは血も繋がっていない子供をあんなに愛して、あんなに思って。めちゃくちゃ愛情深い人ですね。独身なんだから自由な時間もたくさん欲しいだろうに。


話のあらすじを見ただけでこれは絶対大好き、5つける!っていう気持ちで見始めたので、少し期待しすぎたなと感じました(笑)
so

soの感想・評価

4.0
予想通りな内容なのに飽きず、無駄なシーンがなかったと感じた。それぞれの登場人物が正当に生きようとして、翻弄される作品だった。
メアリーは真っ赤なワンピースよりジーパンや短パンのが似合っていた。
Mizuki

Mizukiの感想・評価

4.0
もう普通の父と子よりもっと深い関係なんじゃないかってくらい、、
本当にラストが愛に溢れてて良かった。
メアリーの真の幸せを最後まで追求し切ってるフランクがもうほんとに優しい。

所々場面のボカシとカメラワークが大袈裟でメインばかり映してて細かい周りの表情が見られなかったのが不満、、
演出も少々雑かなと思ったり。
プロモーションの仕方のせいか数学メインだと思ってたので、家族ドラマも物語として必要だと思うけれどもっと数学シーンを増やして欲しかったかな、、

でも片目を失ったフレッドを見つけて先生が電話するシーンだったりとか、どんな理不尽なことがあったとしてもメアリーに寂しい思いをさせたと謝るフランクだったり、たくさんの愛が散りばめられてて温かい気持ちになれる作品でした。
キャスト最高過ぎた。
ほぴ

ほぴの感想・評価

4.5
久しぶりに映画みて泣いた
数学ができる女の子に生まれたかった。
血の繋がりとか関係ないよね
yuu

yuuの感想・評価

3.1
天才の少女をめぐるお話。
少女に必要なのは最先端の勉強をさせる環境か、または少女らしい愛のある生活か…
葛藤の物語
みるべき
nana

nanaの感想・評価

3.8
学校に行きたがらないメアリーが
嫌々学校へ行くところから始まる物語。

7歳で特別な才能があると隣人や
学校の先生に言われるメアリー。
本人も自覚ありっぽい。笑

学校の先生、意地悪すぎる。
7歳にあんな問題、、
先生が電卓使うレベルなのに…
でもいい先生だった(^^)

「特別であることを望んでない」
「バカになっても普通に育てばいい」
フランクの言葉が印象的だった。

突然現れた祖母が言いたい放題。
「メアリー最優先に考えて」
突然来てそんなこと言うとか、
自由人だな…
この祖母のおかげで物語が進んでいくけど
メアリーにとって幸せなこと?
大人たちのエゴ?

それでも…
最後がステキ。いい話だった(^^)
何だこれめちゃくちゃええやん
メアリーの今後を考える中で今のままで良いと思いながらも自分の存在が彼女にとって害になるのではないかと葛藤するクリエヴァ…数学が大好きだけど叔父さんと一緒に居たいと思うメアリー…娘の影を追うお婆ちゃん…全員の思いが分かるから一緒に悩みながら観ることが出来る、とても感動する作品だった。
特に病院のシーンが大好き。病院の待ち合い室で子どもが生まれて家族達が喜ぶ場面を実際に見せることで、お前が生まれた時もこうだったんだよ、と教えるの最高過ぎだよ。
メアリー役の子が最高にかわいい!
いち

いちの感想・評価

5.0
やっと観れた
メアリーがすごい頭いいんだけど、やっぱり子供でとても可愛かった
フランク役のクリエヴァも亡くなったお姉さんの意思を一心に考えてて格好良かった
Mikako

Mikakoの感想・評価

4.0
人生の中で何を“神様からの贈り物”ととらえるのか、それは人それぞれ。そんなことを考えさせられた映画。

こどもの頃は大人が言うことややることは全て正しいと思っていたけれど全くそんなことはないし、大人をまっすぐに見つめていた子どもの頃の自分の気持ちを忘れずに子どもと向き合える大人でありたいなと強く思いました。
CHU

CHUの感想・評価

4.0
クリスのパパっぷりが。。!!もう表情から目から愛情溢れてる。
病院のシーンは子供ができたら真似したい。