gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

eihr

eihrの感想・評価

4.1
みんなメアリーにあったかくてどのサイドからの意見もわかる。猫のフレッドかわいい
naomi

naomiの感想・評価

3.9
この手はダメなんだってなー。涙出ちゃって。マンチェスターしかり。男手一つ不器用に真剣に、迷いながらも愛することを貫こうとする、その生き様がかっこよすぎて素晴らしい。なんといってもこの少女が天才でありながらもありきたりな子どもの表情をみせる、その姿に魅せられた。決断したことや自分が信じてきたことが間違ってることなんて当たり前のようにこの世の中ある。その時に大事なことは素直にあやまること。想いは繋がるし、あきらめてはいけない。

120分にしてくれたら嬉しい。
ほっこりした気持ちで寝れそう。
いい夢見よう。
2018 11・14 観賞
これは面白い
子役のマッケンナ・グレイスが上手い。
海の向こうには上手い子役がいっぱい❗
sakurako

sakurakoの感想・評価

4.5
とっても良かった。

「子どもの幸せとは」と見てる最中何度も考えさせられた。
常に子どもや親と関わる仕事柄、この題材がすごく複雑で難しかった。
本当の愛情とは何なんだろう。才能を伸ばすことと普通の子供として生活することは、両立しないのかなぁ
maru

maruの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

母親に数学者になるよう育てられたダミアンが、母親から出された最終問題を解き終わった時、ダミアンの人生も終わった。だから死んだ。
でも、そばにメアリーがいることに気づいて欲しかった。メアリーと一緒に母親に奪われた人間性を学んでいけば良かったのに。
ますみ

ますみの感想・評価

5.0

天才児と呼ばれるような子供をどう育てるのが正しいのか、子供にとっての幸せって何か、って映画。
海外では飛び級とかあるし日本ではあまり馴染みのないテーマだけど、そもそも人それぞれに違うから正解とかは無くて。

フロリダ・プロジェクトを観ていても思ったけど、子供は大人が思うよりももっと素直で鋭いから、自分の置かれている環境をちゃんと分かってる。

天才児だけど時折見せる、ただのアホガキ仕草、それがめちゃくちゃ可愛い。
メアリー役のマッケンナ・グレイスちゃん、演技だと分かっててもあんな数式スラスラ書いて、結局天才なことは事実じゃんと思った。

病院のシーンから結構涙腺ヤバかったけどラストはボロッボロに泣いてもうた。今年一番泣いた映画かも。
こういう子供と名前で呼び合える関係性めちゃくちゃ良いなと思います。子供いないけど僕も下の名前で子供から呼ばれたくなった。

どこの国でもレゴブロックはまきびし。
necoco

necocoの感想・評価

4.0
何においても、とてもよくできた映画だと思った。
ストーリーはもちろんよいし、キャストもすごくはまってるし、ラストまでどこにも違和感がなく、気持ちの良い終わり方。
何よりメアリーが可愛すぎるので是非観てほしい作品。
おぼろ

おぼろの感想・評価

3.9
当たり前だけどクリスエヴァンスかっこよすぎ!
メアリー役の子の演技が上手くてめっちゃ感情移入して観てました。

号泣とまではいかなかったけど、普通に感動した。「子供」にとっての幸せを考えさせられる映画だった。

これを将来自分に子供がいて観なおしたらこれよりさらに高い評価になることは間違い。
Ena

Enaの感想・評価

4.1
水分を放出しすぎて干からびた😌

"数学の天才"である少女の人生には、数学と違って正解がない。だからこそ、彼女のためにする選択が、正しいのかわからない恐怖の中で最善を尽くそうと苦しむ大人たち。

全体の雰囲気や会話、映像、挿入歌がめちゃくちゃ好みだった…Chris Evansと Mckenna Graceのコンビはとても美しくて、思慮深く賢いながらも、いろんな葛藤の中で生きる2人がすごく尊い😢

先天的に与えられた才能も、ひとつの個性。理解の及ばない頭脳を持っているというだけでまるで違うもののように扱ってしまうけど、彼らも同じ1人の人間。感情もあるし、自ら選ぶ権利がある。

天才だが苦しんだお姉ちゃんよりも生き抜く才能を持っているフランク。
2人は既に彼女よりも深い思考の中で生きている。
それもまた天からのギフトであり、終始2人の、数学の才能のみに留まらない魅力で溢れていた。
「普通」を愛する彼らが愛おしい。

特別なギフトを活かすも活かさないも、本人が決めるべきこと。いくら技術の発展や文明の進化のためになろうとも、身近な人との中で見出す幸せ、本人が望む幸せには敵わない。