gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価 - 47ページ目

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

期待した通りだと、あれ?
期待を下回ると、クソやな。。
期待を上回ると、名作だああ!!

giftedは、評価が高いのを知っていたので自然と期待が上がってしまっていたんですが、ひょいと軽く超えてしまいました。

クリスエヴァンスと言えば言わずと知れた"キャプテンアメリカ"。
そのイメージが強すぎる為か、ヒーロー以外の普通の演技ってどうなのよ!?ねぇ!?と感じていましたし、クリエヴァファン以外の方も多少は感じているかもしれませんが、ノンノンノン。
あれ、この人、キャップだよねぇ?
アベンジャーズのリーダーだべ?
そう感じてしまいます。もう、1人の父親として"娘"に対する葛藤、愛を自然と表現しているというか、もう登場人物になっているわけですな。
クリエヴァもそうですが、あの子役の女の子!!凄い。あれナチュラルなんだよね?!モノホンの子じゃないよね!?
と疑ってしまう。
芦田愛菜ちゃん状態。
この2人の親子の血は繋がってないけど、お互いを思いやる気持ち、愛、絆に所々泣かせられるわけです。
本当にいいものを見せてもらいました。
嗚呼また見たい。
もちろん、おススメでございます。
karin

karinの感想・評価

4.3
映画館で観れてよかった!
何回も思わず笑っちゃうシーンがあったり、メアリーのいろんな場面の言葉に胸がギューってなったり、柔らかい感情が常に動かされてる感じ☺︎テンポも良い◎
猫のフレッドの仕草がたまらなく可愛い〜

DVDほしい
mai

maiの感想・評価

-
他人の出産とその家族を見せに行ったの、泣けた。
天才とそれを持つ家族の話の中では、周りの登場人物、出来事、展開と、用意されたようにきれいにまとめて作られてて、少しつまらなかった。
けど、マッケンナちゃんの演技が良かった。
TaroAshida

TaroAshidaの感想・評価

3.4
マークウェブはやっぱりこういう生活圏の中の人間関係を描きたいんだろうな。
スパイダーマンとかやって疲れたんだろう。
SOH

SOHの感想・評価

4.8
いちばん大切なのは、〈愛する才能〉。

見終わって「あ〜良い映画見たな」って心の底から思ったほんとに。何が良いとかここが好きとか、そういうものではなくて、ふわっと晴れやかな気分になる。
マッケナグレイスとクリスエヴァンスの引き込まれる演技とマークウェブのあったかい仕上げ方に笑って泣かされる。個人的に2017年ナンバーワン。
ゴン

ゴンの感想・評価

4.5
地味にここ1カ月で親権争い映画二作目。
ちなみにGifted は英語で”並外れた才能”がある子供のことを意味する。今回は天才少女の教育環境を巡って育て親の叔父と疎遠だった祖母が対立する話。
特別ストーリーが突出してるわけではないのだが、これほど評価されてるのはやはり演出と各キャラの魅力じゃないかな。
この監督、500日のサマーのようになんかダメ男と生意気だけどキュートな少女描くの好きだね。
というのも、この作品の大半はメアリー役のマッケンナグレイスちゃんの可愛さで成り立っている。いかにも天才少女らしい不機嫌な顔で小学校へ登校したり、授業をつまらなそうに受けたかと思えば、飼い犬のフレッドと目を輝かせて遊んだり、お絵かき、レゴ遊びなど子供らしい一面も発揮する。作り出すすべての表情がとてもキュートで素晴らしい。2回目の”おはようございます。スティーブンソン先生”は非常にユーモラスで印象に残ったシーンの1つ。皮肉ぽくて生意気だけどみんなに愛されるキャラ。今後、間違いなく頭角を現してくると確信を持って言えるほど、天才子役であり、クロエグレースモレッツ、エマワトソンに匹敵する逸材だと思う。
調べてみるとどうやら別の撮影で東京に来たことがあるらしく、今はポケモンが大好きで、中学校で日本語の授業を取りたいと考えているほど親日らしい。なんかナタリーポートマンぽいね笑
一方、フランクはどこか陰を背負った男で毎週末バーに入り浸りだが、メアリーを男手一つで6年半育て上げたとてもイイ男。流石、我らがアベンジャーズのリーダー!!
そりゃボニー先生もイチコロなんだよなぁ笑笑
ちなみにこの作品をきっかけにキャップはボニー先生役のジェニースレイトと復縁されたようで私生活も絶好調おめでたい。
あと、近所のおばさんのオクタヴィアスペンサーはセリフ少ないのに存在感ありすぎた。この人脇役としてほんといい毎回仕事するよなぁ。
祖母のイブリンは悪者というより、ただの数学に取り憑かれたヤバイ人的な感じ。歴史的偉業を達成するためならすべてを犠牲する。
複雑な人間関係の中で親子以上の絆であったり、徹底的に人物像を掘り下げて感情を揺さぶる演出は秀逸。ラストは出来過ぎな気もするがあれほどメアリーの幸せそうな顔を見れれば何も言うことはない。

宣伝文句通り、一番大切なのは”愛する才能”だと教えてくれる誰にでも見てほしい心温まるファミリームービーです。
自分の幼少期を振り返ると共に、自分の父としての未来が少し不安にもなった笑
manami

manamiの感想・評価

4.8
大人と対等に話をして、もはや下にも見てるようなメアリーが、やっぱりほんとは愛されたい!と気持ちを爆発させるシーンは自然にボタボタと涙が落ちてきた、それに対するフランクの答えの教え方も。メアリーの行動全てがフランクとの生活の結果、ほんとに間違いなんてない日々だったこと、ギフテッド云々ではなく愛の話。
何よりまず映像がうつくしいのでいうことなしなの・・・
mink

minkの感想・評価

5.0
寒い冬の夜、ひとりミニシアターのレイトショーでぽつりと見た。主役の7歳の子の前歯が、生え変わりで全部ないのも叔父さんと姪っ子っていう親子愛でも友情でも恋愛でもない異性の間の愛情がほんとにほんとに良くて次の日もその次の日も、余韻でずっと気持ちホカホカしてた。

このレビューはネタバレを含みます

予想通りなんだけど、
それがいいんですよ。

とっても自然体な感じの
フランクとお隣さん、
先生の関係がいーなー。

おばあちゃん嫌な奴だけど、
ちょっと可哀想。