gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

4.1

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

まる

まるの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

終始子どもがメインの ハッピーなお話かと思ったら、親権が絡む結構大人なお話でした。

gifted 与えられた才能という考え方は確かに 数学が好き という遺伝の意味ではそうなのかもしれませんが、環境を作ったという意味では、その才能の土台を作ったのは祖母イブリンなのかもしれませんね。

作中、「母と娘という関係は超越しており、(普通という娘の幸せな人生は)多少必要な犠牲だった」と明確にイブリンが言っていた点に、大きな枠組みとして考えると、確かに彼女の存在は人類の進歩に特に重要だったのだと複雑ながら思いました。
その見返りが 「(母の)死後、論文を公表して」という自らの命すらかけた娘の最大の反抗で返ってくるとは…壮絶でしたが。


隣に住むロバータ役の方が「ドリーム」という映画にも出ていた天才役の方だったので、自分も経験した認められない才能という立ち位置のメアリーを守りたかったのかと思うと、ドリームのその後のようで少し面白かったです。
(ただその延長で見ていると 黒人の弁護士しか雇えないくせに という言葉は、白人に叶わないと黒人自身が思っているのかとドリームと反した思いに勝手にモヤっとなりましたが;)


また、メアリー役の子がちょうど前歯が生え変わる時期でとてもとても可愛かったです。
生涯で一度の時期をこのような作品として残せて良かったと親のような気持ちで思ってしまいました。

親は子どもの幸せを第一に考えて当然ですが、親として子にしてあげられる自らの行動は本当に正しいのか、葛藤するのは当たり前ですよね。正解なんてないですし。
その点フランクは上手でしたね。「思ってもいないことを人は言ってしまうものだ」という例に、以前口にした君の 死ね は本気でないだろう?と子どもの実体験に寄せて理解させる手法は、なるほどな!と思ったので真似をしていきたいです(笑)

映画のように上手くはいかないかもしれませんが、一人の人間の人生として子どもをみないとと思いました。
かとう

かとうの感想・評価

3.6
子役の子かわいかった〜

病院のシーンいいシーンだったなぁ

このシーンとラストシーンでうるっと来たけど耐えた

親権とか養育権が絡む問題って難しい、、
Matilda

Matildaの感想・評価

3.7
子役が超キュート。
「ずっと一緒って言ったでしょ!」
って泣くシーンは、泣けた。
mana

manaの感想・評価

3.3
【先生おはようございます(ニヤニヤ)】

ポスターを見ても主役がキャプテンアメリカの人とは気付かず。さすが節穴😣

正直、心に爪痕を残すような映画ではなく、法廷で争う要素も割とありきたり。「優しさいっぱい」の感動モノですが、映画館で観て良かったと思いました。
心底憎い登場人物はほとんど居らず、(男の)主役の甘めのマスクが、さらに「優しさ」を倍増😎

子供にとっての「約束」って、大人が思っている以上に絶対的。大人の事情なんて知ったことじゃない。
普段はとても大人びた物言いをする少女が、「約束」については年相応にワガママする。
そのワガママが後半のとても大切な場面で発動するので、そこが一番ジワっときました😘

結末は「少女の大人要素と子供要素の良いとこ取り」ですけど、それって少女の混じりっ気の無い素直な選択なわけで…去年の映画で言えば、「ディストピア」っぽい、いかにも彼女らしい純粋で優しい、ほっこりした気持ちになれて良かったな、と思います。

劇場のスクリーンが驚きの小ささでしたが、逆にそのアットホーム感がこの映画とマッチしてた😘
まんまと泣かされた、、、!!!
子役と猫可愛い。親のエゴで子供の人生は狂わされるもんですよね。フランクかっこええなまじで。隣人のおばさんも、ダメ学校の先生もええ人でよかったね、エミリーちゃん。
Kaai

Kaaiの感想・評価

4.3
日本に帰る飛行機の中で泣きたくてこの作品観たら泣いた
教育っていう大きいテーマを感じた
どの世界でも大人は勝手だなと痛感
自分がもってないものを羨むことは不思議な行為ではないけど大事なものを見失う可能性有り
気をつけよう
しめの

しめのの感想・評価

4.2
天才児をどう育てるか。大人のエゴと愛の履き違えが心を痛めた。
色

色の感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

クリエヴァと幼女がイケメンお兄さんとイチャイチャしてるの目当てで見に行ったらカウンターパンチ食らわされました本当にありがとうございます。後半は号泣しっぱなしです。「普通」であることを選ぶか、それとも「特別」であるか選ぶか。よくあるテーマですが、そもそもどちらか一方を選ぶ必要すらないんですよね。
子供には無限の可能性がある、そして可能性を持つ子供は許されれば両取りして良いのです。悲壮感もなく、ただただメアリーが愛する家族といっしょに大好きな数学の才能を開花して幸せになってほしい。
産まれたことに疑問を持ってしまったメアリーへ、ただ黙って生命誕生の瞬間を見せて理解させるシーンは素晴らしくもありなんだか切ない名シーンだと思います。
ayapple

ayappleの感想・評価

3.6
軽妙でテンポの良いユーモアの効いた会話が、二人の良い関係を物語ってる。
でも、言葉だけじゃなくてちゃんといつも行動で示すフランクは最高にかっこいい保護者。
とにかく主役のメアリーが凄くキュート。大人びた生意気な口調も、子供らしい表情や仕草も、最初から最後までずっと可愛かった。映像も音楽も素晴らしいし、魅力的な登場人物にキャストもバッチリと褒める要素に事欠かないけど、感想としてはそれに尽きるという感じ。その点彼女の出てこない法廷のシーンは、無駄に長いし内容的にも辟易。正直要らなかったと思う。そしてそのメアリーを演じたマッケナ・グレイスの演技がまた凄い。というか観ている間は演技だと感じさせず、終わってからその凄さに気付く。それくらい自然。タイトルに相応しい才能。