gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

SUNNY

SUNNYの感想・評価

3.8
Filmarks試写会で鑑賞。

イケメン、愛くるしい子供、可愛いネコの3拍子揃った映画にとても癒されました。

クリス・エヴァンスのアメコミヒーローとは一味違う繊細な演技が見れるので、彼のファンには絶対にオススメの映画です。子役のマッケナちゃんの演技力の高さにも注目です。思わずグッときて涙を流してしまいました。

クスッと笑えて心がホッコリして、幸せって何だろう?と考えさせられる、とても良い映画でした。
養育権を巡ったありふれたストーリーかと思ったら、今までにない展開で引き込まれた。フランクとメアリーのやり取りが絶妙に良い。
メアリ役の女の子の演技に注目
溢れ出す知性並はずれた才能だってその雰囲気で伝わった、なんかハリーポッターシリーズのエマを見てるみたいだった
家族の愛、残された者で育くむ人生の物語。
お母さんのように自分が諦めた夢を子供や孫に託すっていう話はいくつか知っているけどやっぱりそんなのダメだよね

その子にはその子の人生がある、その子の夢がある

それを潰しちゃダメ。押し付けちゃダメ。

このようなことを教えてくれた一本です。
公開前に観れてよかった。感動系ってもう涙腺崩壊するね

このレビューはネタバレを含みます

マッケナグレイス演じるメアリーの生命力あふれる演技が内から輝いているような素晴らしさだった。
特別な才能を主軸にしながら、描かれていたのは家族の関係、ひいては情という普遍的なテーマだったと思います。家族全員チート家系。めっちゃチート。

愛情なのか、愛情という名のエゴを押し付けているのではないのかと悩みながら
でも愛情を肯定できる清々しさもどこか併せ持っている
そんなクリスエヴァンスの繊細な演技もとても良かったです。

脚本も緩急とても良くて、101分まるで飽きずに疲れずに見終わってしまった。
大切にしたい映画がひとつ増えた気がします。
にこ

にこの感想・評価

4.0
試写会にて。

ありきたりなストーリーなんだけれどやっぱり感動してしまう。
冒頭のテンポが若干早いように思えたのですが、必要なポイントを拾わせるのが巧いなぁと感じました。
その後も大きな波はありませんが無駄もなく、あっという間の101分間に、けれどしっかり引き込まれていました。

今回印象的だったのが、メアリーから気持ちを吐露することはあっても、大人から「メアリーはどうしたい?」という問いかけがなかったことです。
丸っきり大人のエゴの中で振り回される子供という図がリアルで心が痛かったです。

役者陣も本当に素晴らしかった。
フランクとメアリーの空気感は本当の親子のよう。クスッとなるような言葉のやり取りや、自然な触れ合いが観ていてとてもほっこりしました。

子育てに正解などないのでしょうが、どんな才能を持っていようと、愛し愛されることを学ぶことは大切で、大人だって時には間違いながら、一緒に歩んでいくことの尊さを目の当たりにしました。
とても良い作品で私は大好きです。
Aoi

Aoiの感想・評価

4.5


メアリーの表情がとにかくすごい!
色々なことをわかりきっているような大人びた感じも、無邪気に歌う感じもあって素敵な女優さんでした。

自分の子どもではないけれど、フランクは育てていきながらしっかり父親になっていったんだなと感動しました。あんなお父さん素敵!!
かなつ

かなつの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

フランクとメアリーの親子のような、でも少し距離のある関係が作品終わった時にはとても愛おしく感じた。素晴らしいとしか言いようがなくて…誰しも一度は見て欲しい作品。
才能ある少女の話とだけ聞いて見たが、すごい温かみがある映画で、クスッと笑ったり、涙ぐんだり、ほっこりしたり。

メアリーがもう、本当に可愛い。少し生意気でどんなに天才でもやっぱり子供で、それがなんとも言えない可愛さがある。マケナ・グレース自身も可愛い、というか美人でこれからも応援したいと思った。

そして、フランク。キャプテンアメリカで馴染みのあるクリス・エヴァンスだが、キャプテンの時は全然違いどこか陰があり、男くさい演技でそれが違和感なく、正直驚かされ、才能を感じた。

総合的に見ても素晴らしい作品でした!
tomo

tomoの感想・評価

2.0
子役の子が本当にかわいくて生き生きしていて、演技も上手でした。隣人女性も良い味出してました。
ただ、ストーリーは良くも悪くも普通というか…平坦な気持ちで見終えました。
私にはちょっと合わなかったかな。
ごてふ

ごてふの感想・評価

4.0
飯田橋・神楽座にて。フィルマークス試写会で鑑賞。周囲は若年層のお洒落な婦女子過半。確かにこの演目はそのあたりをターゲットにしているのでありましょう。子供の親権を争う筋立ては類似作品多いが、先天的で高度な知的能力(特に数学)を持つ幼女をめぐって祖母と叔父が対立するというのは新味。子役は文句なく可愛く芸達者。ダコタ・ファニング級の≪大物≫だと思ふ。肉体派で名をあげたクリス・エヴァンスが意外や演技派であったこと、敵役(リンゼイ・ダンカン)は堂々と憎々しく、教師・隣人など脇役陣の配置と役回りも上手い。良き映画は深刻なテーマを扱っても笑いと希望、つまり緩急がある。泣き所を押さえた丁寧な演出も過不足なし。大岡裁きは真の愛情ある者を断罪することはないが、訴訟大国では妥協案が提示され、物語はそこで更に一捻りある。身内に天賦に秀でた者など出てほしくありませんな。その誕生を親族一党から祝福され平々凡々に生きるのが一番。ロハで見せて頂いたので評価は少々甘めだが万人にお勧めできる良作。
おーが

おーがの感想・評価

4.4
11/14 試写会@神楽座

LEONのナタリーポートマンを彷彿とさせるマケナグレースの好演が光った。彼女の出世作であり代表作になること間違いなし。
予告編だけみるとゴールデンタイムのドキュメンタリーでありそうな内容だが、ただ類い稀ない才能だけにスポットを当てず、人間同士の感情を描いて、小さな伏線や大きな伏線が全て笑いや涙に繋がっている。
クリスエヴァンスもようやく屈強なヒーロー役者だけみたいなイメージを脱却できるかもしれない。